チーズマン

杉原千畝のチーズマンのレビュー・感想・評価

杉原千畝(2015年製作の映画)
3.0
不勉強で、知らなかったので良い話だなと思ってその事実には感動したし、杉原千畝という人物を知っていく面白さはあった。素晴らしいことだと思った。

映画としては全体的にどこに照準を合わせてるのか分かんなくていまいち入り込めなかった。ビザ発給シーンでの置いてけぼり感はなんだったんだろうか。
堂々とした映画っぽく…を意識し過ぎて逆に変に不自然になってしまってるのを映画全体から感じがした。

唐沢寿明と小日向文世の2人きりのシーンとかは良かったと思う。