ふるち

パパが遺した物語のふるちのレビュー・感想・評価

パパが遺した物語(2015年製作の映画)
3.8
交通事故により妻が亡くなり男手一つで娘を育てる小説家の父親、虚構感に苛まれ見知らぬ男性と肉体関係を結んでしまう成人した娘から。2つの視点と時代で話が進んでいく。どんな気持ちで娘を育てようとしたか、どんな気持ちで父と向き合うかパズルのピースが埋まった時、泣けました。
父親役にラッセルクロウ、成人した娘役にアマンダセイフライドというレミゼコンビ。2人とも演技が素晴らしかった。