たかあき

パトリオット・デイのたかあきのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.4
2013年4月、ボストンマラソンにて起こったテロを題材にした映画。事件解決までの経緯を、ボストン警察、FBI捜査官、市民、犯人の目線から描いてくれます。

テロの爆発シーンから事件解決の過程までは「シン・ゴジラ」を観ているかの様に時系列を追いながら淡々と進んでいく。
犯人との銃撃戦のシーンはまるで戦争映画でも観ているかの様な緊張感。当時の実写映像も織り交ぜながら観せてくれるのでよりリアリティが出ている。
「ダークナイト」の様に善と悪との戦い、愛と憎しみが葛藤する描写も描かれている。

この映画はフィクションであって欲しかったというのが本音。これはゴッサムシティではなくボストンで起こった本物の事件。

でも観終わった後は、人々の勇気と愛と結束力、心の強さが何たるかを伝えてくれます。
「犯人はテロで全てを奪うことが出来なかった。逆に我々に与えることになった、人々が結束し共に前進する精神を」