ピエロがお前を嘲笑うの作品情報・感想・評価

ピエロがお前を嘲笑う2014年製作の映画)

Who Am I - Kein System ist sicher

上映日:2015年09月12日

製作国:

上映時間:106分

3.7

あらすじ

警察に出頭した天才ハッカー・ベンヤミン(トム・シリング)。世間を騒がせ殺人事件にまで関与を疑われ国際指名手配をされた。そのベンヤミンが自ら語りだした―― 学校では苛められ冴えないベンヤミン。ピザ屋のバイトでも馬鹿にされ、想いを寄せているマリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)にもまともにアプローチもできない。そのマリのために試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう…

警察に出頭した天才ハッカー・ベンヤミン(トム・シリング)。世間を騒がせ殺人事件にまで関与を疑われ国際指名手配をされた。そのベンヤミンが自ら語りだした―― 学校では苛められ冴えないベンヤミン。ピザ屋のバイトでも馬鹿にされ、想いを寄せているマリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)にもまともにアプローチもできない。そのマリのために試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう。前歴がなかったため社会奉仕活動を命じられ、そこで野心家のマックス(エリアス・ムバレク)と知り合う。2人にはハッキングという共通の趣味が合った。マックスはベンヤミンの天才的な才能を見抜き、マックスの友人たちを交えて、破壊活動を行うハッカー集団“CLAY(クレイ)”を結成する。国内の管理システムを手当たり次第ハッキングを仕掛け、世間を混乱させ注目を集める。そしてクレイはライバルハッカー集団を挑発し、ついにはその正体を暴いてみせる。さらにドイツ連邦情報局へもハッキングを仕掛け、有頂天になっていたベンヤミンたちだったが、ベンヤミンの仕掛けた不用意なハッキングがきっかけで殺人事件が発生してしまう。ついにユーロポール(欧州刑事警察機構)の捜査が入り、ベンヤミンたち自身が危険にさらされることになり、自ら出頭することにしたのだった。 しかしベンヤミンの自供はつじつまが合わない。翻弄される捜査官たち。果たしてどこまでが真実なのか。彼の真の目的とは――。

「ピエロがお前を嘲笑う」に投稿された感想・評価

さかな

さかなの感想・評価

4.0
そこまで期待せず観たものの楽しめました
ラスト、良い意味で裏切られた感があって満足です。
ドイツ映画ってこんなかんじなんだ〜。すごい人気だから借りてみた。事実的にエンターテイメントな映画、誰かと観たら楽しそう、厨二っぽかったな。
邦題もコメントもぴったしって感じ!ラストのどんでん返し見破ろうとしたけど無理。
so

soの感想・評価

5.0
最高におもしろかった、これやばい。とんでもない。二転三転してスピード感あってこんなおもしろい作品希じゃないか。とにかく最高。
ひら

ひらの感想・評価

4.1
まさかレビュー通りにめっちゃ綺麗に騙されるとは思っていなかった
ストーリー性がどうとかじゃなく映画の完成度にビビる
ShoKoba

ShoKobaの感想・評価

4.0
ストーリーも設定もかなり高評価だけど、音楽がこの作品を潰してるように感じる。。音楽が良ければスコア5。
友人のススメで観てみた。

悪ふざけが大好きなハッキングチーム。ハッキング界のドン的な存在の奴に認められたいが故に、ハッキングはエスカレートして行き、事態は思わぬ展開に、、。

個人的に、新しい分類のサスペンスだと思う!
詳しく書きたいけど、ネタバレしたくないので、書かないけど、観て損は無い。

気持ち良く騙され、嘲笑われました。
goma

gomaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シャレオツ過ぎる、オモシロ過ぎる。



途中「あ、そゆこと?なんだ気づいちゃった~」とか思ってたけど、それすらも伏線で、砂糖のくだり、ファイトクラブのポスター、思い返せば伏線含みまくりだったのに、やられた感半端なかった!!


ネットワークの中の世界を電車に見立ててるのが分かりやすくて◎

全体的に暗めな音楽が、映画の緊張感とスピード感を支えていて◎

全体的に音楽も映像もストーリーも、スタイリッシュでかっこよい!

最初、全然冴えなくてナヨっちかった主人公が、出頭してあんなに堂々とウソをついて、仲間のもとに悠々と戻って船の上で金髪どや顔、みたいになってたギャップにちょっとえ?ってなったけど笑



このテの映画。やぱだいすき。

このレビューはネタバレを含みます

映画のオープニングが、華やかでかっこよかった。都会の街が派手に移され、今から何始まるんだろう!?というワクワク感があった。怪しげなピエロが、変な雰囲気も醸し出していたが…笑

見る前はポスターのイメージから、勝手に深刻で暗いのかと思っていた。実際は、スリリングだが軽快でおしゃれな感じもある映画だった。

ハッカー(法に触れてるからクラッカー?)にあまり詳しくないのだが、
この映画では自分の中になんとなくあったイメージ通りのハッカーと、そうでないハッカーと両方見られて新鮮だった。
それにしてもハッカーって、あんなにアクティブに動くものなのか!?

セキュリティ事故の恐ろしさも思い知り、改めて気を引き締めようとも思えた映画だった。人の情に訴えて騙すのはずるいが、こういうのも犯罪のとっかかりになるのだと盲点を突かれた。情報局?のおばちゃんが猫のリンクを踏んだのは、意識低すぎじゃないかと呆れてしまったが…。知り合いの名とは言え…。

マリという女性は最初は印象に残らなかったが、だんだん魅力的に思えてきた。普通の大学生といった雰囲気がリアル。

時々出てくるパーティーシーンは、いかにもな雰囲気でなんだか笑えた。みなさん何やってるの笑という感じ。

ラストに本当のことを言って新しい身分を手に入れたのは、じわじわと感心してしまった。これで仲間も守れたということみたいだし。
捜査官は晴れ晴れとしてそこまで後悔もしてなさそうだし、主人公もウィンクしていたし。ウィンウィンでハッピーエンド?ということなのかな?

エンドロールがハッカーが扱うプログラム言語のような字体で、最後まで雰囲気が出ていてよかった。
ayuk

ayukの感想・評価

3.7
こんな騙されかたはスッキリするね、しかも二度も。
セキュリティを作るのも人間なんだから、そりゃ人間に破られるよね。上には上がいるって。
>|