母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

ちょこ

ちょこの感想・評価

5.0
戦争は悲惨だ!と押し付けることが一切ない。
ただ淡々と人々の暮らしを描いているからこそ、心に刺さって堪らなかった。
Miyu

Miyuの感想・評価

3.8
2018/09/14
開始数十分でにの演じる浩二が原爆で亡くなり、三年経って霊として現れる。
登場人物が少ないし、同じ家で会話するだけのシーンが殆どですが、それぞれの演技に引き込まれて飽きずに見れました。
生きたかった、生きていて欲しかったという思いが感じられる場面は泣ける。
ウタ

ウタの感想・評価

3.9
良い映画だった。
派手さはないけど、ただ淡々と「生きるという事」に焦点を当てた「反戦映画」。

作中には、死者と新しく生まれてくる命、光と闇、富と貧困等の対比がふんだんに盛り込まれているので、そのコントラストが気づかない内に心に痕を残していきます。
様々な対となるもの…それが複雑に絡み合い、巡り、この世は成り立っていると改めて実感。

原爆や戦争の非情さを上から目線になることなく説き、すんなり入ってくる手腕は監督と役者達の力なんだろうな。

今の日常が当たり前になっている、若い世代にも是非観てほしい作品です。
マイ

マイの感想・評価

3.7
ニノが出てなかったらぜっっっっったいにみることなかっただろう映画
よく考える機会になった
ayaka

ayakaの感想・評価

4.0
📖 ★★★★☆
🤣 ☆☆☆☆☆
😢 ★★★★☆
😱 ☆☆☆☆☆
🤩 ★☆☆☆☆
💏 ☆☆☆☆☆
吉永小百合と二宮君と黒木さんの演技がそれぞれ物語に感情を自然と運んでいってくれる。三人の人生を上手に一本に織り成して表現してくれた映画。最後の近所のおばさんの客観視が一つの物語に二つ目の解釈を生んでくれる。細部まで細かく作られた映画。
hiroki

hirokiの感想・評価

2.5
記録

アカデミー作品ではあるが、
何故かあのファンタジー要素が受け付けれなかった。ニノの演技はさすが!
みなみ

みなみの感想・評価

3.8
ニノよかった☺️☺️
でも母が息子の幽霊すんなり受け入れすぎ
bandu

banduの感想・評価

3.5
メンデルスゾーン笑

私的にはいい話っていうかホラーな展開だった。まぁ、そうなるよねっていうかんじではあったけど。

吉永小百合さんの演技が全部自然で素晴らしい。
二宮さんも方言に最初違和感覚えるけど、だんだん様になってくる。
黒木華ちゃんもすごく時代にマッチしてて、雰囲気がすごく良かった。

ストーリーとして、最終的な展開はなんとなく分かってたから号泣まではいかなかったけど、感動しました。
ただ、最後の最後のシーンだけが納得いかない。無理やり感が否めないし、わざわざいれなくて良かったのになぁって感じ。

雰囲気とか展開とかは丁寧に作られてるから、それぞれの役が抱いている感情の変化になんの疑問も持たず共感できた。
要するに、全然強引な展開じゃないってことです。笑
登場人物が少ないのもまたいい。
kazue

kazueの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原爆が落とされた瞬間、インクが溶けたり、ガラスの破片が辺りが見えないくらい飛び散ったりしていたのが印象的だった。原爆はこうやって人を殺したのかと思った。

町子と浩二が腕相撲して、浩二が町子の腕をぐっと引き付けるシーンが好き。
>|