ピエロがお前を嘲笑うの作品情報・感想・評価

ピエロがお前を嘲笑う2014年製作の映画)

Who Am I - Kein System ist sicher

上映日:2015年09月12日

製作国:

上映時間:106分

3.7

あらすじ

警察に出頭した天才ハッカー・ベンヤミン(トム・シリング)。世間を騒がせ殺人事件にまで関与を疑われ国際指名手配をされた。そのベンヤミンが自ら語りだした―― 学校では苛められ冴えないベンヤミン。ピザ屋のバイトでも馬鹿にされ、想いを寄せているマリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)にもまともにアプローチもできない。そのマリのために試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう…

警察に出頭した天才ハッカー・ベンヤミン(トム・シリング)。世間を騒がせ殺人事件にまで関与を疑われ国際指名手配をされた。そのベンヤミンが自ら語りだした―― 学校では苛められ冴えないベンヤミン。ピザ屋のバイトでも馬鹿にされ、想いを寄せているマリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)にもまともにアプローチもできない。そのマリのために試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう。前歴がなかったため社会奉仕活動を命じられ、そこで野心家のマックス(エリアス・ムバレク)と知り合う。2人にはハッキングという共通の趣味が合った。マックスはベンヤミンの天才的な才能を見抜き、マックスの友人たちを交えて、破壊活動を行うハッカー集団“CLAY(クレイ)”を結成する。国内の管理システムを手当たり次第ハッキングを仕掛け、世間を混乱させ注目を集める。そしてクレイはライバルハッカー集団を挑発し、ついにはその正体を暴いてみせる。さらにドイツ連邦情報局へもハッキングを仕掛け、有頂天になっていたベンヤミンたちだったが、ベンヤミンの仕掛けた不用意なハッキングがきっかけで殺人事件が発生してしまう。ついにユーロポール(欧州刑事警察機構)の捜査が入り、ベンヤミンたち自身が危険にさらされることになり、自ら出頭することにしたのだった。 しかしベンヤミンの自供はつじつまが合わない。翻弄される捜査官たち。果たしてどこまでが真実なのか。彼の真の目的とは――。

「ピエロがお前を嘲笑う」に投稿された感想・評価

すすめられて観た作品◎
いろいろな意見があるみたい
だけど、わたし的には
おおー♡⃛と思えた\(^^)/

え!そうだったの!?

と2度も思わされる
なんて、やられたー*
前半はストーリーが淡々と進んで行く感じで退屈な部分がちょっとあった。
でも終盤になってからのストーリー展開が驚かされて、後半は面白かった。
バティ

バティの感想・評価

3.6
冴えない青年が好きな女の子の為にテストの内容を盗む為にハッキングからの窃盗を犯すが失敗する・・・

他に余罪もない為、数日の社会奉仕活動で罪を償う事に・・・そこである男との出会いからハッキンググループを作るのだが・・・


まったくわからない世界の話だったけど最初からワクワク出来るし、じわじわと出てくるサスペンス要素とドキドキ感も良く楽しめました(*´ω`*)



この後はネタバレ要素ありなので注意⚠



中盤から終盤にある部屋で名作の○○のポスターが貼ってあり、個人的には確信に変わった。

はずだった・・・

結局騙されてしまいました。

クッ……ヤラ( ゚∀゚ )レタ!!

このレビューはネタバレを含みます

どんでん返し系の映画で大事なのって、そのどんでん返しによって、今まで客が追っていた物語の構造や解釈がガラッと変わってしまう、という点にあるんじゃないかな?




たとえばシックスセンスとかだと、(ちょっとシックスセンスのネタバレしますけど…)

ずっと倦怠期だと思ってた奥さんが、実は主人公を深く愛してた事が、どんでん返しによって明かされる訳で。

トリックによって物語の根幹がひっくり返るのが、醍醐味なんじゃないのか?



この映画のどんでん返しって、ただ観てる人をビックリさせる事だけが目的のトリックで、何て言うか、ちょっと、小粒くさい。。。


ハッカーが4人だろうが、1人だろうが、この映画の内容的には大した差が無いんじゃないか?



どんでん返しと言うからには、物語全体を包括するほどの逆転が必要だと思う。


それに、結局4人は実在してたってことは、マックスは普通に友達の女をかどわかすイヤな野郎ってことになるし。。

ほんでマリも、マックスとイチャついてた癖に、素知らぬ顔でベンジャミンに会いに来るイヤな女ってことになるよな、これ。

終盤の、捜査官が同情で主人公を匿ってくれる行動も、主人公たちの作戦のうちってことなのか?
そうなってくると、もはやハッカーの能力関係ないよな!メンタリズムのたぐいやん。

このどんでん返しで「いやぁすっかり騙されたわ!」とはならんかったな、後々ふつふつ疑問が湧いてくるどんでん返され方やったわ。。
おもち

おもちの感想・評価

3.6
そこまでマインドファックされなかった。
手品のトリックが簡単すぎるのでほぇ〜〜やっぱりってなってしまった。
いかにも中二病で陰キャの話かと思ったらだんだん面白くなってきていく感じ。
けど中毒性ある音楽、ハラハラする展開、ダークネットの描写など個人的に好きなものばかり。
ヨーグレットキメながら観てました。
なかなか難しい話。
でも分かるとおもしろい。本物の天才だ。

気付いた時には嘲笑れてた
KUMAGORO

KUMAGOROの感想・評価

3.7
見終わった後にもう一度見返したくなる
時間軸の作り方が好き。主人公に魅了されていく。音楽もノリのいい感じでかっこいい。
いぶ

いぶの感想・評価

4.5
勉強の息抜きに映画鑑賞。最初から最後まで面白かった。特に最後のどんでん返し最高だった。
Toku

Tokuの感想・評価

3.8
気になった音楽たち
Out Of The Black/Royal Blood
Love Me, Hate Me, Kiss Me, Kill Me/Fukkk Offf
Rave Is King/Fukkk Offf
Viewings On Horeseback/Carpet
Riot Kiss/Carpet
Boese Trommel/Human Tribe
なかなかのハラハラ感がたまらない!
かなりのどんでん返しがすごかった!ハッカーを描くのが上手い、
かなり楽しめた!
>|