ちどりん

エージェント・スティールのちどりんのレビュー・感想・評価

エージェント・スティール(2013年製作の映画)
3.3
一流の贋作師が名画を模倣して本物とすり替える一味の話。
主人公の運び屋が弟の裏切りで5年間刑務所に入れられ出てくるところから物語が始まる。
冴えないスタントで暮らしていたが再び名品のすり替えを行うことを企てる。
物語はダラダラとしているがラストに大どんでん返しが待っている。
もし鑑賞するならよく観ていてほしい。
ミッション・インポッシブルのような作戦立てたり所々面白い小ネタが放り込まれている。
前後の締め方もオシャレだしエンドロールも面白かった。