フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

se7enteen

se7enteenの感想・評価

2.5
2017/10
prime

ブラピ好きだし戦争映画も好きなので期待してたが、戦争アクション映画って感じだった

食卓のシーンは好き
新米兵隊ノーマンが戦闘マシーンになる映画。戦車がメインの映画、弾の軌道は分かりやすいように色をつけられ、戦争と一般人の関係も随所にある。
超おすすめ 4-5
おすすめ 3.5-3.9
良作 3-3.4
以下う〰️〰️ん🐭💦
最後の結末はつらかったものの戦争するということはこういうことなんだと教えてくれる。

ブラピが出た作品だと久々に良かった方ではないだろうか?
Tofilms

Tofilmsの感想・評価

-
実は、4人で食卓を囲むところに、仲間のクルー達が邪魔しにくる場面に一番緊張した。
モアイ

モアイの感想・評価

3.4
他の戦争映画と違って、戦車戦に焦点が絞ってあります。
この作品を見ると、戦車戦と言うものがどんな感じなのか初めて分かりました。要するに最初の一発が当たるか当たらないかがとても重要で、命中率が勝敗を左右するんですね。
良くも悪くも、点数はつけられませんでした。
ストーリーはフィクションのようですが、その描写はリアルそのものです。生々しく描かれているように感じました。

さて、映画では、戦争を通して1人の少年が成長していきー。
と言いたいところですが、
成長?、そんなことは綺麗ごとでしょう。
日常が非日常になり、その非日常に適応していく恐ろしさ。

お互いがお互いの正義や大義を押し付けて、自分が殺らねば明日は我が身。
人を殺めようがレイプしようが、その正義や大義のためだと正当化。
だんだんと、なんにも感じなくなるんだろうな。これが普通だって。

平和という理想を叶える手段が、軍事力や戦争というのは矛盾してるように感じます。
が、この矛盾が積み重なってあるのが今日の歴史。これまた皮肉なもんですね。

平和な世の中って、果たして存在するのでしょうか。
温泉卵

温泉卵の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ラストの5人対300人の戦いは胸に迫るものがありました。

心のどこかで、みんなが助かればいいと思ってしまった。でも、これはヒーロー映画ではない、戦争ですから。ハッピーエンドというわけにはいかない。
どんなに追い詰められても、抗い、戦った兵隊たち。味方にも、敵にも、守りたいものがある。戦争という過酷な状況の中で、人は変わる。
いろいろ考えさせられる映画でした。

ノーマンを見逃した彼は若かった(ように見えた)ので、もしかしたらあれがベテランの兵士だったら、また結末も違ったのかも知れませんね。
70th

70thの感想・評価

3.7
戦争を知らない人間が戦場で生きて行くために必要な考えを持つことで、非日常が日常へと変わってしまう。
映像、主人公の変化、結末については好きな部類でした。

が、当たり前って何だろう。

机上で語るのではなく、実態を踏まえた議論て重要なんだな。

お偉いさんが指示して振り返るのに合わせて、部下は敵へ特攻。。。
戦争系を見ると毎回モヤモヤが残る。
Masaki

Masakiの感想・評価

3.9
面白かったけど、期待していた程ではなかったかな⁉︎
>|