どらみさんの映画レビュー・感想・評価

どらみ

どらみ

貴公子(2023年製作の映画)

4.0

息つく暇なく、面白かった~!
貴公子キム・ソンホの
行き過ぎたキャラがコミカルで魅力的
『THE WITCH/魔女』の監督の新作アクションノワール
ガンアクション、カーチェイスと見どころ満載
新たなダ
>>続きを読む

ストリートダンサー(2020年製作の映画)

4.2

インドのお家芸であるダンスに
移民問題等の社会問題も含ませ
楽しい中にも大変に見応えがあった
ダンスをきっかけに今の社会問題にも目を向けることができる
大きな意味を持つ作品
他人の役に立つことは神への
>>続きを読む

DOGMAN ドッグマン(2023年製作の映画)

4.2

青い瞳に引き込まれた
厳しいストーリーをエンタメに昇華させたリュック・ベッソン、華麗なる復活
大型犬から小型犬まで、ワンコもみんな賢くかわいい
劇中劇やショーシーンも華やかで素晴らしい
音楽の素晴らし
>>続きを読む

ソウルメイト(2023年製作の映画)

4.4

最初から最後まで魅了された
美しくも哀しいシスターフッドな作品
済州島の映像美も素晴らしく
深い余韻に包まれた
正反対だからこそ惹かれあう二人
羨ましかったりじれったかったり
歯がゆさにやきもきしたり
>>続きを読む

ジェントルマン(2021年製作の映画)

4.2

爽快に騙された~
気の強い女の使い方もバッチリ嵌まって、のらりくらりのチュ・ジフンとの相性抜群
後半、謎のピースが一つずつ埋まっていくさまが堪らない
チームの今後の活躍も是非観たい
ワンコも可愛かった
>>続きを読む

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

4.2

唯一の目撃者になってしまった盲人
設定のうまさに息を呑む
ハラハラドキドキの2時間弱
重厚な美術、衣装もいい
骨太なサスペンスがスリリングで見応えたっぷり
爽快感のある余韻もいい
素晴らしい大河ドラマ
>>続きを読む

Firebird ファイアバード(2021年製作の映画)

4.0

冷戦時代のソ連占領下のエストニア
男性同士の同性愛が違法であった時代(驚くことについ最近まで〕の二等兵と将校の実話クイア作品
古典的なラブストーリーが美しく描かれる
ごく自然な関係なのに隠さなければな
>>続きを読む

カラフルな魔女~角野栄子の物語が生まれる暮らし~(2024年製作の映画)

4.2

『魔女の宅急便』の作者、児童文学作家・角野英子さんの4年間の渡るドキュメンタリー
持ち前の冒険心と好奇心で幾多の苦難を乗り越えた角野さんの生き生きとした日常が微笑ましくも羨ましくもある
想像力こそ人間
>>続きを読む

緑の夜(2023年製作の映画)

4.0

韓国で抑圧された生活を送る女性が緑の神の女性と知り合ったことから、闇の世界にとらわれてゆく
搾取する男たちのお前を許す発言が胸糞
先の見えない二人の逃避行がスタイリッシュに描かれるも
一向に幸せが見え
>>続きを読む

僕らの世界が交わるまで(2022年製作の映画)

4.3

息子は軽い自分と違って政治的関心が深い女の子に空回り
そんな彼女に似てる母親は理想の息子のような他人の息子に空回り
不器用だけど一生懸命な二人が遠ざかったり近寄ったりする姿が微笑ましい
ジェシー・アイ
>>続きを読む

ビヨンド・ユートピア 脱北(2023年製作の映画)

4.5

総移動距離1万2千キロメートル
4つの国境を越え
50人以上のブローカーが協力する
決死の脱北家族を追ったドキュメンタリー
老母や子供たちが信じきっていた国の真実
死と隣り合わせの旅をスマホや携帯で
>>続きを読む

NOCEBO/ノセボ(2022年製作の映画)

4.0

怖かった~
安心できる存在であるはずの家族を巻き込んでの恐怖
ビバリウムのロルカン・フィネガン監督にまたも翻弄された
不穏な空気とともに謎解きも完ぺきで
それぞれのパーツが見事にはまってゆく
いやぁ、
>>続きを読む

宝くじの不時着 1等当選くじが飛んでいきました(2022年製作の映画)

4.0

兎に角楽しく面白く笑いっぱなしの2時間弱、幸せな気分になりました
韓国の軍人が拾った宝くじが北朝鮮兵士の元に渡ったことから
起きるシチュエーションコメディ
現実もこんな風に和やかに優しく落ち着いてほし
>>続きを読む

コンクリート・ユートピア(2021年製作の映画)

4.1

世界規模の大災害によりソウルに生き残った1棟のマンションを舞台に
生き残りをかけた闘いが始まるサバイバルパニックスリラー
極限状況で普通の人が本能むき出しになり
如何に狂ってゆくのか
リアルな人間ドラ
>>続きを読む

最悪な子どもたち(2022年製作の映画)

4.5

リアルで魅力的な子供たちに目を奪われた
問題を抱えた子供たちで映画を撮るという
現実とフィクションを大胆に行き来する展開
段々自分の素直な感情を表現できるようになる子供たちから目が離せない
大人もまた
>>続きを読む

ポトフ 美食家と料理人(2023年製作の映画)

4.2

繊細に贅沢に料理と愛の日々が紡がれてゆきます
ワンカット撮影の料理風景
自然光にBGMは肉や魚を焼く音
香りまで伝わってくるような芳醇な時間の流れ
洋梨のような美しい裸体
トラン・アン・ユンの魔法に酔
>>続きを読む

シチリア・サマー(2022年製作の映画)

4.0

二人の少年の出逢いから愛をはぐくむ過程が自然で心奪われた
悲惨な結末を迎えイタリアを震撼させた事件の実話
たった40年前ということに震える
二人に何の問題があったというのか
いい加減、過去の過ちから学
>>続きを読む

ファンファーレ(2023年製作の映画)

3.9

アイドルの卒業に先に辞めた同期二人が振り付けと衣装で再集結する
違う道に進んだ二人も順風満帆ではない現実
人生、夢が叶うより、何かをあきらめて生きている人の方がはるかに多いから、勇気づけられる人は沢山
>>続きを読む

デシベル(2022年製作の映画)

3.9

大都市・釜山にしかけられた音に反応する爆弾
ターゲットにされた元海軍副官の過去の究極の悲しい決断…
緊迫感溢れるスリリングな展開に息を呑み目が離せない
クールビューティーなキム・レウォンとイ・ジョンソ
>>続きを読む

Winter boy(2022年製作の映画)

4.0

17歳の冬、突然の父の死による喪失
パリでの年上の青年との出逢い
痛みもがきながらも
ゆっくりと再生してゆく無垢な魂の記録
自身の少年時代を描いたクリストフ・オノレ監督の美しい作品
音楽も素晴らしい

蟻の王(2022年製作の映画)

4.0

1960年代、イタリア
同性愛を教唆罪とされ裁判されたブライバンディ事件を描く
同調主義と偽善にさらされる愛
暴力と偏見の鈍感さ
寛容そうに見える社会の裏に潜む偏見や
異なる人に対する憎悪や軽蔑をあら
>>続きを読む

ヨーロッパ新世紀(2022年製作の映画)

4.0

ルーマニア・トランシルヴァニアに小さな村を舞台に
アジアからの外国人労働者を迎え入れたパン工場と
村人の間の些細な対立が深刻な紛争へと発展していく様を描く
クライマックス固定カメラによる17分間の長回
>>続きを読む

シック・オブ・マイセルフ(2022年製作の映画)

3.9

誰もが持っている承認欲求がひたすら純粋に
膨れ上がってゆくとどうなるか?
破滅的な自己愛と承認欲求に堕ちてゆくセルフラブストーリー
皮肉の効いたブラックコメディなのか?
荒唐無稽なホラーなのか?
現代
>>続きを読む

アーバンクロウ(2023年製作の映画)

4.0

強姦・強盗殺人事件の刑事と重要参考人被害者として向き合う少女の
熱い夏の1日
それぞれが抱える絶望が顕になり
ヒリヒリするクライムサスペンス
津田寛治、長編初監督主演の橋本一郎、咲貴の演技力に引き込ま
>>続きを読む

オオカミの家(2018年製作の映画)

4.4

オオカミの家で繰り広げられる破壊と再生、
まさかヤン・シュヴァンクマイエルとクエイ兄弟に出会った以上の衝撃に出会えるとは…
レオン&コシーニャの紡ぐ
グロテスクで暴力的で美しい映像にやられた
アリアス
>>続きを読む

卒業 〜Tell the World I Love You〜(2022年製作の映画)

4.2

今、青春ドラマだ一番熱いタイ発!
サスペンス、銃撃戦に、
煌めくスクルールライフや
胸キュンのヤキモチ等
これでもかと詰め込んだアクションムービーが誕生
普通の学生二人と闇の世界から逃げ出そうともがく
>>続きを読む

ふたりのマエストロ(2022年製作の映画)

4.1

父が恋焦がれたミラノ・スカラ座のオファーは
実は息子への誤報だった
オーケストラの素晴らしい音楽をバックに
親子3代の微笑ましいドラマを作り上げたのは
『コーダ あいのうた』のスタッフたち
奇想天外で
>>続きを読む

アウシュヴィッツの生還者(2021年製作の映画)

4.2

最愛の人にもう一度逢いたい
そのために大勝負に挑むアウシュヴィッツサバイバーボクサー
モノクロのフラッシュバックで彼を襲うのは
賭けボクシングの駒として同法を殴り続けた日々
でもトラウマを抱えつつも家
>>続きを読む

ソウルに帰る(2022年製作の映画)

3.9

見た目は韓国人でも生粋のパリジェンヌである養子縁組されフランスに暮らす女性が自分のルーツを探すディープな旅
私は誰なのか?
私の居場所はどこなのか?
アイデンティティという普遍的なテーマを元に
カンボ
>>続きを読む

クライムズ・オブ・ザ・フューチャー(2022年製作の映画)

4.2

痛みを感じず真価が加速した世界で
内臓を取り出すパフォーマンスをArtとする者たち
技術の進歩は人間の意志の延長であると考えるクローネンバーグ
テクノロジーは人間の延長線上にあり
刺激的では快適な創造
>>続きを読む

猫と、とうさん(2022年製作の映画)

3.9

路地上生活者、消防士、スタントマン、トラック運転手
愛猫との微笑ましい生活が綴られる
コロナ過で一層求められる癒しや心の救いを担う愛猫たち
猫の存在によって柔らかく忍耐強く思い遣り深く成長してゆく飼い
>>続きを読む

イノセンツ(2021年製作の映画)

4.1

大友克洋の『童夢』にインスパイアされた
団地という閉鎖空間を舞台に
静謐さの中に不穏さが漂うサイキックスリラー
純真な無垢故の残酷さ、リアリティー
大人たちは気づきもしない子供たちの闘いに
引き込まれ
>>続きを読む

インスペクション ここで生きる(2022年製作の映画)

4.0

ゲイであることで母に捨てられ
生きるために志願した海兵隊
全てを閲覧(インスペクション)される人生を
自分のアイデンティティを貫き切り開いた実話
新しくも生々しい軍隊の描き方が
切々と胸に迫る
母にと
>>続きを読む

裸足になって(2022年製作の映画)

4.2

暴力により足にけがし失語症になったダンサーが
ろう者にダンスを教える過程で再生してゆく
不条理なこと際限なく
日々困難を抱えながらも自分の内側から湧き出してくるダンスや
仲間との関係で力強く新しい1歩
>>続きを読む

炎上する君(2022年製作の映画)

4.1

日常生活で傷つかなかったふりをしているあれやこれやを
見過ごさずに突き進む二人に勇気をもらった
初期短編から大好きなふくだももこ監督の
パワフルな問題提起が心地好い
やっぱキモイことはキモイとはっきり
>>続きを読む

658km、陽子の旅(2023年製作の映画)

4.3

引き籠りがちに他社とコミュニケーションをとらずに
生きてきた陽子が
父の急死を受けてヒッチハイクで葬式に向かうロードムービー
旅に現れる若い父の幻や
出会った人々の影響で変わりつつ
父の死と対峙する姿
>>続きを読む

>|