パラキン

グリーン・インフェルノのパラキンのレビュー・感想・評価

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)
3.8
金持ちヒロイン、暇な大学生活に刺激求めて意識高い系サークルに加入。ジャングルの民族助けに行ったら逆に食べられるストーリー。
意外と人間ドラマに時間を割いている。ぎすぎすしたサークルあるあるが多くて、鼻につく人間は世界共通なのだと感心。

後半の殺人テンポがよろしい。殺戮謝肉祭。怖いけどやっぱ笑ってしまった。
人間の調理の仕方の素晴らしさ。あれが豚とかだったらお腹すきそう。もはや人食いも文化ね。
グロは一部個人的には青ざめるシーンがあったけど許容範囲。ゾンビ映画見慣れてるからかな。
皮と肉喰いまくってるし、意識高い系の奴らへチクリとした発言といい、皮肉満載でよろしい。

その日の晩御飯にスペアリブ出ましたが、映画を思い出しながら食べました。