母と暮せば(2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山田洋次
    脚本
    山田洋次
    平松恵美子
    キャスト
    吉永小百合
    二宮和也
    黒木華
    浅野忠信
    加藤健一
    本田望結
    広岡由里子
    小林稔侍
    辻萬長
    橋爪功
    あらすじ
    1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

    「母と暮せば」に投稿された感想・レビュー

    ぴょん子
    ぴょん子の感想・レビュー
    2日
    2.5
    期待しすぎていたのもあるかもしれませんが、あまりでした。
    途中まではすごく良く進んでいたのに、突然話が進みすぎて、感動出来ませんでした。
    夢野猫
    夢野猫の感想・レビュー
    5日
    3.0
    井上ひさしの戯曲『父と暮せば』に対する山田洋次監督のオマージュ作品。
    舞台を広島から長崎に、父を息子、娘を母に置き換えている。
    カメオ出演的に豪華な役者が顔を見せ、一寸した遊び心が伺える配役も有り、まとまった作品だと思うが、個人的にアノ終り方は好きになれない。
    ゆっち
    ゆっちの感想・レビュー
    2017/04/20
    3.6
    何かわからんけど最後、両目から幾筋もの涙が出て止まらなかった。何でやろう。

    長崎の方言ってこんなに変じゃない。もっときっちりして欲しかった。思わず笑ってしまったやないか笑
    maco
    macoの感想・レビュー
    2017/04/19
    3.3
    穏やかな話で親子の会話が中心
    前半でラストの予想はついちゃうけど、残された人は前を向いて幸せにならないとね
    老いた母には穏やかな幸せな最後なんだろうなと思うし、町子の決断に安心したんだろうなとも思う
    てやん
    てやんの感想・レビュー
    2017/04/19
    4.3
    時代設定がまぁ戦争だから悲しい場面も多いけど、ホッコリもありつつ。
    K
    Kの感想・レビュー
    2017/04/18
    -
    🔖
    ゆうか
    ゆうかの感想・レビュー
    2017/04/16
    -
    記録
    mogutaga
    mogutagaの感想・レビュー
    2017/04/16
    3.3
    やっぱりお母さんだな。
    >|