日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

ネットフリックスにて鑑賞。レンタルもやってます!

 観たかった作品の一つ!!8月15日の終戦の日近くに観るべき作品でしたが、多忙のためなんとか8月末日に観ることができました。

 玉音放送が流れるまでの前、原爆も落とされ窮地に立つなか、日本降伏か本土決戦かギリギリまでの閣僚の緊迫した議論の駆け引きの驚きと、一部の兵のクーデター発生の緊迫した状況の表現。すごかったです。脚色があったとしても、細かく表現されていてじっくり集中してみることができました。
 名作である「シン・ゴジラ」の議論などのシーンはこの作品を参考にして作られていたそうですが、納得といえる緊迫感でした。
 昭和天皇の難しい決断の苦悩も、本木さんが見事に表現していましたなぁ。

 長く語り継ぐべき作品だし、全国民みんな思うことですが、
 戦争はやってはいけませんですな。

 誰も得をしないことを、この作品を観て改めて実感させられました。
g

gの感想・評価

3.7
阿南陸相。敗戦という、自らも納得できなかったろう状況を前にして、天皇や総理の気持ちを受け止め、暴発しそうな陸軍兵の気持ちを何とか抑えようと孤軍奮闘する。「突入せよ浅間山荘事件」で、同じく役所広司が演じた佐々を遥かにしのぐ、究極の板挟み状態だ。この辺りの描写、お話のもっていきかたがこの監督らしい。戦争の実録というだけでなく、物語としての面白さをこの題材の中にしっかりと見出だしている。

始まり出した沖縄戦に身を投じて死のうと考えていたという阿南陸相が、戦地の中にではなく、平和の実現のための戦いに身を投じ、そこに自分の最期を見出だしていく姿は何とも男らしく、切なく、格好いい。
そんな男の厳しさ、温かさを言葉や表情の端々に感じさせるように演じた役所広司。本当に素晴らしい。
Naoki

Naokiの感想・評価

4.5
ドキュメントではないので筆者の多少の脚色はあるかも知れないが、日本の、戦争の終わらせ方がよく分かる名作だと思う。

あらゆる意味において、戦争は無知の賜物である、ということがよく分かる作品だった。
役者さんが良かった。中でも本木雅弘の昭和天皇が良かったです。一度は見ておきたい作品だと思う。
前作の天皇はぼやっとしか出てこないのですが、今回は天皇役として本木雅弘が(演技とても良かったです)
そして阿南陸軍大臣と言葉を交わす場面、大臣とその家族のドラマなどが含まれています。
全体的に聴き取りにくい会話が多かったように思い、そこが残念でした。
むう

むうの感想・評価

4.4
日本人なら必ず見るべき一作。
重たいテーマに取り組む俳優陣の演技が迫力半端じゃない。現代日本に至る大きな転換点を迎えた8月15日について改めて考えさせる作品。
Buri2

Buri2の感想・評価

4.0
------------------------------------------------------------------------
原題  :日本のいちばん長い日
製作年 :2015年
製作国 :日本
配給  :松竹、アスミック・エース
上映時間:136分
監督  :原田眞人
------------------------------------------------------------------------

ーあらすじー
1945年7月。太平洋戦争での戦況が悪化する日本に対して、連合軍はポツダム宣言の受託を迫る。連日にわたって、降伏するか本土決戦に突き進むかを議論する閣議が開かれるが結論を一本化できずにいた。やがて広島、長崎に原爆が投下され、日本を取り巻く状況はさらに悪くなっていく。全国民一斉玉砕という案も取り沙汰される中、阿南惟幾陸軍大臣(役所広司)は決断に悩み、天皇陛下(本木雅弘)は国民を案じていた。そのころ、畑中健二少佐(松坂桃李)ら若手将校たちは終戦に反対するクーデターを画策していた。


ー感想ー
1967年に公開された岡本喜八監督による【日本のいちばん長い日】の同名である本作。原田眞人監督が1967年版から構想し直したリメイク作品という位置付けの作品ではあるが、比較しながら鑑賞してみると一つ言える事がある。それは「本作は単にリメイクされた作品とは言い切れない」と言うことだ。なぜそう思ったか?というところから私なりに解説していく。
まず、岡本版と原田版では決定的に異なる点がいくつか存在する。一つ目は構成の違いである。岡本版はタイトル通り「いちばん長い日」という点にのみ着目しているのに対し、原田版はその長い日より数ヶ月前の場面から幕を明ける。原田版がこのような構成を選んだ理由は後述するが、原田眞人監督が1967年の岡本版の鑑賞した際に首を傾げた点を改善させる為にこのような作りになった。二つ目は昭和天皇の描写である。原田版では本木雅弘が実在した昭和天皇を熱演し語の輪の中心にいると言っても過言ではないほどに登場するが、岡本版ではほぼ登場しないに等しい。正確に申せば登場はするが後ろ姿のみが映る程度で真正面から捕らえていない描写なのだ。昭和天皇の描写を多く使用した展開に仕上げたかったそうだが、制作当時、昭和天皇がご存命だった為、差し控えられた最低限の登場だった。(ちなみに岡本版で昭和天皇を演じた役者は八代目松本幸四郎だった。私は全く気付けず・・・。)そして三つ目の異なる点が大きな比較点となる。それは各登場人物らの描写にある。戦時中に内閣や軍隊で指揮を執った彼らにも家族はあり、各々に思う心情があった。その面を全面的に強調するような作りになっているのがこの原田版である。
さて、ここまで比較の解説してきたが実際の感想はどうだったかと言うと充分な出来に仕上がっている力作だあったと思う。しかし全面的に絶賛するというわけでもなく原田版否定派の思うところも理解は出来る。前述した相違点がありながらも世間では「リメイク作品」というレッテルが貼られているので、岡本版支持派からすると心には響づらかったのかもしれない。両方に良い面・そうでない面は持ち備えているが、それでも原田版が劣っているかと言われれば断じてそんなことはないと声を大にして申したい。
原田版では「彼らの日常」が多く垣間見れるシーンがある。この戦況下ながらも娘の晴れの挙式をなんとか成功させようと配慮する阿南。後に「聖断」を下すことになる昭和天皇は挙式が無事に挙げられたか?と心配する一面も描かれている。鈴木は内閣総理大臣の就任に際して、息子が仕事を辞して秘書を務めるなどといった家族ならではの描写が見られる。当たり前のことなのだろうが、この戦況下であっても家族との交流や日常を描くことで観客はより親近感が増すということに成功していると素直に思った。
対して畑中少佐はどうだろうか?ポツダム宣言の受託に迫られる日本の将来の選択が近くに連れて徐々に祖国の敗戦を遠ざけるような行動を進める彼の日常や家族の描写は一切描かれていない。その代わりに描かれたものは彼の「愛国心」というひたむきなものだった。邦画・洋画を問わず戦争映画では熱心な軍人=悪というイメージが誇張された形で描かれることは少なくはない。実際に本作で描かれている畑中少佐ら陸軍の一部の人間はこのような描かれ方がされているようにも見える。だがここで言いたい。本当にそうなのだろうか?彼らは国から教授され連戦連勝の大日本帝国に敗戦という日がやってくるということは想像もしていなかったかもしれない。彼らが最後に起こしたクーデターはテロのように思う観客もいるかもしれない。それでも彼らが生まれ育った我が国を思う気持ちにはなんら偽りはなく、彼らの情熱こそが今の日本を作り上げてきたのだ。この想いを胸に掲げた彼らこそが現代日本の礎となっていると思うと、彼らの最後の勇姿に胸が苦しくなる。
情熱と狂気が入り混じった彼らと対比した主な人物は阿南陸相である。己の気持ちを沈め、昭和天皇の意を第一と彼なりの責任をとった。現代を生きる観客からすれば「なにも、そこまでしなくとも・・・」と思ってしまえるほどの責任感を貫き通した彼に対してやりきれない気持ちが込み上げるのだ。この気持ちを助長している点こそ、原田版の「心情・家族・日常」の描写であるのだ。責任ある地位に属しながらも一人の成人男性としての心情を前半部に知り得ている我々こそだから、このような感情が生まれるのだ。そういった観点からでも原田版のこの「英断」は間違いでなかったと思える。
ただし映画としての魅せ方に些か疑問に感じた点もある。この畑中少佐を演じた松坂桃李はまさに熱演であり、個人的には絶賛したい演技力を魅せてくれたのだが、クーデターの渦中での彼の目と顔つきが完全にテロの首謀者のように感じてしまうのだ。特に挙げたいのは上官に対し何の躊躇いもなく銃を向け発砲した時の畑中少佐のその画は完全に「テロの首謀者」である。違った視点から描き、もう一つの工夫を凝らしていればまた違った感情が込み上げることがあったと思う。
単に「リメイク作品」と称したくはない本作だが、敢えて言うのであれば岡本版は「狂気」であり、原田版は「理性」という言葉が似合う作風だったと思う。名作と名高い岡本版に敢えて挑戦した原田眞人監督とその役者、そして本作の制作に関わった全ての方々に賛辞を贈りたくなるような意義ある平成版の「日本のいちばん長い日」であった。


ーあとがきー
現在の邦画業界で最高峰の力が集結し制作された本作。本作のテーマ以外で思った良き点としては原田組の美術のレベルの高さである。原田眞人監督の前作【駆込み女と駆出し男(2015年)】でも、時代の雰囲気を壊さないどころかその美しさに惚れ惚れするような画作りと小道具への気の遣い方に感銘を受けた。そのレベルの高さは本作でも健在であり、絶妙な時代設定ながらもスクリーンに写っているものが本物と思える数々に安心感を覚えた。
また、原田眞人監督特有のスピード感あるカット割りもしっかり使用されている。136分という大作ながらもこのスピード感の甲斐あってか飽きることなどない緊張の糸がエンドロール終了まで切れることはない。原田眞人監督は邦画界で第一線で活躍する監督として相応しい一人であるという確信は、今夏公開の【関ヶ原(2017年)】への期待へと変わった瞬間だった。


Buri2的@採点
75点 / 100点
A

Aの感想・評価

-
テレビの再現VTRを観ているかのような、カット割り。本当に独特。
>|