ウォッチメンの作品情報・感想・評価

「ウォッチメン」に投稿された感想・評価

トグチ

トグチの感想・評価

3.5
ウォッチメンの存在を知らずに見た
テーマも内容もあまり見かけないタイプのヒーローものだったので新鮮で面白かった

ただある程度爽快感やシンプルな内容を求めてヒーローものを借りてきたつもりだったので、悪い意味でも少し期待を裏切られた感はある。
思った以上に大人向け
り

りの感想・評価

4.0
「ヒーロー」とは何か。

「ロールシャッハ」とは何か。

何の力も持たず、誰よりもヒーローから遠い彼が、誰よりもヒーローであろうと到達したのは、「ヒーロー」ではなく、「ロールシャッハ」であった。

かなり異色のアメコミ映画。雨と夜ばかりの陰鬱なシーンがほとんどで、派手なシーンも全く無い。それでも、映画に完全に引き込まれてしまった。個人的にはかなり楽しめた。

トイレのドアが開閉する隙間から、ロールシャッハが受刑者を殺すシーンがスライドショーのように映し出される演出が最高だった。
 ウォッチメンというコミックを読んだとき,僕は今までに受けたことのない衝撃を受けた。だからそれを映画化したこの映画にももちろん期待していた。でもはっきり言って期待はずれだった。
 映画としての完成度はすこぶる高い。ザック・スナイダーの映像美は今回も光っている。スローモーションを多用したアクションシーンはかっこいい。キャラクターたちもまるでコミックから抜け出してきたようだ。
 でもなぜか心から楽しめなかった。簡潔に言うと,コミックの世界感を描ききれてないのだ。あんな分厚い小説みたいなマンガを映像化しろという方が無理だ。5時間あっても無理かもしれない。頑張ってコミックと同じように描こうとはしているものの,そのせいで逆にストーリーが冗漫に見える。もともとアクションシーンが多いわけでもないからさらにだらだらしているように見える。特にDr.マンハッタンが地球を去ってからはひどい。
 しかし評価すべき点はたくさんある。先ほども言った映像のほかに,サントラも秀逸だ。主に60年代~70年代の名曲たちをバックにあのモノトーンのハッキリした映像が流れると最高だ。それに最後の方を映画オリジナルの展開にしたところは良かったと思う。別にコミック版の方が悪いというわけではないが,いかにも「コミック」なのでこのストーリーを選んだのは正解だろう。
(11年8月16日 Blu-ray 3点)
飯島と観に行ってなんでこんな映画選んだんだよってサティのたこ焼き食いながらキレた。
Kohji

Kohjiの感想・評価

4.8
ロールシャッハが最高に素晴らしい。
アール・ヘイリーの過去を知ってると尚良し。
公開当時に映画館で鑑賞。
予告編で「原作読んでないとイマイチピンと来ないですよー」って言っておいてくれと思った。(映画もビジネスだからしゃーないけど…)
単純に面白くなかった。
世界観も好きじゃない。

シーンによってはカッコいいけど。

連れの誕生日祝いでテンション上がった状態で行ったのが間違いだったのかもしれないので
めちゃめちゃ気が向いたらまたレンタルしてみようかな💡
貝柱

貝柱の感想・評価

5.0
あまりに生々しくヒーローも人間の浅ましさの部分があるということを見せつけられる
正義を行うのも所詮人間
アメコミでは一番好きな映画
クズリ

クズリの感想・評価

3.7
まず思ったのはロールシャッハのマスク欲しいってこと。次にオジマンディアスって子安さんのキャラの方しか知らなかったけど、たぶんアのキャラはこちらの作品から名前貰ってるんじゃないかなと。疑問なのはドクターマンハッタンが黒ビキニパンツ履いていたりもろ出しだったりすることがあるのは、日本向けの補正?それとももともとの映像?とりあえず原子分解されかねない仕事につくときは、体をつくっとかないとかなり恥ずかしい目にあうということはわかった。薄い胸板に出腹だったらたとえ神に等しい力を手に入れても生きていけない。ドクターマンハッタンはいい体してるし吹替販で見たので声も藤原啓治でめっちゃかっこよく見えたけど。
原作を読んだことないので人物を理解するのが大変。
いまどきだとオジマンディアスっていうと子安さんキャラの方が有名なんじゃないかとも思ったりするし。この作品のオジマンディアスは人類で一番賢く強い人っていう感じじゃなかったなあ。薄っぺらい中ボスクラスの外見。原作を読んでからまた見ようと思う。
最近見たアベンジャーズインフィニティウォーでもあったが、世界平和を実現するにはどうすればいいか、というのは永遠の命題。
まつこ

まつこの感想・評価

3.1
スーパーヒーローも中身は人
生々しい人間性に焦点を当てた作品。


始まりから落ちまでコメディアンの一生を語る物語。
正義とは何か
ロールシャッハのブレなさは愛すべきところ
maeshow

maeshowの感想・評価

3.6
ヒーロー映画。ヒーロー映画なんだけども完全無欠でも清廉潔白でもない、生々しく、そして人間臭いヒーローたちの映画。原作読みたくなった。
>|