日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

こもり

こもりの感想・評価

4.0
1945年4月鈴木内閣組閣から始まる、軍部の暴発をどうにか防ぎなるたけ早く降伏しようと綱渡りする話。
想像していた以上に良作。頭痛くなりつつ気になること等をメモにとりつつだったので見終わるのに3時間くらいかかったけど、余すところなく素晴らしい。
山崎努さん(鈴木貫太郎首相役)、本木雅弘さん(昭和天皇役)の名演 建物家具階段庭 書「狂人走不狂人走」◎
決起する役の俳優みんなお顔が良いからか緊迫した状況でも変な爽やかさがある。昭和天皇の寝室は完璧想像で作ってるのかな?疑問 遺書は何通書いても何度書き直しても良いのだなあ
終戦から70年を迎えてのリメイク作品。
この1日での出来事があったからこそ、今の時代があり日本が今平和な状態でいられることを感じさせてくれる作品です。

ただオリジナルを既に見たこともあってか、やはり熱量の違いは圧倒的。
旧版は8月15日という真夏の気候、終戦を巡っての争いをこれでもかというくらい感じるほどの暑苦しさが画面から滲み出ていたのに対し、本作ではそんな感じが全く感じられない。

逆に涼しげな雰囲気を感じるし、言い方を変えればあまりに小綺麗な仕上がりになっている印象ですね。

キャストの面でも良い人はかなり揃っていましたが、旧版の三船敏郎のインパクトに勝る人はいませんでした。

やたら旧版と比較してしまっていますが、この映画単体だけ考えるなら十分な出来。それほど旧版が凄い作品だったんだと改めて思えてしまいます。
観るにはいい時期と思い鑑賞。

一級のサスペンス映画でありながら、生きた歴史を学べる良作。
「狂人走不狂人走」と昭和天皇の語るナポレオンのくだりが印象に残った。
hiroki

hirokiの感想・評価

3.8
森師団長の暗殺のところからが面白い
日本史知らなかったけど終戦の放送の裏にこんな反乱が本当にあったのか、、、
一億総玉砕の覚悟の狂った反乱軍、意志が強すぎる
すぐに死なない切腹がリアル
改めて宮城事件を調べてみることをおすすめします。

大場泰正の井田がカッコいい
ダンケルクを見て見たくなった映画でした。
Akiyo2

Akiyo2の感想・評価

3.5
公開時に本木雅弘が昭和天皇を演じたことがずいぶん話題になっていたことを思い出した。
切迫感はあるけど全体的にセリフがちょっと早口すぎるかな。それにしてもみんな何のために戦っていたのだろうか…
ポツダム宣言受諾直前の宮城事件を軸に描いたノンフィクション作品。
8月15日が近いということで2度目の鑑賞。

うん、やっぱ良い作品。
日本人なら誰しもが学ぶポツダム宣言や玉音放送。そこに行き着くまで軍や宮内で何が起きていたか、それを知ることができる貴重な作品。

昭和天皇役の本木雅弘、阿南惟幾役の役所広司、鈴木貫太郎役の山崎努、この3名の演技は飛び抜けて素晴らしかった。

畑中健二役の松坂桃李、良かったんだけどしっくりこなかった。ギラギラした役柄を頑張って演じてたんだけど、イケメンすぎるのが裏目に出た感じ。

会議のシーンが多くセリフ量も多いので字幕を付けての鑑賞がオススメ。

岡本喜八監督のオリジナル版もいつか観てみよう。
pide

pideの感想・評価

3.4
日本にとっての忘れられない日。
それが1945年8月15日。
日本が終わった日。
けど、始まった日でもある。

われわれはこの日の出来事を教科書で勉強した。
また経験談を聞いたりしてある程度の知識を持っていた。

と思っていた。


が、それは錯覚だった。

どのようにしてポツダム宣言を受諾したのか?
そこに至るまでに誰がどのように動いたのか?
この映画は一方通行でない知識をあらゆる視点から映し出している。

戦争の表の部分でなく裏の部分が主なのでドキューンバキューンが無くて確かに盛り上がりには欠ける。
けどスケールの大きい戦争映画という印象。
理由は俳優陣。
とても豪華だ。
え?実話?フィクション?
本当に実話なんだ。

五・一五事件、二・二六事件に続く軍部によるクーデター事件、八・一五事件なるものが、もしかしたら教科書に載っていたかもしれない、とんでもないことが起こっていたとは知らなかった。調べたところ、「宮城事件」というのだそうだ。

8月15日正午に昭和天皇の玉音放送があったその日の午前0時頃から午前5時頃の間に軍部が宮城(現在の皇居)に乗り込むなんてとんでもない!

最初はタイトルからポツダム宣言を突きつけられてから受諾を決定するまでの期間を描いた作品なのかなと思ってた。

これは「宮城事件」というものについて知ることができる映画だと思います。

お国のために自らの命を犠牲にして散っていった特攻兵には敬意を表しますが、このクーデターを起こした奴らは許せない。

学校で習った歴史の教科書を読んで、ポツダム宣言を突きつけられてから「なんで早く降伏しなかったの?早くのんでくれたら広島にも長崎にも原爆が落とされず、ソ連も北方領土に乗り込んでこなかったかもしれないのに」と安易に考えていました。

でも、軍部の方たちにもいろいろな考えがあったのですね。「国体の護持」。目指すところはそれだった。

この映画で初めて知った陸軍大臣の阿南惟幾という方にも考えがあって、最初は反対派の人かと思っていたけど、若い将校らにクーデターを起こさせないという考えがあったんですね。

ポツダム宣言を8月14日に受け入れ玉音放送の録音をするまでいろいろあったんですね。

私は無知でした。この映画でまたいろいろと知ることができました。


終戦に導いた鈴木貫太郎元首相を演じられた山崎努さんの演技と、昭和天皇を演じられた本木さんの演技が素晴らしかった。
特に本木さんの喋り方、本当にあんな感じだったのだろうかと感服いたしました。
好きなシーンは徹底抗戦を主張する東條英機を諭すときのお言葉と喋り方。神々しくて私なら土下座してまう。

オリジナル版も観たい。
終戦日に実際に起こった、宮城事件を扱った作品。

忠実にシリアスに再現されています。
歴史映画好きの自分には好みの作品ですが、登場人物が多く、時代背景も複雑なため、事前にかなりの予備知識が必要です。

50年前の同名作のリメイクですが、50年前であれば誰でも知っている人物や、時代背景も、現代人には分かりにくい。

現代風にアレンジやリブートしてあっても良かったかな。
けいこ

けいこの感想・評価

3.7
終戦記念日が近いということで鑑賞。松坂桃李扮する畑中とその仲間たち、暴走しすぎ(ー ー;)
こういう悲惨な時代を経て、今の平和な日本があるんだなあ。戦時中に産まれなくてよかった((((;゚Д゚)))))))
役所広司をはじめ、山崎務も堤真一も、モックンも、さすがだなあ。
>|