日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

    岡本喜八版も見たい。「モノマネ」よりもキャラクターとして史実人物を描く原田眞人の意図。会議や面談シーンが多いのに、画が飽きないようなカットが工夫されてると感じた。構成がだれないように箸休め的な「可笑しい」シーンもタイミングよく挟まれている。

    耳も遠い体調の鈴木以外「他にいない」。「また狙われるな」鉛弾も金の玉は通さない。ジリ貧ですら陸海の勢力争い。煮魚の火加減。政務的口上の専門性。「まず軍服を脱ぎ、しかる後に行え」。サザエの殻とナポレオンは監督の工夫、奏上中に立たせるのも映像優先。subject to翻訳。独断。言葉尻にこだわっちゃうのは官僚機構の非現実的な部分。立場で喋っていた、と自決前に打ち明ける阿南。楠木正成の真の教えは家族を大事に。「行く」でなく「戻りたい」だとおっけー「言い方の問題でしたね」。放送局職員の抵抗。自殺方法いろわけ。

    幕藩体制、明治維新後の時点で(例えば東北の扱いなど)構造的な問題を抱えていた日本国の歴史的展開が、特に煮詰まった終戦直前というので各登場人物の苦悩もかくやというもの。その苦衷の中で次代の若者に未来を託して決断していった様を見ると、戦後資本主義の中で人的にもミーム的にも胸を張って継承できているか危ぶむ気分も。
    普通のダメな映画
    もっくんと松坂桃李の演技はいいが、いかんせん演出のテンポが下手
    字幕つけて読み込みながら見た。

    ポツダム宣言を(内閣では)受け入れてから玉音放送までが本当に長かった。

    一番の英断は阿南大臣が来るまでに時間制限を設けたことだと思った。畑中を止める方法はあれしかないと思う。

    最後放送局の場面、あれは放送されたのだろうか??
    されてないよね??

    みんなそれぞれの立場や考えがあったけど、角度は違っても行き着く際は日本の未来のことなんだよね。
    鑑賞日15.08.13
    意外にも、悲劇性を強調してきた戦後の戦争映画というイメージは無く、活劇の高揚感が全面に漂う。この作品を観て多少は、終戦間際の日本の緊張感と、要人各々が命がけで動いた政府内部の様子をイメージすることが出来た。

    この作品、昭和46年にオリジナル作品があったことを観終わってから知った。当時の様子が薄れていない、リアルさがあるものかもしれないが、当然オリジナルとの比較なんかできない。原作まであるので、著書を読んでおけば、より深く鑑賞できて印象が変わったかもしれない。

    本編では陸軍の宮城事件が起きるまでが大きなポイントとなり、ポツダム宣言受諾に断固反対する姿勢が貫かれた描写になっている。歴史に敗戦の事実を残させまいと、軍の誇りにかけて徹底抗戦。しかし、政府は着々と終戦の段取りを進める。

    小学校の授業で、「敗戦」ではなく「終戦」と教わったのは何故だろうか。天皇や政府はこの事実をどう後世に残そうと決めたのか。降伏するということは、日本は他国の奴隷になるかもしれない。考えるだけで恐ろしいが事実を受け入れて、戦争を終えようとする。

    キャストは実力派俳優陣がずらりと並ぶが、役所広司は様々な作品に出ているため軍人姿や切腹シーンなど、「またやるんですね・・・」という具合で新鮮味が無い。驚くべきところは俳優というより、セリフの多さ。誰もが早口で滑らかに喋るのでキビキビ進む。しかし意外とユーモアある会話や比喩が豊富で、観ていて疲れない・・・と思ったがいささか忙しいかもしれない。

    戦争を知らない人間として、こういった戦争映画を鵜呑みにして物を語るようなことはしたくないが、あくまでも参考イメージとして、そして日本の映画として良い作品だと思えた。作品に感謝したい。
    歴史背景に詳しくないとよくわからない
    「一死を持って日本の真の生き方を示す」
    狂乱の時代。
    善悪はともかく、皆が職務に命を賭けていたのがよくわかる。
    終戦日、戦争を始めるにも原因はあるけど、終わらせるにも国民を納得させる言葉が無いと、亡くなられた遺族は報われないですね。

    今また東アジアはきな臭い情報がメディアから流れてくるけど、戦争で人を殺めても殺人ですよ。
    争い事の無い時代は永久的に来ないのでしょうか?
    >|