母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

cailin

cailinの感想・評価

3.5
始めのうちは、思い出話ばかりで話の展開が全く見えないし、観ていて気分が沈むなあ、と思いながら観ていたのですが、ラスト30分で一気に引き込まれました。同じ状況はきっと起こり得ただろうし、戦争がどれだけそれぞれの人生を狂わせてしまうのか、改めて考える機会になりました。

因みに方言に関しては、吉永さんは流石の演技力でしたが、特に若いキャストにはアクセントや言い回しが不自然に感じるところが多かったですね。もう少し標準語に近い感じで良かったのになあと思いました。
natsu

natsuの感想・評価

4.0
山田監督にしては珍しく奇妙な世界観。
この奇妙な関係性それ自体と、会話から回想へと導かれて始まる思い出話にずっとずっと泣かされた。
言葉にならない不思議な感情になる映画だった。
なぜ涙が出るのか分からないままエンドロールでは子供みたいにおいおい泣いてしまった。

山田節が炸裂した演出と吉永小百合が相まってまるで小津映画のように見えるところがちらほら。
主要キャストの演技が素晴らしかった。
かな

かなの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーはあんまり良く分からなかったけど、映画の雰囲気が良かった。

吉永小百合の演技が流石過ぎて、途中から涙が止まらなくなった。
黒木華ちゃん、昭和の素朴な役がよく似合うなぁ。

演技が上手い2人に挟まれて、ニノ大丈夫かなと観る前は不安だったけど、上手く役に嵌ってた。元々ジャニーズの中では上手い方だと思ってたけど、あそこまで出来ると思ってなかった。


愛する人のために突き放す言い方をした吉永小百合さんの言葉が切なく、なんであの子だけが幸せになるんだろうという台詞が悲し過ぎた。

このレビューはネタバレを含みます

亡くなったはずの息子と
母のやりとりは
ファンタジー要素を感じてしまい
感情に訴えるものはなかったが
息子の婚約者が暫くぶりに
義理母を訪れ、
新しい結婚相手を紹介する場面は
よかったです。

挨拶を終えて帰ろうとしたとき
突然振り返って義理母に
抱きつくシーンは
じーん、ときました。

亡くなった婚約者への
想いも抱きながらも
新しい結婚相手との幸せに
歩みだす。
そんな複雑な気持ちを
よく表している
名シーンだと思います。
poco

pocoの感想・評価

3.5
記録。

ラストは、母としては幸せな最期だっただろうなと思う。
山田監督の要素をとても感じた。

割と、こってりとしたお芝居というか、演出というか、そんな印象でした。


最後はわたしの期待していた感じとは違ったけど、うんまあよかったのかなあとおもう。

乗り越えるパターンを期待していた、!
りんこ

りんこの感想・評価

3.0
「長崎」という街を全面に押し出した印象。エンドロールに、地元の合唱団や合唱部による合唱を取り入れている所からも、それを感じる。長崎出身の自分にとっては、特に若い役者の方言の台詞にところどころ違和感を持った。しかし、吉永小百合の方言は綺麗だったので、演技力の高さを感じる。
生活の一部を切り取った自然な演技、というよりは、舞台っぽさを感じる大袈裟な表現が中心の演技だった。映画を観たというより、戦争ものの舞台を観たという印象が強い。
たく

たくの感想・評価

3.1
(2016年6月鑑賞)

これゾッとする話。
長崎の原爆で亡くなった息子(二ノ宮君)が死神となって母親(吉永小百合)の前に現れ、冥界に連れていく。
それまで「母ちゃん」って呼んでたのが、ラストで「あなた」って言うシーンがゾッとしたね。
Webのレビューで「感動作」「泣きました」ってのが多いけど、「母なる証明」「ミモザ館」的な過剰な母性愛の歪みを感じたな。
吉永小百合のすごさ。

吉永さんと共演しても霞まない二宮さんもすごい。
黒木華の女学生時代がかわいい。
尚也

尚也の感想・評価

3.0
とても勉強になる作品。友人と観に行ったけど、祖父母と観たいなと思った。
>|