Billy

フューリーのBillyのレビュー・感想・評価

フューリー(2014年製作の映画)
4.1
死体を見ることも、ましてや人を殺すこともできなかった新兵が、
一台の戦車〝フューリー〟を通して一人前の兵士へと育ち、仲間達と共に激化する戦場に向かっていく戦争映画。

共に闘う仲間達の絆が
なんだか本当に家族のようでぐっとくるものがあった。
ベタベタしてないけど真の信頼が感じられて…ヒューマンドラマとしての印象が強いかも。

そして全体を通して戦争への虚無感がひしひしと伝わります。
一辺倒に感動ものじゃなくて、リアルな戦場の緊迫感、やるせなさが垣間見える映画です。

〝理想は平和だが、歴史は残酷だ〟