りな

嗤う分身のりなのレビュー・感想・評価

嗤う分身(2013年製作の映画)
3.5
不思議な映画だったなあ…
意識があるのにずっと夢の中から出られないような、不穏な空気の中で映画が進む。ほぼ室内・電車内でのシーンで薄暗く、閉塞感も酷い。イラついて、頭痛のする、なのに青春映画のような作品。こんなにも惹かれて、切なくなって、キュンとした。

「僕は存在してる!」って台詞が印象的。

ミア様〜〜〜〜〜〜わたしほんとうに堪らなく好きです。この映画にピッタリ。ハナという役名も好き。重苦しい空気の中、彼女はずっと輝いてた。

過去なのか未来なのか、未来を描いた過去なのか、時代とか国とかとにかく謎。たまに流れる昭和歌謡が益々謎めいた魅力を醸す。好きな感じでした。