母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

蒼愛

蒼愛の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

泣いた😭😭😭
ニノかっこいい💕
ニノの演技がうますぎてほかの女優さんたちもすっごくうまくて感動😭😭😭
ニノと恋人が手繋いで顔近づけるとことか最高だった💕💕💕💕
最後らへん切なかったけど、あーーーーー切ねえーよーーーー
ピノコ

ピノコの感想・評価

3.0
戦前、戦時中、戦後…
自分の知らない時代のことを知りたいと思うのと同時に、戦争を知らない世代としてその時代から目を背けないということに対して使命感のようなものを幼少期から感じていました。これもそんな気持ちでずっと観たいなぁと思っていた作品の一つ。

このおうちのお母さんは仕事もあって、知り合いづてに食糧を横流しして貰えて、きっと恵まれてるんだよなぁ…と思いながら観てました。

ひとつだけ不満を言うなら、女が家のことをやって当然みたいな時代の作品を観ると旦那も息子も台詞が「母さん母さん」ばかりで、昨今の風潮の影響もあって気になります笑
実際そうだったからなんでしょうが…
lala

lalaの感想・評価

3.7
フェリー乗車中に放映されていた作品。
夏休みだったから二宮くん目的で映画館の最前列を陣取っていた中学生達は前半30分で退散してしまった。

淡々としていたけど、それには理由があるし、最後まで一貫している。
死んでしまったのに、良かったねお母さん。と声をかけたくなるくらい切ない、いい作品だった。

初めて吉永小百合の作品を見たけど名前の通りの名女優だったし、二宮くんの演技も素晴らしく、すんなり感情移入し作品に入っていけた。

高校生くらいの、戦争を学びそれに向き合えるようになったら観てほしい作品。
チュン

チュンの感想・評価

2.8

死んだ息子が帰ってきた、幽霊だけど。

このお母さんは、幸せだったのではないだろうか、幽霊でも幻覚でも息子に会えて。
優しい、吉永小百合母さん優しい。癒される。息子と会話するのがこんなにも幸せなのだと感じられている母はいるだろうか。
この映画を観たらきっと息子と話したくなるはず。
山田洋次らしく日々の暮らしの中のしあわせをやわらかく少しせつなく描かれている。けど、なんだろうラストの演出がなんかウソくさく感じてしまったのだ。
なんだろうファンタジーのような、気に入らなかった。それだけ。
パンダ

パンダの感想・評価

3.8
TOHOシネマズ錦糸町

母と息子が和やかに笑顔を見せれば見せるほど現実が辛く重たい。幸せを描くことで戦争の理不尽な残酷さが際立つ。息子と行く母の姿が幸せに感じてしまうほどに悲しい映画。
doi

doiの感想・評価

4.5
かけがえのない人を無慈悲に奪い去られるのは、どんなに苦しいだろうと想像すると泣いてしまう。
吉永小百合さんが儚くて綺麗で、最後の「嬉しい」がなんとも言えない。
伊代

伊代の感想・評価

5.0
嵐ファンとか関係なしにもうにのが演技上手くて見入ってしまいました。本田望結ちゃんがでて来たところは特に号泣、。硫黄島からの手紙もみてみたいと思いました
うめ

うめの感想・評価

5.0
大好きな映画。吉永小百合さんとニノの親子関係がホッとするよね。
若い子たちが戦争について学ぶことが出来る映画。
とも

ともの感想・評価

4.3
おばあちゃんと映画館に観に行って号泣した

再度家で見てる
本田みゆちゃんにやられる
彩

彩の感想・評価

-

泣きのツボに入ってしまったらしく、序盤から涙とまらず。自分でもよく分からない〜〜😂
時に笑いありで、穏やかに続く会話なのにずっと哀しさがあって😢
戦争の惨さ、生々しさは直接には描かれてないけど、遺された人々の営みを描くことである意味より痛切にそれが感じられたのかもしれない〜わかんな〜い。
この手の映画はやっぱり苦手だけど観てよかった。
黒木華とのほんわかラブラブシーンにはきゅんとした。黒木華声かわいい。
>|