日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・レビュー

    masudasantaro
    masudasantaroの感想・レビュー
    7時間
    4.0
    松坂桃李!!
    ここまでの演技をする俳優だと思わなかった。
    怒りで机を叩くシーンの頭に浮き出た血管と、狂気に取り憑かれたような目。凄い!と思った。

    誰もがもうやめたいと思っていたであろうに、それをすんなり進められない意地と恥。

    毎度、戦争映画には絶対に考えさせられるけど、70年前に生きた人達が、これが正しいんだと信じて行ってきた葛藤と衝突の先に現代が続いていることに感慨深くなる。
    りょーすけ
    りょーすけの感想・レビュー
    1日
    3.7
    大学2年になってからの1本目!
    Future
    Futureの感想・レビュー
    2日
    -
    岡本喜八版と比較したら
    山崎努(鈴木貫太郎)、本木雅弘(昭和天皇)がとても良かった

    原爆投下前後や玉音盤探す場面はあっさりしすぎてて緊張感欠ける
    8.15の激動と緊迫の24時間感をもっと出して欲しかった

    終わり方は良かった
    ウエ
    ウエの感想・レビュー
    2日
    4.0
    丸の内ピカデリー 2015.08.12

    迫力がすごかった
    えっ?これ日本の話?70年前?実際に起きた事件?日本で?ええ~~~~?って見終わった後お腹いっぱいになった


    「天皇のため」「日本のため」「自分のプライドのため」に命かけられる人間が70年前には普通にいたっていうことがなんか今の日本からじゃ想像できない
    松坂桃李も凄くいい演技してた イケメンって意味じゃなくて本当にカッコよかった

    この辺の歴史をあまり知らないままで見たので理解できないところがあったのが悔しい
    KyoheiMibu
    KyoheiMibuの感想・レビュー
    2日
    3.9
    そういえば、終戦の数日前のことって考えたことなかったなー…知らなかったことに恥。
    SeiyaOzaki
    SeiyaOzakiの感想・レビュー
    3日
    3.7
    神風特攻隊も軍人さんも本心だったのかなあ
    みゆ
    みゆの感想・レビュー
    5日
    3.2
    2017.04.20(89)
    録画


    うーん、惜しい!

    モッくんはすごく良かった。やっぱり上手いなと思う。今の時代に昭和天皇を演じられるのはモッくんしかいないだろう。

    先日、岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」を見ていたから話は分かったけれど、見ていなかったら何が何だか分からない場面ばかりだった。

    最初は岡本喜八版より良いなと思ったの。丁寧で分かりやすい導入だなと。

    では何が惜しかったかというと、岡本喜八版がズドーンとダイレクトに中心的なことだけ描いたことによって省かれてしまった周りの出来事を、今作では丁寧に描こうとしているんだけど、そのせいで物語の核になる出来事が薄まってしまったんだよね。多分あの事件を知らない人が見たら、何が何やらだと思う。

    陸軍の若手たちの感情の盛り上がりがきちんと描けていないので、動機の部分がとても弱いし、誰がどういう思惑で動いているのか分かりにくい。

    松山ケンイチもいきなり出てくるでしょう?あれも岡本喜八版だときちんと前振りがあるから、すごく納得いくんだけど、今作だと「あなた誰?」なことになってしまっている。

    放送局で電源を落とし真っ暗になったはずなのに、松坂桃李にだけスポットライトが当たっている演出はコメディにしか思えない。

    やろうとしていることは分かるけれど、残念ながら空回りしてしまった感じかな。

    同じ物語を描いているので、終戦に当たってどんなことがあったのか、どういう流れで玉音放送になったのか、その辺を知りたい方には岡本喜八版を強くお勧めします。

    今作が決定的にダメだったのは、全く「日本のいちばん長い日」感がなかったこと。岡本喜八版ではものすごく長い一日だったことがよく分かるけれど、今作ではサラッとしていて長い一日だった感じが全然出ていなかった。
    藍
    の感想・レビュー
    6日
    4.6
    井田正孝(陸軍中佐)/大場泰正
    昭和天皇/本木雅弘

    この二人の演技がすさまじかった
    TakahiroTanaka
    TakahiroTanakaの感想・レビュー
    2017/04/18
    3.5
    3割ぐらい何言ってるか分からない。史実に忠実に書いてるんだろうけど、ほんとにこの当時の日本はクソだなあって
    >|