パパが遺した物語(2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:
  • アメリカ
  • イタリア
  • / 上映時間:116分
    監督
    ガブリエレ・ムッチーノ
    キャスト
    ラッセル・クロウ
    アマンダ・セイフライド
    アーロン・ポール
    クヮヴェンジャネ・ウォレス
    ダイアン・クルーガー
    ジェーン・フォンダ
    ライアン・エッゴールド
    カイリー・ロジャーズ
    オクタヴィア・スペンサー
    ブルース・グリーンウッド
    ジャネット・マクティア
    ヘイリー・ベネット
    あらすじ
    小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

    「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

    らいと
    3.3
    良かった。
    皆の評価通り。
    子役可愛いし。ラッセルクロウ凄いし、キャメロンいい人すぎだし。
    自分的には、原稿を置いて出て行くパパの所でぐっと来た。何故だろうね、それ程意味のあるシーンでもないのに。何を感じたのだろうか。自分でも分からない。
    nutaki
    3.5
    ラッセル・クロウ迫真の演技。手が震え発作を起こすシーンはリアリティーあった。ケイティー役の子役が可愛い。ピンクの自転車・ポテトチップ、可愛らしい。大人役はアマンダ。綺麗でスタイル良く演技も自然。心の問題がそっちの方の依存症になるのが安易で実にアメリカ的。裁判まで起こした伯父があっさり退場、叔母もラストでちらっと出るが何とも中途半端な存在。邦題のセンスがない。ポイントの曲がカーペンターズ!懐かしく聴きたくなった。歌は別人。最後まで飽きずに観れたのは、脚本をカバーする程の2人の俳優の力量かも知れない。
    雄
    3.3
    期待が大きすぎたぶん、終わってから「ん?」ってなってしまった…。
    ケイティが大きくなるまでの過程が省かれすぎて、あまり感情移入できず。。。
    あい
    3.5
    子供と見れそうな映画だなという先入観で見たら娘が想像以上に病んでいた。基本の設定も好きだし俳優の演技も良いので良い映画だとは思います。家族とは見れないけど。
    p
    3.0
    ラッセルクロウが素晴らしい
    曲も良い
    ただケイティが何故そのように荒れてしまったのか。そこら辺が浅はかかなと。
    パパと娘でclose to youを歌うシーン、ご機嫌斜めな娘の仮面を剥がすシーン。かわいらしい素敵な場面がたくさんある映画。
    思ったより重めの内容。
    映画で泣くことってあんまり無いけど、気付いたらすーっと涙出てた。笑
    それくらい感動した。

    とりあえずラッセル・クロウの演技には脱帽です。凄すぎます。

    自分は小さい頃から親のこと大好きって感じじゃ無かったから理解し難い部分もあるけど親子の愛の物語ってのは無敵やなぁって思った。

    若干アイアムサム系統かな〜

    ただケイティ役二人ともすーごい可愛い。可愛すぎる。
    アマンダさん最高ですねマジで。

    ブレイキングバッドのジェシー役の人がすごい好青年やったから違和感しかなかったな〜

    なんか自分の汚い心浄化された気がする。笑
    poo
    -
    泣いてもたーー
    もぉ言葉で伝えれん。
    marumame
    3.0
    これは号泣ものだな!?と覚悟で観たら…………ん~~~なんでだろ。なんかいまいち父親にも娘にも感情移入がちゅうぶらりんなまま終わってしまった。
    母親が死んだ事故の直後の会話も娘後ろで聞いてるのにってな話で言い合いしててドッカーン!だし、娘の方もいくら両親亡くしたとはいえなぜにそんななった?ってのが説明不足で💧
    ただただ彼氏はすっごいいい人だなと。普通はあそこまで理解してくれないと思うわ。
    子役の女の子は文句なしにかわいかったです♡名曲「close to you」を父親と2人歌うシーンが好きです。
    Junko
    4.0

    愛する人を2度亡くし、人を深く愛する事が出来なくなっていたケイティ。昔の父との暖かい思い出と、現在のケイティの2つの話を交えながら話は進んでいきます。

    映画の中でCarpentersのclose to youが出てきます。
    母との思い出ですが、幼稚園の時に車に乗る時には、いつもCarpentersがかかっていて、一緒に歌ってた思い出があるので、もうなんかそれだけで、泣けてきてたまらない←
    大学で実家を出てからは、親と会う機会は1年に3.4回で、ふと、もう一年分も一生で会うことって無いのかもしれない…とか思います。(さすがにもっとあるかな)パッと嫌な事を言ってしまう事があるけど、後悔ないようにもっと一回一回の会う時間を大切にしたいです。
    邦題がいやらしくて避けてたけど良い映画だった。
    アマンダセイフライドが病んだ娘役を演じて、ラッセルクロウが病気の父親小説家を演じてるのだから間違いない。とにかくラッセルクロウはすごい。
    ケイティが荒れた原因をもう少しだけ明確にした方が良い。病み描写の多さとバランスが取れない。
    >|