フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

alf

alfの感想・評価

3.6
ひたすら憎み合う者同士の戦闘。
これを最高の仕事と呼ぶような任務はイヤだ!

エンディングも不気味。

このレビューはネタバレを含みます

ドイツの戦車と対峙するシーンすごくかっこよかった。
シャイア・ラブーフくん初めて超かっこいいと思った!役柄めちゃめちゃかっこいい。
「ふむふむ」「ほーん」「OH」って言いながら観た。
基本的な戦争の残酷さがテーマ
であればまぁそんな感じ。
にしても独兵ざこいなー
ラストはマンガチック
ここぞというシーンまで全然ブラピに弾当たらん
アカデミー最有力とかどんだけ誇大なんだよ!俺様ブラピのただのゴミ映画じゃねーか。戦争の悲惨をいうなら野火や肉弾を見てください。
never1号

never1号の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的には実際に起きた戦争の映画が結構キツい気持ちになるから、あんまり好んでたくさんは観ないんだけどこの監督脚本エアーさんと役者がずっと気になってたからやっと観た。

エンドオブウォッチとかサボタージュとかでも感じたんだけど、この監督の映画緊張感が凄いよね。。

撃ち合いの迫力は凄かった....
あとやっぱりブラピの演技というかドンのキャラクターが何とも言えなくて所々悲しかったな、最後の最後にノーマンに本音を伝えるとことかね....

個人的にスカッとする感じでは無いけど、凄い映画ですわ....

あとラッキーストライク当時の嗜好品としてめっちゃ高級だったのかな。

ほとんど役者の煙草吸うシーン多かったけど、ブラピは元々吸ってたせいか分からないけど本当煙草は似合うわw
あとブラピのあの髪形もめちゃくちゃ似合ってた。

でもやっぱりこうゆう戦争がテーマだと普段のエンタメ映画楽しむ時の感じとは全く違っていろいろ考えちゃいますね....
戦争がリアルに描かれていて感動した。戦車での戦闘シーンは迫力がある。
2018.7.17.BS録画分。
ローガンラーマンが良い!キャラの人間性や優しさが伝わる。けどプライベートライアンのアパムのほうが更に胸に迫って好き。
戦車目線の画は面白い。戦車で死守って事で、ナックスの今年の舞台‘パラムシール’を思い出した。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.7
戦車が家という彼ら。タイガー戦車が本物らしい。戦車凄いんだけど曳光弾の軌跡が赤と緑で色分けされてて、正直スター・ウォーズ感ハンパないのが気になって気になって。でも実際そういうもんらしいです。ほー!

空を行く多くの爆撃機は、あれはドレスデンに向かうものなのでしょうか?

ノーマンは序盤「プライベート・ライアン」のアパムとつい重なってしまうのですが、ドイツ側のノーマンに見逃され生き残る。ドンの息子なのね。
レナス

レナスの感想・評価

5.0
よかったです。
なにも、言うことはないですね。
戦争をテーマとしてつくられてるんで、非常に重い話となってます。
まー、・・・なんと言えばいいのかわかりませんが・・アメリカ視点と言うことですね。当たり前ですが。
ドイツも日本も同じような教育を受けてたという視点でドイツ側を見ていても、面白いかもしれません。
pide

pideの感想・評価

4.1
ブラピの戦争映画。
数ある戦争映画と比べると爆破シーンや銃撃戦などの戦闘シーンは若干少なめなのかな。
ただそれを上回るほどの人間ドラマがこの映画にはあると思った。
「戦場の中の男達の絆」がテーマ。
ある1つの部隊を中心に展開していく。
ブラピが頼もしい。
彼のような男に人は付いていく。何かをやり遂げるために必要な決断力を兼ね備えている。
そしてローガン ラーマンが良い。
3時10分、決断の時の息子役だったと思うんだけど今作ではほぼ主役。

ドカーン ドキューンばかりではないヒューマン色が強い戦争映画。
まさにブラッド ピッド最高傑作(サブタイトルから…)
>|