ちどりんさんの映画レビュー・感想・評価

ちどりん

ちどりん

珍しいもの、よほど面白いもの、興味深いもの以外すぐ忘れるので自分の記録用。
星3は普通、星4は面白かった映画。
映画は2016/10よりアプリを始めてからの鑑賞をつけてます。
自分と同じような気持ちの感想を見つけたら嬉しくなりますが、皆さんのレビューは本音でいいねしたいので映画を見てからさせていただくことが多いです。

映画(407)
ドラマ(394)

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.1

金もなく自殺もできないどうしようもない男(堺)がある日風呂屋で転んだ人殺し男(香川)の脱衣ロッカーの鍵を盗む。
そしてお互い入れ替わった生活を送るうちに…
と話が続く。

ストーリーもよく作られていて
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.5

X-MENの話が進むにつれどんどんややこしくなってるが、簡単に言うと…

悪い人間たちとミュータントたちが住む世界でミュータントたちが滅ぼされようとしていた。
そこでローガンを過去に送り込み未来を変え
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

4.0

この作品を観てから「猫の恩返し」を観るべきだった。
そうすると「猫の恩返し」がとても楽しくオシャレな映画に感じられる。
高橋一生はとてもうまく良い味を出していた。
おそらく声変わりする前のアテレコ。
>>続きを読む

ラストマン・スタンディング(1996年製作の映画)

3.1

う〜ん…
単純にギャングの抗争に巻き込まれドンドンパンパン。
撃ちまくるシーンは爽快だが良くも悪くもない映画。
そうか…黒澤明「用心棒」だったのか。。。


この後ネタバレ
〜あらすじ〜
ある悪党が都
>>続きを読む

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス(2016年製作の映画)

3.4

1を観ずに今作を観てしまったが鈴木亮平にひたすらに拍手喝采‼️
内容は超バカバカしくて好き嫌いが極端に分かれる映画。
私は何度となくクスっと笑ってしまったが…福田監督作品に慣れていなければきっとつまら
>>続きを読む

犬と私の10の約束(2008年製作の映画)

4.5

犬を飼おうとしてる方はその前に見てください。
理想的な良いお母さんとお父さん、それに彼氏。
世の中そんなに恵まれてないかもしれないけれど素直な気持ちで見てください。
とても優しい映画でした。
私も昔飼
>>続きを読む

ガリバー旅行記(2010年製作の映画)

3.6

主演ジャック・ブラックのショーという感じの作品。
小人や巨人が出てきてクスっと笑わせてくれる。
サクっと見ることのできる映画。

万年メール配りの冴えない主人公がハッタリかましてある仕事を任されて船で
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.6

同時上映の作品だったのですね。
録画して長いのを観るつもりでドッシリ構えていたのに短くて驚きました。
やっぱりオラフが可愛いくてほのぼのしめした。
「アナ雪」本作に比べ少々子供向けかな。

ヤングガン(1988年製作の映画)

3.6

2度目の鑑賞。
昔観たときはとても良い映画でキーファー・サザーランド、チャーリー・シーン、エミリオ・エステベスやルー・ダイヤモンド・フィリップスが印象的だったと記憶しているが今観ると普通かな。2の方だ
>>続きを読む

アタックNo.1 涙の不死鳥(1971年製作の映画)

3.8

富士見高に入学した鮎原こずえがインターハイで闘う。
八木沢三姉妹の三位一体の攻撃やこずえとみどりのダブルアタックも出てくる。
一方、努くんは実家の八百屋を継いで新鮮野菜をトラックで配達していた。
その
>>続きを読む

アタックNo.1 涙の世界選手権(1970年製作の映画)

3.8

ジュニア選抜に選ばれ猪熊コーチの元で世界選手権に出場するこずえとみどり。
韓国やソ連チームシェレーニナの十字トスに二段レシーブで立ち向かう。

アタックNo.1 涙の回転レシーブ(1970年製作の映画)

3.9

OPの主題歌時は静岡のこずえの中学校の周りの景色と共に始まる。
富士見中とハマキ中の合併話や全国大会では福岡中の垣之内さんと闘うお話。
木の葉落としや回転レシーブも出てきて試合の内容も濃く今でも充分楽
>>続きを読む

アタックNo.1(1970年製作の映画)

3.4

「富士見学園の新星」
鮎原こずえが富士見学園に転入してきたお話。
おそらく東映まんがまつりのようなもので上映されたのでしょう。東宝だけど…。
まさか正月早々からこんな懐かしいものが観られるとは。。サン
>>続きを読む

PLANET OF THE APES 猿の惑星(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2度目の鑑賞。
みんなのスコアが低かったけど私はそれなりに楽しめる作品だと思う。
元の「猿の惑星」ではラストの大ドンデン返しでインパクトを与えたがこちらではそのドンデン返しを中盤で一度、ラストで二度と
>>続きを読む

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

聞き覚えのあるテーマ曲。
これぞ西部劇という絵コンテが浮かびそうなカメラアングル。
タイトル通りgood、bad、uglyな3人のお宝強奪戦!
若かりし日のクリントイーストウッドがいかにもイイもんでカ
>>続きを読む

オーメン/オーメン666(2006年製作の映画)

2.8

昔の元オーメンを薄っすらと思い出しながら鑑賞。
こちらはリメイク版。
ストーリーは単純で2時間弱が間延びして感じた。
メインはそれぞれの殺され方が惨虐だということ。
それに限ります。
あと、ザ・シネマ
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

4.4

2度目の鑑賞。
前作に引き続きあの慌ただしいマカリスター家の人々とデコボココンビの泥棒が登場。
今回はケビンだけ違う飛行機に乗っちゃってNYへ。
お母さんの「ケビーーン!」と叫ぶシーンやケビンの「アー
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.5

クリスマスになるといつもテレビでやってる定番映画。
何度観ても楽しい。
子供らしいいろんな仕掛けで泥棒と戦う。ママの愛情もたっぷり感じられるし、ほんの数日で成長しているところもよくできたストーリーに仕
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.6

登場人物はたくさん出てくるがハリーポッターよりもストーリーはスッキリしている。
ハリポタでは魔法を必死に使っていたがこちらでは軽く使いこなしている。
グリンデルベルド役のジョニー・デップの頭はあんな風
>>続きを読む

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろう(2015年製作の映画)

3.2

おさるのジョージは本で見て昔から知っているが初めて吹き替え版アニメを見た。
歌も皆日本人が日本語で歌っている。
オープニングの歌ってる人の声がかすれているのが気になった。
アフリカ洪水を止める計画でジ
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.6

脚本福田さん作品でお馴染みのキャストたち。
原作は全く知らずに鑑賞。
ところどころクスっと笑わせてくれる。
先にドラマ「今日から俺は!」を見て好きになったので楽しめた。
賀来賢人がヤンキー→凡人になっ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.6

私は漫画やアニメを知らないのでこれだけ観るとまぁまぁかなと感じた。
小栗くんが美しくて似合っていたのと橋本環奈が意外にもムチムチだったのが印象的。
ムロツヨシやっぱり面白くて好き。
歴史好きな私からす
>>続きを読む

ハート・オブ・ウーマン(2000年製作の映画)

3.6

女性の心を読めるようになるとはなかなか面白い視点。
でももしそんなことができれば初めは近づくのに良いかもしれないが、何年も付き合っていくうちに聞きたくない本性までも読んでしまいきっとうまくいかなくなる
>>続きを読む

エンド・オブ・デイズ(1999年製作の映画)

3.2

当時ノストラダムスの大予言には私もビビっていたがそれに便乗した映画。
サタンが世紀末に悪魔に選ばれし娘(ちょうど20年前から娘を用意しているところがにくいねぇ。もっと歳食っててもいいじゃん)と交わって
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.8

昔見たが忘れたので再度観賞。
主役の作者が12歳の頃の友達(それぞれ問題あり)4人と冒険したことが物語となっている。
ブルーベリー系のものがしばらく食べられない…。ブルーベリー系のものを食べながら観る
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

スッキリしないことこの上ない。
是枝監督独特の雰囲気で人間を裁く人間について考える。
人の命を奪ったその者の命を奪うのも人間。
何が正義なのだろう。
正しいモノサシとはどういったものなのだろうと考える
>>続きを読む

マスク2(2005年製作の映画)

3.2

前作はジム・キャリーの技が冴えるコメディー作品だったけど今作は初めから終わりまでありえないほどの漫画の世界で破茶滅茶だ。

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.2

クドカンワールド。
オムニバス形式で各ストーリーが少しだけリンクしているところが面白いがラストそうきたか…。
ワチャワチャまでは良かったが悪ふざけし過ぎかな。
ウルトラセブンのワンダバダ♪のような音楽
>>続きを読む

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年(2015年製作の映画)

4.0

ちびまる子ちゃんはさくらももこさんが昔に経験されたことからよくストーリーを描いてらっしゃったけれど、このお話も実話かな?だったら大人になってからまたアンドレアに会えたのかな?
その後が気になります。
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.9

スパイダーマンほどではなかったけれど面白かった。
アントマンだけに蟻しか操らないのだが様々な種類の蟻がゾロゾロ出てきて体が痒くなりながら見た。
分子や原子レベルまで小さくなるってどんな感じなんだろう。
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.4

ある日聾唖者が転校してきた。
ちょっとした気持ちのすれ違いからいじめが始まりそれがキッカケで主人公の少年もいじめられるようになり普通の学生生活が狂い出した。

アニメなのに抽象的な絵だったり足から首ま
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

ジブリのいろんなものを真似たアニメという印象が…。
天海祐希や佐藤二朗、満島ひかり、杉咲花などのアフレコが上手で神木隆之介は素晴らしかった。
だが大竹しのぶ、小日向文世などイマイチて特に遠藤憲一はひど
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.6

何度見たことだろう。
ちょっとピーターパン的な感じもあるが、何度見ても微笑ましくて夢の世界に入れる可愛いアニメ映画だ。
多分またテレビでやっていたら見てしまうだろう。
うちの家の中にもトトログッズはい
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.7

馬車と密室だけで3時間持たせます。
三谷幸喜もやりそうである。
初めから誰も信じられない。
嘘をついているのは誰だとこちらも疑心暗鬼にさせられる作り方がさすが!
後半グフェ〜って唸るほどの血肉が吹き飛
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.6

3〜4度目かな⁉︎何度見ても面白い❗️
ジュマンジのサイコロゲームで起こること以外にもいろんなところで思考を凝らしていて次から次へとアトラクションにいるような展開。
ハラハラドキドキ怖いけど何が起こる
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.0

跡継ぎを失った老夫婦の元に次男が子連れの女性と一緒になって里帰りする夏のお話。
ほのぼのとしているがみんなが心に深い痛みを持って暮らしている。
隣の芝生は青く見えるっていうけど多かれ少なかれみな悩みな
>>続きを読む

>|