母と暮せばの作品情報・感想・評価

『母と暮せば』に投稿された感想・評価

たか

たかの感想・評価

4.0

途中までは想定通りでしたが、最後は感じ入りました。さすがは母役・吉永小百合さんです。周囲に気を使い過ぎず、言いたい事はちゃんと言う、それでいて礼儀をわきまえている、同時に洞察の深さなど怖い一面もある…

>>続きを読む

BS12の正月特番「吉永小百合特集」を録画して、昨日の『母べえ』に続いて当作品を鑑賞しました。残念ながら『母べえ』の方が良かったですね。
吉永小百合は絶対的な安定感ですが、一方の二宮和也はやはり“ア…

>>続きを読む
kassy

kassyの感想・評価

3.5

長崎に落とされた原爆により息子を失った母と彼女のもとに現れた死んだはずの息子とが過ごす少し不思議ながら幸せな日々を描く戦争ドラマ。残された母、夫も二人の息子も無くしてしまい、生きる希望が無くなるのが…

>>続きを読む
Nishiumi

Nishiumiの感想・評価

3.0
戦争で家族を亡くした悲惨な生活をファンタジーでマイルドに描かれている。出てくる人は皆苦労しているのに、思いやりがあり助け合う様が美しい、さすが山田洋次。
二宮くんの演技も吉永小百合さんの演技も凄く惹き込まれるものがあり、終始涙が止まりませんでした。素晴らしい映画でした、この映画に出会わせてくれて感謝を贈りたいです。
楓

楓の感想・評価

3.0

昔映画館で観たけど地上波で二回目。
あまり覚えてなかったんだけど、原爆が落ちる時ピカって光って瓶が溶けるシーンがすごく印象に残ってた。
吉永小百合さん素敵だしニノの演技も素晴らしいのだけど、なんだか…

>>続きを読む
yuka

yukaの感想・評価

4.3
長崎に原爆が落とされた。
息子が生きていると信じ探し続けた母のもとに
幽霊となった息子が現れ、思い出を語り合う。
odyss

odyssの感想・評価

3.0

【戦争直後の長崎】

BS録画にて。

原爆投下で死んだ長崎医大(現・長崎大学医学部)の学生(二宮和也)が、幽霊(?)になって、夫と長男(二宮和也の兄)を亡くして助産婦をしながら一人暮らしている母(…

>>続きを読む
りょう

りょうの感想・評価

2.5

作中常にどこか物悲しい。感情の起伏が目立たない山田洋次らしい作品だと感じた。

エンディングの映像だが、誰かがこのサイトに残した「集合体恐怖症には辛い」という言葉のせいでそれにしか見れなくなった。ど…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事