母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

戦争についてもう一度考えさせられるのと同時に、大事な人が亡くなった後もほかの人の人生は続いていくわけで、当たり前のことではあるけれどそこに亡くなった人が関わるというのは簡単なことではないのだと思った。

あとお兄さんって誰が演じてらっしゃったんだろう。
スコアや甲乙を付けるべき映画では無いのでは、と初めての感覚に陥った。

ニノの気持ちになって見てほしいとの意図が込められているらしい。
辛く、悲しいだけでは無いはずの時代の思いを、
少しでも汲み取れるようになりたい。

このレビューはネタバレを含みます

愛に溢れた切ないけどあったかい映画
みんなが苦しみ悩みながらお互いを思いあって戦争を乗り越えて前を向く。死んだ人への行き場のない思いへの葛藤が辛い。

町子が他の男と結婚するとべきという母の意見を全く受け入れられないシーンが胸が痛かった。町子の幸せを願っていいよ…なんてすぐには言えない。本当に愛してたんだなぁと思った どうしようもなさすぎて苦しい

お母さんが町子に嫉妬してしまうシーン、胸が痛かった 綺麗事言ったってお母さんにとって子供が1番大事なのは痛いほどわかる

ラストの浩二が母を天国へ連れて行くシーンは正直びっくりした。え?連れて行っちゃうの?!って思ったけどお母さんの嬉しそうな顔を見て、一緒にいれることが何より幸せでそれ以外もうなんだって良いよね(笑)と思った

浩二が町子好きな人おるの?と聞いてきた時のことを思い出すシーン、
浩二の部屋でお母さんが町子に浩二のこと諦めてというシーン、お母さんが浩二と町子のツーショットをしまうシーン
心揺さぶれ涙したシーンがたくさん。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
山田洋次監督の作品です。部隊は長崎。ときは原爆が落とした3年後。一人の母が夫を亡くし、長男がビルマで戦死して、そして、医学の大学に通う次男が8月9日、突然の出来事で亡くなり。話は3年後で息子の死をやっと認めたら、夜にその息子が現れ、亡くなった息子といろんな話をする。切なくて悲しいことがあるのに、母がそれでもたくましく生き延びてるのに感動する。ヒューマンドラマで心が痛むけど、良い話でした。
最近また、二宮和也がドラマに出てるのを見てて、もっと二宮の演技がみたいと思い、DVD借りてきて見ました。
作品自体は知っていたけど、まだ見てなかったので…。
自分がこの映画を語るには、あまりにもその当時のことを知らなすぎるので、あれこれ言えないけれど、最後のシーンで、吉永小百合が「これでずっと一緒にいられるのね…」って、喜んでいるところを見たら、涙が出てきました…。
素敵な作品でした。
大きな喪失、悲しみは、一人では無理でも寄り添って、じっと時間に癒されるまで過ごすのかなぁ。。
私も母として、いつも穏やかでありたい。家族のために強くありたい。自分の衝動や嫉妬や欲や、、それも受け入れて、そして凛としていたい。
旅立つとき喜べる人間でありたい。
1945年8月6日、長崎に落とされた原爆で息子を失ったお母さんのもとに、三年の時を経て、幽霊として息子が現れるようになるって話☆

戦後の混乱と貧困の中、おっとりとしたお母さんの雰囲気とは裏腹に、女手ひとつで生きていくために綺麗事だけではなくしたたかな面も持ち合わせているところをちゃんと描写している点に、当時の厳しい現実を感じた。

感情を押さえつけて、押さえつけて、それでも溢れ出た本音に自己嫌悪するお母さんの姿に、切なくなる一本(ノ_・。)
みっき

みっきの感想・評価

3.6
正直私は厳しめの嵐ファンなので、皆が上手い上手いっていうニノの演技も実はあんまりそう思わない時もあって、
今回はうーん…普通だったかな。特段魅力は感じませんでした。友達の嵐ファンはニノの演技を毎回絶賛するんだけど、私は普段のバラエティやライブのニノと重ねてしまってるせいか、あんまり新鮮に見れず…
もっと素人目線でニノを見たかったなあと思います。

映画は全体的に平坦で、死んだはずの息子が幽霊になって出てきた割には、お母さんの吉永小百合冷静だなとかあんまりはしゃがないなとか、なんかファンタジー見てる感じで戦後の苦しい生活感とかもなく、ある意味平和な映画な感じがしました。

エンディングも賛否両論あるみたいで、最初は私もマザコンみたいでちょっと引いちゃったけど、よく考えればあれで良かったのかなと思います。最初から最後まで母と息子の物語なんですね。

今の価値観とはちょっと違う異質な価値観がこの映画では表れていて、それが私は違和感だったのだと思います。
cailin

cailinの感想・評価

3.5
始めのうちは、思い出話ばかりで話の展開が全く見えないし、観ていて気分が沈むなあ、と思いながら観ていたのですが、ラスト30分で一気に引き込まれました。同じ状況はきっと現実に起こり得ただろうし、戦争がどれだけそれぞれの人生を狂わせてしまうのか、改めて考える機会になりました。

因みに方言に関しては、吉永さんは流石の演技力でしたが、特に若いキャストにはアクセントや言い回しが不自然に感じるところが多かったですね。もう少し標準語に近い感じで良かったのになあと思いました。
natsu

natsuの感想・評価

4.0
山田監督にしては珍しく奇妙な世界観。
この奇妙な関係性それ自体と、会話から回想へと導かれて始まる思い出話にずっとずっと泣かされた。
言葉にならない不思議な感情になる映画だった。
なぜ涙が出るのか分からないままエンドロールでは子供みたいにおいおい泣いてしまった。

山田節が炸裂した演出と吉永小百合が相まってまるで小津映画のように見えるところがちらほら。
主要キャストの演技が素晴らしかった。
>|