日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

KeN

KeNの感想・評価

2.8
テレビ朝日の録画にて初見。

「まともな兵器はもう残ってはいないんだねぇ…」
「まともな思考力はもう日本には残ってはいませんよ。」
「しーっ…鍋の火加減は慎重に。小魚はすぐ煮崩れするから。」
by 鈴木総理大臣と迫水内閣書記官長の会話

一昨年の終戦記念日の前日にテレ朝で放映されたものを今さらながらに鑑賞。半藤一利の原作で岡本喜八監督が以前に映画化しているようだが、残念ながら どちらも未読・未見で今作で観るのが初めて。岡本監督の作品も三船敏郎をはじめ 豪華なキャスティングであったようだが、この原田眞人監督の作品の方も、役所広司や本木雅弘、堤真一、山崎努などの実力派の俳優が出演していて 顔ぶれは豪華。昭和天皇役の本木雅弘と鈴木貫太郎を演じた山崎努の演技がいい。
しかし、先述のごとく原作を読んでいないので何とも言えないが、なんか今一つ焦点の定まらぬ演出で、結局 終戦に反対しクーデター未遂事件を起こした陸軍や近衛師団のエリート青年将校たちの行動や阿南陸軍大臣の自決とかをある種“美化”するような描写になんか後味の悪さを感じた。
いずれにせよ、ちゃんと半藤一利の原作を読んでみたいし、岡本喜八監督の同一タイトル作品を観てみたくなった。
隼人

隼人の感想・評価

3.7
高校生のころ映画館で観た。観ながら、もし自分がこの時に政府のそこそこのポストに就いてたらどういう行動をしただろう?って妄想してたのを思い出した。あと、東條英機って誰が演じてもそっくりなのはなんでだろう。
bobotch

bobotchの感想・評価

3.3
日本がポツダム宣言を受諾し、降伏に至るまでにこんなにも様々な立場の人たちの思いがぶつかりあっていたとは知らず…

全体的に展開が急に変わるなど起伏のある映画ではなく、退屈に思う人もいるかとは思うが、一度は観ておいていい映画だと思う。

聞き慣れない難しい言葉がたくさん出てくるので、字幕付きで鑑賞するのがおすすめ。
ドンパチやり合うような戦争映画ではなく、太平洋戦争終盤から終戦へと向かうまでの密度濃い経過を写した映画でした。学校で見せたら勉強になると思いました。
しぃ

しぃの感想・評価

5.0
昭和天皇が戦争を早く
終わらせたかったてゆうのが
よく分かる。
盛島望

盛島望の感想・評価

3.5
宮城事件、お恥ずかしながら知りませんでした。終戦の日にこんなことがあったんですね。一億総玉砕。恐ろしい。あの青年将校たちは、エリートで頭脳明晰だったのでしょう。今の時代に生きていたら、きっと偉業を成していたのではないか、、、戦争は何も生みません。

映画は重いテーマですが、暗くなく映像も綺麗で淡々とストーリーが進んでいきます。もっくんの昭和天皇も品があり良かったです。聞きなれない言葉がたくさん出てくるので難しいと思いましたが、やはり日本人として知らなくてはいけない史実、観ておきたい映画だと思います。
歴史として大事な話というか、日本人として知っといてもいい話。
日本が敗戦するって裏にこれだけの動きがあったんだなーって素直に感心。


映画として考えれば少し退屈。
最初からあんまり話が変わらないし、これと言った盛り上がりもないしクライマックスも地味。内容的にしょうがないけど。

娯楽映画っつーよりみんなに知ってほしいって感じの映画だと解釈するけど、映画として考えれば俺はあんまり好きじゃないなー。
正直、途中少し居眠りした。
ほ

ほの感想・評価

3.1

日本史上、最大の決断と言っても過言ではないポツダム宣言受諾。


確かに、音楽は大きいのにセリフは声が小さくしかも早口で聞き取りにくい。


そして淡々と進んでいくのでエンターテイメントとしての抑揚には欠けるかも。


しかし間違いなくあの日があったから今日がある。
なお

なおの感想・評価

4.0
変な感想かもしれないが、面白かった。いや、その一言で片付けてはいけない気がするけれど、でも、他にどう表現したものか・・・
でも、観て良かった作品だと思う。
しば

しばの感想・評価

3.6
東條さんソックリ!内容もよかったです 劇場で見れてよかったな
>|