どらみ

ザ・レッド・チャペルのどらみのレビュー・感想・評価

ザ・レッド・チャペル(2009年製作の映画)
4.0
刈谷日劇で
”誰がハマー・ショルドを殺したか”
”ザ・モール”に続いて
人を煙に巻く(公式では良心の呵責を持たないと笑)
マッツ・ブリュガー監督が北朝鮮を出禁になった問題作を鑑賞

脳性麻痺の障がいを持つヤコブと太っちょのシモン
韓国系デンマーク人のコメディアンとチームを組み
異文化交流として北朝鮮のリアルを映そうと企てるマッツ
チームには母のように寄り添うお世話役の女性が常に監視の目を光らせ
チームの出し物は北のプロパガンダに浸食され…

小さな子供から大人まで、貼り付いたような笑顔の下は何を想うのか?
過剰なまでに障がいを持つヤコブを世話するが
街で全く障がいを持つ人に出逢わないのは何故?

ヤン・ヨンヒ監督の自伝的作品”かぞくのくに”を想い出した
少年期に北へ渡り監視付きで病気のために日本に帰国した兄が妹(ヤン監督役安藤サクラ)に語る言葉
兄は結局日本では可能な病気の治療を受けることが許されず緊急帰国する
「お前は自由に色んな所へ行きなさい。
 あの国にずっとすんでいると、何も考えないようになるんだ。」
諦め疲弊した兄の言葉が私の頭の中で響いていた

人にとって”自由”が如何に尊く守られなければならない事か…