日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

ソワレ

ソワレの感想・評価

3.6
2度目の鑑賞。
1度目はそこまで良さがわからなかったけれど2度目観てみたら何度も泣いてしまった。
登場する閣僚や軍人がそれぞれ己の大義を信じ、貫こうとするその想いの強さに思わず涙が出る。細かいやり取りは正直まだよくわかっていないけれど、それでも胸に迫るものがある。
敗戦が決まり涙を流す閣僚たちに、昭和天皇が語りかけるシーンは本当にぐっときた。
松坂桃李の目の演技が素晴らしい。
オリジナル版にあった黒沢年雄とかのスプラッター映画紛いの過剰さはなくなり、かわって大人のエンタメにふさわしい映像のダイナミズムがある 窓越しに近衛兵覗くカットなんて凄い、緊張感とユーモアが混在してる
色彩も極端な気がするが、これはこれで好み、ちゃんと日本人が黄色いのが良い
ただし、内容はプロジェクトXというか、人間ドラマに寄ってるせいでメッセージ性は薄い、これは人間のしょうもなさも描いてるからで、決して悪いことではないんだが
最後に改めて、大楠公は戦前のスーパーヒーローだったんだなあ、と 天皇陛下万歳と言わないだけ、この映画の登場人物は恵まれている
ygc

ygcの感想・評価

3.8
ノンフィクションなので単調な作品かなと予想するかも知れないが、
終戦決定に対する緊迫感がヒシヒシと伝わってくるので思わず力が入って観てしまう。

ただし、人物登場時のクレジットも説明も過去の描写も一切ない。それどころか太平洋戦争の趨勢の説明すらないので、
太平洋戦争について、学校の教科書くらいの知識だと、そもそも今どんな情勢なのか、どんな場面なのか、喋ってるこいつが誰なのかも分からず、面白くないかも知れません。

最低限、軍の重要人物である阿南、米内、梅津、畑中の名前は聞いたことあるくらいのレベルは必要かと思います。
戦争についても、本作と直接の関係はありませんが、概ねの指標としてミッドウェー海鮮、盧溝橋事件、インパール作戦の名前は聞いたことがあるぐらいのレベルは必要かと思います。
T

Tの感想・評価

4.5
昭和期の軍によるクーデターは、三回起きていたことは、既知でしたが、ありありとその様を映像化すると、重大さが分かりました。

継戦派による強烈な突き上げ。鎌や鍬であの状況では勝てないでしょうし、それこそ
酷いことになっていたでしょう。日本の分断統治すらありえたでしょう。

設定や美術で印象的だったのは、宮城の門でした。何かの本で、玉体は門の意味をも持つと記憶してます。

更に、決起の夜のシーンで、拳銃の怖さ、
、旧軍の日本刀が単なる飾りと化していたことも分かりやすいです。腰に刺すのではなく、吊ってしまっては、抜きにくいでしょう。近衛師団長の倒れ方も、派手に飛ぶのではなく、ガクっと崩れ落ちるのもリアリティがあります。

切腹に際して、史実通りであれば、介錯を断ったところや、畳を汚さないよう、縁側で行い、下に血液がパタパタ流れるシーンは、もののふを念ひます。

一番良かったのが、東部軍司令官。役者さんの鬼気迫る怒声。
歴史の授業では
終戦について学ぶとき、
教科書でさらっとポツダム宣言
受諾した。
くらいだったような…

改めて
今自分が生きている国の
歴史を知ることは大切だと思った。
せんじんのどりょくのうえにいまのにほんがあるのだなとおもいました

オリジナル版はだいぶ前に見たのでまたみようと思います

終戦間際に玉音盤を巡って起きた様々なドラマを克明に描いてます

当時一億総玉砕を意図して保有する船舶と航空機には燃料と弾薬を満載し後は総攻撃の支持を待つばかりだったらしいのでこの時に玉音盤が奪われていたとしたらと考えるとゾッとします!

歴史は過去の積み重ねです

もうすぐあの暑い終戦の日がやってきますね

今年もまた靖国に参拝して参ります
漏れ田

漏れ田の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結構何喋っているのかわからなかったけど、とにかく役者陣の演技が凄いです。

特に松坂桃李は名だたる大御所俳優の中で唯一の若手でありながら、大御所に引きをとらない迫真の演技だったと思う。
後半のクーデターへと行動を開始した時の狂気感凄まじい。

個人的には阿南の妻が自決した阿南惟幾陸軍大臣に語りかけるシーンが良かったです。
ヒトラー最後の13日間の日本versionと言った感じです。難しい言葉ばっかり出てわからない感じでしたが、それでもいろいろ当時の心境がわかるように見えるので役者の演技がすごいと思います。降伏か決戦かより役者を見ましょうって映画ですね。
minoninomi

minoninomiの感想・評価

3.0
後半慌ただしくそれぞれの焦り原爆やソ連の進行など時間がない印象が強くて長い日というより短い日という感じ…そこは題が邪魔をしてしまった部分。
主役級の俳優のインパクトが強すぎた…上手く内容を咀嚼しきれていないのは私の読解力不足だろうか。時間のあるときにもう一度見るのもありかな。
終戦派と戦争継続派の立場は違えど、それぞれ日本の歴史・文化・誇りを守ろうとしている姿が格好よかった
前半の話の難しさと後半のドタバタ感は、 監督の1番意図として伝えたかったところなのではと思った

存在感が悪目立ちしてしまった松坂桃李と堤真一は若干のマイナス要素
舞台になっている洋館がとても綺麗だったが、シーンがぶつ切りにされてしまうのはちょっと違和感を感じた
>|