弟二郎

日本のいちばん長い日の弟二郎のレビュー・感想・評価

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)
3.9
美しい日本の美しいお話。美しい日本語のリズムと日本人の顔と。前作「駆込み女と駆出し男」同様やっぱりやたらカット割るしキャラ配置分かり辛。その上こちらは詰め甘な箇所多発。目を見張る描写も少なく。
が、岡本喜八版を補足するかの如き部分は一見の価値あり。特に邦画のタブー昭和天皇を真っ向から演じた本木雅弘がこれがもう「駈込み」樹木希林を思わす別次元の存在感。「太陽」イッセー尾形に勝るとも決して劣るものではないと。