mia

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのmiaのレビュー・感想・評価

3.8
さすがこの世界観。
物語に慣れるまでは何となく馴染めなかったけど、内容を理解していくうちにどんどん目が離せなくなりました。
火をつける能力や怪力などなど、ひとつひとつの能力が多種多様で非常に面白い。統一性もなく、どこで役にたつのかな?っていう能力もあったりするけど、それはそれ、味があって結果活躍シーンもあったからいいじゃないか。

ホローがめちゃくちゃ怖かったです。
目玉を、とかエグいよー。
遊園地?での戦闘のシーンはちょっとコミカルな感じもしたけど、それ以外のホローが出てくるシーンや戦闘は怖かったー。夢に出てきそう。
そしてパンズラビリンスに出てきたクリーチャーに似ててちょっとドキっとしました笑
あのクリーチャーも怖かったなー。

ダークな部分と、子どもをメインにしていることで少しそのダークさが控えめになり、そしてミス・ペレグリンの異質さをうまくマッチさせてそれぞれの登場人物が引き立っている。
設定をうまく利用してお話を組み立てているので、「ん?」と思っても深く考えずに先に進める感じがします。
実際ループに関しては少し理解が追いつかなかったものの、そこまでがっちりと理解せずとも心配ないか、というようなストーリー。
ラストもすっきり、ハッピーエンドで私はかなりすきでした。
オープニングの不可思議な映像から急に現代世界への映像はもうさすがというか。
バートン作品のオープニングも面白いんですよね。
スウィーニー・トッドのオープニングとかめちゃくちゃすきですよ笑
久々にバートンファンタジーを観て満足しました。
バートン作品の世界観大好きなので、色々と贔屓目に観てしまう部分もありますが。
エヴァ・グリーンは勿論のこと、エラ・パーネルも美人さんで非常に良かったです。


-105/2017