lpts

ウォッチメンのlptsのレビュー・感想・評価

ウォッチメン(2009年製作の映画)
4.5
 映像化不可能と言われた原作を、世界観を崩さず162分という短すぎる尺に見事に収めた監督の手腕は素晴らしい。しかし、原作と比べるとダイジェスト版という印象が強く、原作の良さを十二分に享受する事は難しい。やはり、この作品は原作を手に取って読んで欲しいと思った。

  原作は漫画で唯一「ヒューゴー賞」を受賞し、アメコミ史上最高傑作と評されている。確かに、原作は素晴らしい出来だった。「AKIRA」や「火の鳥」を読み終わった時の、凄いものを読んでしまったという感覚を味わうことができた。

 内容は、ヒーロー漫画なのに読んでいて一つも楽しい気持ちにならず、吐き気を催すほど陰鬱なストーリー。それでいて信じられないほど深みがあり、強烈なメッセージ性を持つものであった。