母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

nakaharu

nakaharuの感想・評価

2.4
物語に上がり下がりがあまりなくて、唐突に終わった感じがした。最後の演出も個人的には好きでない。でも、原爆の残酷さを他とは違った視点から描いていた点が良かった。
ポチャ

ポチャの感想・評価

4.5
意外にもすごくよかった。変テコだし幽霊だし宗教映画だし。好き
AKE

AKEの感想・評価

3.6
やっと観たかったこれ観られた!

ニノってやっぱり演技が上手い。アイドルっていう色眼鏡でみちゃう所あるけど、それでもやっぱすきな俳優の1人!(本人は自分はアイドルだって言うけどね)

設定としては結構斬新なところがあるのに、無理なく現実感を帯びて物語が入ってくる。残す方も残される方も辛い。
戦争を知らない私にとって大事な映画だって思います。
つらすぎ。
多分ラストはそうだろうな~と考えた最悪のパターンで終わった。
壮大な合唱は意味不明だったけど、戦争で失った尊い命を表してるのかな?
み

みの感想・評価

3.5
特に捻りがあるわけではないけど、感動した。あたたかい気持ちになる。いいラストでした。
>|