maya

ピエロがお前を嘲笑うのmayaのレビュー・感想・評価

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)
3.0
「あなたは見破れるのか」系の映画にはしっかり騙されるタイプなので、期待を裏切らずしっかり騙されました。

「ファイトクラブ」を彷彿とさせる陰キャラの主人公ベンヤミンとオラオラ系のマックス(ハビエルバルデムを痩せさせた感じ)のコンビが良い。
インターネットの中でのやり取りを映像で見せるっていうのが、意外と良い具合のチープな作りで良かった。

4人のハッカーたちがそれぞれの仕事の役割を担っててキャラクターも個性的。
(慎重派の太っちょの奴が一番好きだった。
)
主人公の恋する相手が、ブサイクな上に高飛車な上に自意識過剰なところが腹たつけど。
ハリウッドリメイクされるとのことなので、それぞれを誰が演じるのかがまた楽しみ。