日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

(2015年8月のレビュー)

映画としての評価とは別に、この戦後70年という節目に、このような映画が作られたことを歓迎したい。

-----------


戦争をどう終わらせるか。

始まりは簡単だ。

満州鉄道を爆破すればいい。
真珠湾を攻撃すればいい。

だけど、終わらせるのは難しい。

日清戦争も日露戦争も短期決戦の末、優位な状態で、さっさと条約を結んで終わらせた。


だが、
自分が負けているときは、終われない。どこで引けばいいのか。それとも引かないのか。ポツダム宣言を受諾するのか。それとも本土決戦で悪あがきするか。


ポツダムの受諾がもっと早ければ、原爆は落ちなかったかもしれないのに、と今までは考えていたが、この映画を見て、やはりそれは無理だったかもしれないと思った。

原爆が2個落とされても、まだこんなに揉めているんだ。早期受諾は無理だ。


日本の陸軍というはこの時期おかしくなっていた、と思う。1億玉砕とか。
「2000万人で特攻をしかければ神風が吹く」、とか、映画の中で誰かが言っていたが、どう考えてもおかしい。要は、冷静さを欠いていた。


ーーーーーーーーー

先日の安倍談話の中で、
「私たちは、自らの行き詰まりを、力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。」、という件があった。

私もそう思う。
謝罪を続けるのはもう終わりにしたい。戦後生まれの私たちに謝罪をする責任はない。
ただ、私は過去の過ちを忘れてはいけないと思う。冷静さを欠いた軍が暴発したという過去を認め、そして、それを次の世代に語り継いでいく責任はある、と思う。


その為に、このような映画が作られたことは、非常にうれしく思う。

--------

映画の中で昭和天皇は
「この戦争は応仁の乱だよ、もう15年も続いている」と仰っていた。
15年。つまり満州事変からだ。

昭和天皇の中では、陸軍が暴発しだした満州事変からが、すでにこの太平洋戦争の始まりだったのだろう。

このほか、昭和天皇のお話はナポレオンによるフランス革命(前期はいいが、後期はダメ。こうなってはいけない、と日本軍部を例えた発言)や、三国干渉時の明治天皇の気持ちに触れるなど多岐にわたり、そのたとえ話の上手さが、個人的には印象に残りました。サザエのくだりもそうですね。


ある程度、日本史、世界史を理解していないと、ついていくのが難しいかもしれない。

また、原田監督の映画ということで、基本的にみんな早口です。


それでも私は、この映画を、いつの日か自分の子どもにも見せたいと思う。


製作:2015年(日)
監督:原田眞人
原作:半藤一利
出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、山崎努
ゆく

ゆくの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

戦争について触れる機会があって、良いタイミングだと思って鑑賞。戦場や空襲など、いわゆる絵的に派手なシーンは全くないのに、役者陣の演技・臨場感がすごくて迫力があった。

改めて自分は戦争について知らなすぎるなと思った反面、だからこそ感じるものがあったと信じたい。
是非は抜きにして、この時代の日本人は信念を大切にして生きていたんだと感じた。政治の真ん中・頂点に立っていた人たちは特に、自分の中で絶対に貫いているものがあって、それぞれに想いが強いからこそ、そして互いにそれをわかっているからこその、まとまらなさ?みたいなものが印象的だった。
教科書では間違った戦争だったと、罪だったとまとめられがちで、それをなんの疑問も感じずに生きてきたからこそ、映画を通して人間らしさというものを強く感じた。信念や想いが故意に作られたものであっても、それぞれの道標や支えになっていたのかな。
過去の同タイトルの作品も見ようと思った。
MiTM

MiTMの感想・評価

3.2
宮城事件なんて知らなかった。。。
反乱軍の暴走なんてあったんだ。。
何にも知らなかった…

現代の若い私たちは第二次世界対戦を忘れちゃいけない!(もちろん以前の戦争もだけど)
まだまだ知らないことばかりだけど、
昔の人たちがどんな思いでポツダム宣言を受諾したのか>< その思いを引き継がなきゃいけないと思う!

今の日本を見たら、びっくりするだろうな😌


この映画を見て驚いたのは、
切腹って…江戸時代だけだと思ってた…ってこと!
あと…
いつもこの時代の映画を見て思うけど、
早口すぎて、聞き取りづらい!!
どうしても’67年の岡本喜八監督版と比較してしまうが、それが楽しい本作でもある。
まず’67年版は編集によりテンポを良くして常に緊張を保っていたのに対し、本作は移動場面や登場人物の日常描写などを積極的に取り入れているために比較的ゆったりした映画になっている。これは決して悪い事ではなく、本作は題材が題材なだけに情報量が多いため、こうした場面を作ることで脳の休憩時間が入れられ、情報量の多い映画に慣れていない人には観やすい映画になっていると私は思う。
また、’67年版とまったく同じ場面やそれでは取り上げていなかった場面も多く見られ、比較や補完するという楽しみ方も十分にできた。
しかしゆったりした場面を多く入れたことで、畑中が決起の仲間集めをする下りや全ての会議の下りが非常に短くなってしまい、物語が盛り上がりや緊張感に欠けるものになってしまったのが残念である。
役者陣に関しては松坂桃李さんが演じた畑中が素晴らしかった。あの顔つきや公共の純粋なイメージを持たれる彼が演じたからこそ、畑中の持つ狂気にも似た純粋な信念がより浮き彫りになっていた。
昭和天皇を演じた本木雅弘さんも良かった。’67年版では撮られた時代が時代なだけにはっきりとした姿が見られなかった昭和天皇を、静かでありながらも、その威厳を佇まいや振る舞いで見事に表現しており素晴らしかった。と言うように、近年の映画だからこそ見られる場面なんかもある上に、楽しめる映画でもあるので一見の価値はある。
改めて国のあり方について考えさせられた映画。

友人は昔の方が良いというので是非昔の作品も見てみたいです。
ayu

ayuの感想・評価

3.3
ドキュメンタリーを観ているような作品だった。
衝撃的なシーンが多かったが、実際の戦時中はこんな感じだったのかと思うと、今の平和が有難いと思ってしまった。
joker

jokerの感想・評価

-
一生忘れられない作品です。
原田監督、ありがとうございます。
めずらしく東條英機を力強く肯定的にもみれるように描いた映画。なお中だるみはある。
OTO

OTOの感想・評価

3.9
終戦までの一日(24時間)を淡々と描いているのだが、それがかえって緊迫感をもたらしている。

終戦で「めでたし、めでたし」かと思いきや、阿南をはじめとする軍人は次々と自決。これが当時の日本なのだとあらためて衝撃を受けた。

クーデターを画策する青年将校役、松坂桃李には少し荷が重かったような気が。狂気が薄かった。
淡々とポツダム宣言受諾の舞台裏が描かれている。覚悟が決まってるからではなく弾丸を打ち込みもう早戻れなくなってしまった方が強い
>|