母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

ちお

ちおの感想・評価

3.5
ラストが無ければ良い映画だったんだけど‥(´・ω・`)とりあえずにのが可愛かった。今と変わらない日常がそこにあった。なんら変わらない日常が。でも原爆で突然奪われた。その後のお話。泣けた‥。
hotkeiko

hotkeikoの感想・評価

2.5
絶対にここはいらないっていう謎のシーンが多々あった。監督に誰も逆らえないんだろうけど、古臭い演出は無い方がよかった。
もう少し、ニノに自然に演技させてあげてたら、もっといい映画になったはず。
Tutti

Tuttiの感想・評価

3.8
戦争、原爆がテーマである中、長崎を舞台にした映画って新鮮に思えた。
違和感を覚えた、エンディング…ってレビューを多々見かけましたが、キリスト教っていう要素を考えれば全て納得できる内容だったように思う。

なぜ「暮らせば」なのだろうと思っていたけど、泣きも笑いも全ての時間が暮らしなのだと気付かされた。
小池百合子さんがキレイだなぁ〜
UCullen

UCullenの感想・評価

5.0
戦争で人を亡くした悲しさだけでなく"生きたかった"という悔しさに触れた気がした。涙が出た。
お茄子

お茄子の感想・評価

3.7
おーいラスト??ってなったけど、ゴリゴリの戦争物は心の準備しないと観れないけど、この作品は丁度よかった
みなお

みなおの感想・評価

1.0
つまらない。
感動ものではないね。
結局、ホラーかい!みたいな。

吉永小百合はキレイだけど
演技はやはり下手。

全体的に台詞回しが不自然すぎて
話に入りきれない感。
ぬぬ

ぬぬの感想・評価

3.3
母親が亡き息子の亡霊と生前の思い出を語り合う心温まる話。吉永小百合さんの演技がとても自然で素敵でした✨また二宮くんとの台詞の掛け合いも息があっていて、違和感が無かったです!ワンカットの長台詞が多くてびっくりしました!役者さんって大変だな💦
吉永小百合さんは今度「北の桜守」の舞台挨拶を観に行くので、直接観れるのが楽しみです🎵私も彼女の様に綺麗に歳を重ねたいです✨
mymadoka

mymadokaの感想・評価

3.5
死んだ人とも話せる日がくればいいなぁ。


それなら死ぬのも怖くない。
AKINKO

AKINKOの感想・評価

3.0
見やすいが、ラストが。
現実的なのか、ファンタジーなのか。
振り切って欲しかった。
buenavista

buenavistaの感想・評価

2.5
吉永さんと二宮さんとの親子は、
とても良かった、見ていてほんわか仲がいいんやなと感じました☺

が、吉永さんの演技が
私の肌にあわないということが分かりました(=`ェ´=)

黒木さんは、
小さいおうちなどの
現代より昭和頃の舞台が似合うね
>|