パパが遺した物語の作品情報・感想・評価

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

Meg

Megの感想・評価

3.5
父が娘のために
必死にがむしゃらに働く姿をみて、
ジーンときてしまった。

小さい頃に悲しい出来事がつづいたケイティ。最後は自分の殻を破り、自分の気持ちに正直になれてよかったなとおもった。
MININI

MININIの感想・評価

3.5
観終わった後、お父さんをハグしたくなりました。
パパと一緒に歌うClose to youがまたいい。
物語が引き寄せた巡り合わせもすてき。あったかい映画でした。
i

iの感想・評価

4.1
個人的にとても良かった映画
ラッセルクロウの演技が最高。
見ているこっちが父娘愛に吸い込まれる。
親からの愛は何にも変えがたいもの。
そして失ってからその大切さはなおさらわかる。
何が正しいか、頭の中ではわかっている。でも胸の中が空っぽで、何も感じない。隣にいても、抱き合っていても違和感を感じてしまう。
純粋無垢に全力で愛を注げる人はすごいな
必要な描写が足りな過ぎる。パパは痙攣してるばかりで心に抱えた闇との葛藤が伝わらない。ケイティのトラウマも伝わらない。なんなら予想より遥かに愛されていた。ただ承認欲求が強いメンヘラにしか見えなかった。
ラッセル・クロウやアマンダが悪い訳でないんです。でもアマンダの濡れ場をそんなに入れるくらいなら、小説の詳細をもっと作り込んで欲しかった。カタチだけの心理学と精神医学。期待した故に残念。
しおり

しおりの感想・評価

3.7
号泣必須

半年ぐらい借りようか借りまいか迷った挙句、ついに借りました。
ラッセル・クロウは結構シリアスな役とか怖い役多めなイメージあるので、娘をでき愛するパパ役は新鮮でした。

アマンダ・セイフライドはマンマミーア!でお馴染みの女優さん。相変わらず愛嬌があって可愛い♡

物語は2つの視点から進んでいきます。
1つ目は幼いケイティ
2つ目は大学院生のケイティ

1つ目はと2つ目ではパパの様子が違います。
タイトルが『パパが遺した物語』なので、このタイトルからもパパ(ラッセル・クロウ)がどうなってしまうのかは一目瞭然。

あまり深くは言いませんが、『子は親を見て育つ』『家族との思い出は一生忘れない』ということを深く実感した号泣映画です。

ジュークボックスのシーンは個人的に大好き。ああいうのいいよね。

でももうちょっと物語における重要なシーン(これを言うのもネタバレになっちゃうのであえてなんのシーンかは伏せます)を丁寧に描写して欲しかったな…あっ、そうなのね〜みたいに流したくないシーンもあった
yun

yunの感想・評価

4.1
例え自分がどんなに難しい人間でも理解しようとしてくれてそれを愛してくれる人に出会いたい。
If I could catch a star for you I swear I'd steal them all tonight
To make your every wish come true and every dream for all your life

But that's not how the story goes
The world is full of perfect plans
If there's a promise that I broke, I know one day you will understand

When times are hard I know you'll be strong
I'll be there in you heart when you'll carry on
Like moonlight on the water, and sunlight in the sky
Fathers and daughters never say goodbye

An Angel I will read to sleep, gave me one dream of my own
So learn to love and spread your wings, and find the one to call your home

When times are hard I know you'll be strong
I'll be there in you heart when you'll carry on
Like moonlight on the water, and sunlight in the sky
Fathers and daughters never say goodbye

When times are hard I know you'll be strong
I'll be there in you heart when you'll carry on
Like moonlight on the water, and sunlight in the sky

Fathers and daughters never say goodbye
Fathers and daughters never say goodbye
みかん

みかんの感想・評価

3.3
思わぬ形で母を亡くし、遺された父は娘に溢れんばかりの愛情を注いで育てていく。25年後、結局ある事で人を愛せなくなってしまい自暴自棄に生きる主人公ケイティの苦悩と再生を描くヒューマンドラマ。

キービジュアルのイメージと違い、思ってたより重い内容で、父ジェイクに愛され、純真無垢に過ごしてた幼い頃のケイティの回想が入るたび、現在の心の闇の深さが際立ち愕然として辛かったです。。。

大学院で心理学を学び、心に傷を負った子供の治療をするソーシャルワーカーをしていても、自身の子供の頃に負った深い心の傷は治せない皮肉。

担当の少女との交流で、ラストのケイティの心からの言葉は目頭熱くなりました。

恋の行方も、最後までどうなるかわからない展開にハラハラ。

そして一方、有名な小説家の父ジェイクも様々な試練に心身衰弱し苦しんでいるのに、ケイティには悟られまいと必死にいつも笑顔でいる様子に胸が締め付けられました。

ラッセル・クロウの演技はやっぱりすごい!

父と過ごした日々が余りにも幸せだったからケイティは傷つくことになったけど、救ってくれたのもまた、父の愛。

終盤の、ケイティが夜のバーから出ようとした瞬間にジュークボックスから曲が流れたシーンは、ベタかもしれませんがベタなだけに思わず感極まって涙でした。


★1989年ニューヨーク。最悪な状況で妻を亡くしたジェイクは、事故の後遺症に苦しみながらも幼い娘ケイティを愛情いっぱいに育てていた。

自身の病や金銭問題など様々な苦難が襲いかかる中で、ジェイクは自分とケイティの物語を執筆することに。

25年後。ケイティは、ある出来事により人を愛せなくなってしまい、孤独と愚行に苦しんでいた。

そんなある日、ジェイクのファンという小説家志望の青年と出会うが、、。
号泣。自分にもこんなお父さんが居たらなあと心から思った。
海外の人の「大好き」とか「愛してる」って素直に言葉にする文化、本当に素敵だと思う。キャメロンに出会えてしあわせだなあケイティ。
パパとケイティが一緒に遊んでるシーンとか、close to youを一緒に歌うシーンとか本当に幸せそうで大好き
sayu

sayuの感想・評価

3.2
大好きで何よりも大切な娘の為を思って、ただただ幸せでいてほしくて、病気と闘いながら耐えて耐えて踏ん張るお父さんの姿が悲しくて見ていられませんでした。
親子の愛は素晴らしいです
>|