パパが遺した物語(2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:
  • アメリカ
  • イタリア
  • / 上映時間:116分
    監督
    ガブリエレ・ムッチーノ
    キャスト
    ラッセル・クロウ
    アマンダ・セイフライド
    アーロン・ポール
    クヮヴェンジャネ・ウォレス
    ダイアン・クルーガー
    ジェーン・フォンダ
    ライアン・エッゴールド
    カイリー・ロジャーズ
    オクタヴィア・スペンサー
    ブルース・グリーンウッド
    ジャネット・マクティア
    ヘイリー・ベネット
    あらすじ
    小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

    「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

    子役のケイティがめちゃくちゃ可愛い。ハートフルなファミリー映画と思いきや…違いましたね。うっかり家族で見に行くなんてなったらちょっと気まずいかも。父が娘を愛おしく思う気持ちが痛いほど伝わってくるシーンは泣けますが、25年後のケイティはそうなっちゃうんだ…と。ちょっぴり後味の悪い作品でした。

    このレビューはネタバレを含みます

    小説家のジェイクは自身の交通事故で妻を亡く、自身も入院した、それにより後遺症で発作が止まらなくなったことにより精神科に入院費し、7歳の娘ケイティを裕福な叔父のところに預けた、7ヶ月後退院し、娘を迎えに行くと叔父たちが娘を養子にしたいと言い出したが、娘を抱えて自宅にもどった、娘との生活は幸せだったが、発作はなおっておらず完治していなかった、それに気づいた叔父は娘を養子にするために裁判を起こしてきた、そのためにお金がかかる、娘のために小説を書き上げるが駄作だったか、次に娘を思い書き上げた「父と娘」は賞を獲得するが、発作で死亡した

    そんな過去から人を愛せなくなっていた心理カウンセラーのケイティ、自閉する少女をカウンセリングする日々、時間はかかったが、少しずつケイティに心を開いていた、
    プライベートでは好きな人でもない男と寝てばかりしたが、父の遺作を愛する作家志望のキャメロンに出会い、好きになり、過去と向き合おうとしたが、また好きではない男と寝てしまい、キャメロンに激怒された、ケイティはキャメロンが本当に好きな人だと気付きキャメロンに会いに行くが、女性といたので逃げ出してしまったが、それは友達ではキャメロンはケイティを家の前で待っていてくれ2人は抱き合った

    愛してくれた父、亡くした父と母、ひねくれていた叔母によって出来た過去、本当の愛を欲していたのだろう、
    それを見つけられたのは父の小説、父のおかげだった

    父の娘に対する愛情を感じられた
    記録

    改めてラッセルクロウの演技力すごいと思った。
    歌が良くて思わず即ダウンロードした。🤙
    親子愛。
    こんなに愛してたパパが突然亡くなったら、そりゃあ病むよね。闇抱えるよね。
    愛し愛されることって幸せであるんだけど、同時に不安もついてくる。
    彼が優しく抱きしめてくれてよかった。

    ラッセルクロウはもちろんだけど、子役めちゃくちゃ演技うまかった。

    偶然父の日に鑑賞だったのも何かの縁。よかった。



    相変わらず、邦題は、、、ひどい
    >|