母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

いい映画でした
ooyan

ooyanの感想・評価

3.7
お正月のしたくをします。
chiyoko314

chiyoko314の感想・評価

3.4
涙が出たのは最初の白黒のシーンだけ。

ラストは涙は出なくて、ほっこりとした温かな空気に包まれてる感じ。
よかったね、お母さん。って言ってあげたい。
Nancy

Nancyの感想・評価

5.0
素晴らしかった。山田洋次監督が戦争の悲惨さを遠回しに左翼的な発言もせず教えてくれる。最後は幸せになれてよかった。
さと

さとの感想・評価

5.0
豪華な場所と、
緊張感と、
フィルムでの上映。
映像と音が今までの映画とは違った。
MOEKO

MOEKOの感想・評価

3.8


8月9日に観ることが出来て良かった。


戦争は決して終わることがないのだと思う。傷跡も記憶も、思いも消えない。
生き残った人の葛藤や死んでしまった人に対する申し訳なさ、それでも生きていくという覚悟が、どうしようもなく泣けた。

「父と暮せば」の方が物語的にも映画的にも好きだけれど、こちらも観て良かったと思う。
K

Kの感想・評価

3.6
泣けた。
上海の叔父さん…。
婚約までが早かったな。
>|