Takuji

フッテージのTakujiのレビュー・感想・評価

フッテージ(2012年製作の映画)
3.4
一家惨殺事件を追う作家が、実はそれが連続事件だと判明し、その連鎖に自らの家族も巻き込まれていくというお話。
まあそもそも作家魂とはいえ、一家惨殺のあった家に引っ越すという時点で自業自得感ありますが、そこで発見する8ミリフィルムが怖い! あとは終始雰囲気も不気味でゾクゾクしながら観れました。オチは…まあそうするしかないか…って感じw