たますけ

母と暮せばのたますけのレビュー・感想・評価

母と暮せば(2015年製作の映画)
3.5
井上ひさしの遺志を山田洋次監督が受け継ぎ、原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。

初頭の被爆シーンは、今まで見たどの原爆映画より怖かったです。本当に肌に刺さるくらいリアルに視覚的に一瞬で「死」を感じさせてくれた。
死者が戻ってくるというファンタジックな設定ながら、映画と言うより舞台を見ているような雰囲気はやはり井上ひさしさんへのオマージュだったのでしょうか。とても独特でした。
映画館で何人も泣いている人がいましたっけ。
吉永小百合が演じた母親が、新しい生活を選んだ息子の婚約者の町子を恨み、「あの娘が代わりに死んでくれればよかったのに。」とつい本音を洩らすシーン。。。
理不尽なことで息子2人を失った母親の怒りとどうしようもない悲しみを感じて、思わずグッときました。

でもエンドロールの合唱は要らなかったかなぁ。汗