くれちゃん

きみはいい子のくれちゃんのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.4
とっても良い作品に出会えた。
そう思えた。

抱きしめる、抱きしめられる。

私はこの行為で、助けられることがよくあるし恋人に求めてしまうところがある。
作品では『不思議な感じ』と、表現されていたけれど、満たされる感じやパワーを充電出来る感じがする。

そして抱きしめるという行為は大人とか子どもとか関係なく、相手に力を与えられるんだと思う。

子役の演技が自然で。
途中、宿題をやって来たかみんなに聞く場面はドキュメンタリー番組のようでした。
高良さんが教師として成長していく姿にもグッときました。

最後に。
他の方のレビューにもありましたが、
登場人物が細い線で繋がっていた。
狭い世界でもこれだけ悩みを抱えている人がいる世の中だというメッセージにも勝手に捉えてしまいました。