日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

Junpei

Junpeiの感想・評価

3.8
元々を観てる身としてはリメイクは嬉しかったが史実と違うシーンがあることなど残念な点が多い。あともう少し汗など汚さも欲しかった。
アマゾンビデオにて初鑑賞。岡本喜八版は未鑑賞です。
評判通り松坂桃李の演技は素晴らしい。細部の所作、京都御所などの効果的なロケ、緩急のつけ方など全体的に好印象です。
Chiho

Chihoの感想・評価

-
授業で観た。
基礎知識がないせいで理解できない点が多かったから勉強してからまた観たい。
とろろ

とろろの感想・評価

3.6
普段、ドラマなどでは終戦を示すものとして玉音放送のワンシーンで語られてしまうポツダム宣言受諾に至る道のりの困難が、いろんな思惑が複雑に混じり合いながらも淡々と語られる。
難しいし重苦しいしつらいけれど、それだけの出来事があの瞬間までにあったことは知っておきたい、知ってほしい。
オリジナル映画版の方は見てませんが改めて見てみたい。
『ウィンストン・チャーチル』を鑑賞してこの映画を思い出さずにはいられなかった。劇場で観た以来、二度目の鑑賞。
この手の映画はどうも複雑な感情になってしまう。誰もが苦しい時代だったのだと。

難しい言い回し、早い台詞、役の多さ、時代背景やそのときの政治家を事前知識として頭に入れておく必要のある映画。
ちょっと長くて小難しくややこしい内容だけどそれを感じさせることなく観れた
オリジナル未視聴なので観ないと
直前に岡本喜八版を鑑賞した上で。
たたみかけるようなリズム感は岡本喜八版の方が好みなのですが、原田眞人版は台詞回しがやはり現代風になる分聞き取りやすいのかも。
松坂桃李氏の演技に好感が持てました。
崩壊

崩壊の感想・評価

3.7
終戦へのそれぞれの立場や思いが錯綜し、とても考えさせられる内容でした。終戦の結果を生きる私達が感じるべきものがあると思います。
みっき

みっきの感想・評価

4.1
これは終戦前の短い期間を扱ってるということもあって、前知識が無いとついていけないかも。
私もちょっと勉強しておいたけど、何とかついていけたという感じ。

印象に残ってるのはもっくん(本木雅弘)の天皇役と松坂桃李の血気盛んな青年将校役。

天皇役は本当に難しいし、歴史的に見てもちょっとアンタッチャブルな領域だったりするからどう表現するのか見ものだったけど、淡々とイメージを裏切らず好演していました。
日本の本音を言えず決められない議論が再現されてて、負けることが分かっていたのに何でもっと早く平和的解決できなかったのかともどかしくなる一方でした。
後半になって軍部が暴走してきて、桃李が血走った目で銃を打つシーンがあって今までの二枚目イケメンの桃李のイメージが変わりました。こういうギャップある役をもっと見たい!
彼にとっては大きく成長できる作品になったんじゃないかな〜?
DcatcHerK

DcatcHerKの感想・評価

4.0
1967年版の重厚さに比べると物足りなさを感じるが、原田監督のせいではないと思う。
映画を作るためにかかる時間が短くなっているし、作品自体の上映時間も短くなっていると。
それでも、原田監督は混迷した状況の中で、時代に人間が動かされていく姿をしっかり描いていた。
三船敏郎さんが演じた阿南陸軍大臣とは違って、もっと人間臭い阿南陸軍大臣を役所広司さんが演じ、戦争継続を狂気したように訴える陸軍士官を松坂桃李くんが演じていたが、すばらしい、迫真の演技だった。
最近の松坂桃李クンの幅広い役柄と演技には、本当に感心し、応援したい。
山崎努さんが演じた鈴木貫太郎首相は、混迷の中にあって戸惑いからか滑稽に映るようにも見える人物として描かれていた。人間はシリアスな状況下にあっても、本当はこういう感じなのだと、妙に納得できる気がした。
>|