母と暮せば(2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山田洋次
    脚本
    山田洋次
    平松恵美子
    キャスト
    吉永小百合
    二宮和也
    黒木華
    浅野忠信
    加藤健一
    本田望結
    広岡由里子
    小林稔侍
    辻萬長
    橋爪功
    あらすじ
    1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

    「母と暮せば」に投稿された感想・レビュー

    amo
    amoの感想・レビュー
    1時間
    3.5
    にのはこういう役が似合うなぁと思います。

    ただ思ったほど印象に残る話ではありませんでした。
    ファンタジーすぎたのかな。
    keik
    keikの感想・レビュー
    11時間
    2.5
    ごめんなさいダメです。
    原爆投下シーンは映画に合ってるし、地味な演出なのにすごい恐怖でした。
    全体的に悪くないと思うのになんでダメ何だろう…。
    ラストのエンドロールの歌歌うところでなんかどん引きした…。
    一回観たらいいや。
    か
    の感想・レビュー
    1日
    -
    2月18日
    どいたま
    どいたまの感想・レビュー
    1日
    3.8
    ・75/100点
    ・最後の天国シーンが印象的
    aha
    ahaの感想・レビュー
    2日
    2.9
    母と暮せば 2016/02/05 ★★★ 吉永小百合、二宮和也、黒木華好きな俳優さんばかり。静かなファンタジー。
    ヨッシー
    ヨッシーの感想・レビュー
    3日
    4.1
    「父と暮せば」をベースに山田洋次監督が脚本も担当した意欲作。息子が原爆で亡くなってから3年、突然母の前に幽霊となった息子が現れる。主演は吉永小百合。

    序盤から10分足らず、原爆の恐怖をかつてない程味わうことになる。限られた製作費の中で作られた原爆のシーンは非常にシンプルかつ完璧。敢えて投下直後のシーンを見せないのも珍しいが、本作の舞台はあくまでも長崎のあの日から3年後であることを強調してるかのよう。

    全編通して見ると、室内、もしくは母の家という1つの舞台だけでストーリーが展開されている。これは「父と暮せば」と同じ構成だが、撮影や演技を見てると自然体かつ映画らしい映画となっている。「父と暮らば」は映画というより舞台を観てるような感覚だったので、本作は主演二人の単なる会話劇に終わらなかったのが良かったと思う。そして、無駄がなく、重要人物の一人を演じた黒木華の演技は素晴らしい。二宮の演技は日アカを受賞する程のものではないように感じたが、愛する人に苦悩する町子さんを熱演した黒木華は本当に素晴らしいと思った。また、今や日本の母親を演じさせたら右に出る者はいない吉永小百合も良い味を出している。

    また、戦争反対!や戦争は駄目だ!と露骨に表現していないことに非常に好感が持てる。戦争によって失われた命は失われたままで、大事なのは今を生きることだとストレートに訴えかけてくる。

    しかし、二宮和也の不自然な喋り方は終始慣れなかった。やっぱり「僕」とか「~んて」とか「どぎゃん」とか、所々アクセントがおかしかったり、凄く演技が上手いわけではなく、主演男優賞は過大評価のように思えた。

    賛否両論の結末に関しては別に悪いとは思わなかったが、急に過剰なファンタジー演出が出てくるとかなり不自然のように思えた。

    色々過大評価のように思えたが、低予算でここまでのものを描いた山田洋次監督は凄いの一言。戦争を扱ったホームドラマだが、メッセージ性は非常に強いし、これが今作られたことの意味は理解できるはず。

    ちなみに、本作が初めて鑑賞した山田洋次監督作品。
    シオン
    シオンの感想・レビュー
    4日
    3.5
    感じるものは沢山あったけど、内容より先に二宮和也さんの演技の惹かれますね。黒木華さんは安定に素晴らしかったです
    正直何かよくわからなかったです。ファンタジーなのかなんなのか
    Maki
    Makiの感想・レビュー
    6日
    4.0
    昔戦争があって原爆が投下されて、そこには様々な人の人生があって…日本人なら誰でも解りきってる事実のうちのひとかけらを、ただ淡々とした語り口で淡々と綴っている…そんな印象。
    全般的にゆったりと落ち着いた雰囲気が、この時代に生きていた人たちの虚しさや悲しみ、そして力強さを、より強く痛感させる効果があったような気がします。

    母親の立場で観れば、ラストはせめてもの救いでした。
    >|