• Filmarksトップ
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの感想・評価

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:127分
    監督
    ティム・バートン
    脚本
    ジェーン・ゴールドマン
    キャスト
    エヴァ・グリーン
    エイサ・バターフィールド
    サミュエル・L・ジャクソン
    エラ・パーネル
    ジュディ・デンチ
    テレンス・スタンプ
    アリソン・ジャネイ
    キム・ディケンズ
    クリス・オダウド
    ルパート・エヴェレット
    オーラン・ジョーンズ
    あらすじ
    ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1940年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

    「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・評価

    久しぶりのどファンタジーもの!
    軽い気持ちで見たら、わりと小さい子が泣いちゃうような怖グロいシーンがあって、びっくりした笑

    ティムバートン感はそこまで強くない
    みんな魅力的。

    内容は名前とか覚えきれずに所々、理解不能な部分が多かったんだけど(;´Д`)
    だいたいのストーリーがわかれば楽しめます!

    そして、さすがのティムバートンさま。
    映像が綺麗。
    どの子供達もみんな魅力的でかわいい。
    エヴァ・グリーン、エラ・パーネルちゃん綺麗&可愛すぎでした♡︎

    遊園地でみんなで戦うシーンも楽しかった。

    このレビューはネタバレを含みます

    子供向けかと思ってたら、思ってたよりダークファンタジーだった。
    「そのヘタクソが」って言われた直後に風に飛ばされてくの死ぬほど笑うし、反撃が「お口が臭いぞ」なのはほんと面白い。
    サミュエル扮するバロンは案外弱いし、ホローにやられるという自滅感。
    ラストシーンが「君の名は。」みたいだった。エマ物凄く可愛い。死体を蘇らせて操ることができる能力を駆使して、ホローを倒す場面やハサミの手など、ティムバートンの作品ではおきまりの流れ。能力者達は皆時間にシビアだった。
    日本要素が随所に見られた。
    かなり好きな部類の映画だった。
    少しゾクッと感じる位がちょうどいい
    めっちゃティムバートン!

    ファンタジーあり切ない恋ありほんのりホラーみたいな ティムバートンらしさが全開で面白かった!!
    思ってた以上に、しっかりとしたというか濃厚な話だった。
    この話の後どうなったのかとか、いろいろ気になるわー。
    原作読みたくなった。
    そして、邦訳されてない他の話も邦訳して欲しい!
    映像が綺麗!久しぶりに童心に帰って見れる映画でした。
    ティムバートンの映画やっぱりいい!

    ファンタジーだから面白い(^-^)
    不思議な世界観だった!
    >|