母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

ヒロ

ヒロの感想・評価

4.0
母と原爆で死んだ息子のやり取りで二宮は過剰なほどの演技で幸せな思い出に浸ってるのに全体的に泣けてくる。原爆というのがどれだけ一瞬の出来事だったのか、その後の惨事を映像で表現してないが3年間の苦しみが伝わってきた。母は最後本当に幸せだっただろうな。
名役者揃い。上海のおじさんは愛情深い人だったんだろな。
ふるこ

ふるこの感想・評価

3.5
諦めた。

その瞬間にふっと張っていた糸が切れ、家庭を失ってしまった。それでも投げやりにはなれない。そんな母はきっと生きながら死へ向かっていたのかも。
それを止めず…生きろと突き放さずに慰めながら見守って連れ立つ息子。
息子が現れたわけではなくて、自分が息子の逝った世界へ一歩ずつ踏み込んでいたのかも。…しれない。



ファンタジーの見過ぎなのか…これをファンタジーだ!とはあまり感じない私は置いていかれる事もなく、やっと落ち着いて鑑賞できる心が整いました。
品良く振る舞い、他人に無礼を働かず、教えを守ってよく働く。忘れてはいけない。
良かったです。


…とても良かったよ。最後の急な謎の大合唱シーンさえなければ。
私はそう思ってしまった…。なぜ映したのか、あの世なのか??あの大合唱団は…。どうしたんだ…。急に白んだ画面でドンと突き放されて思わず二度見。巻き戻し。私まで連れていかないで浩二…。
…そんなシーンで全て吹き飛んだ午前5時、
気になるのは私だけか…。息子と2人、祭壇に背を向けてようやく自分も現世を旅立つ…ってな後にアレは…

人の感性って色々ね。すごく。

嘆きに耐えよ。突き放された世界…。
耐えられない。。まだ生きてみます。
避けられた運命。原爆のシーンは実質何秒かしかないのにすごい印象的だった。
悲しい話のはずだがハッピーエンドに感じた。
原爆投下後の長崎を舞台に、原爆で命を落とした息子と終戦後の貧しい日本に生きる母親の交流を描いた山田洋次監督作品。

本作は直接的な生々しい原爆描写や戦争描写は全くない。全てを語りだけでもって描こうとしている。その手法が良い方向に働いている面もあれば、マイナスに働いている面もある。マイナス面から言うと、会話劇が主体となっているため、淡々としていて場面に真新しさが感じられず、人によっては退屈に感じてしまう恐れがある。また、二宮和也演じる底抜けに明るい浩二というキャラクターと吉永小百合演じる母親のやり取りがやや説明的に感じられてしまう余地がある。
だが、この過剰とも見える喜劇チックな息子と母親の回想シーンはそれ自体がアクセントになっていて終戦後のひもじい「今」の厳しさ、寂しさ、無気力さをより引き立てている。過去を振り返れば笑いばかりなのに、最終的に収斂される一点はいつも残酷な事実。「運命」と割り切ることも決してできない、やり場のなさ。何で僕なんだ。そんな影が底抜けに明るい浩二の中にはある。そして映画はその影の部分をギリギリのところで見せない。匂いだけを残す。文字通り、消えてしまう。題材こそ違えども『サラの鍵』や塚本晋也監督版『野火』のラストなどと同様に、平和な世界に生きる観客が究極的には到達しえない域の感慨がそこにはある。本作で用いられるこの逆説的な喜劇調がなしえた境地であると感じる。

また、本作は『小さいおうち』と対をなす作品であるともいえる。『小さいおうち』で幸せになることを選ばなかった黒木華演じる滝ちゃんと本作で前に進んで幸せになることを決意した、同じく黒木華演じる町子。本作には終わりなき懺悔ではなく、前に進んでもいいんだという前向きなメッセージが込められているように感じる。

賛否両論にはなると思うが、原爆で亡くなった声なき被害者にスポットをあてた良き意欲作であると思う。
coco

cocoの感想・評価

5.0
涙涙だった。
観るべき映画だな、、
命を大切にしんとなって思わされる映画。
kima

kimaの感想・評価

4.0
戦争モノは基本重くて苦手ですが、何故かもう一度見てみようかな、と思わせるのは、、、。
全てを失っても爽やかな二宮君の正直な心の吐露を見たいからかも。全員の心の正直さも魅力でした。

どうでもいいことですが、投下の瞬間のピカピカだけどうにも違和感があって妙に覚えてしまってます。
RuiKitano

RuiKitanoの感想・評価

3.5
冒頭のBGMの無さが、戦争、原爆のリアルさを引き立てて、緊張が止まらなかった。
この頃の小学生の先生なりたい、
二宮くんの演技に引き込まれた。
戦争についてもう一度考えさせられるのと同時に、大事な人が亡くなった後もほかの人の人生は続いていくわけで、当たり前のことではあるけれどそこに亡くなった人が関わるというのは簡単なことではないのだと思った。

あとお兄さんって誰が演じてらっしゃったんだろう。
スコアや甲乙を付けるべき映画では無いのでは、と初めての感覚に陥った。

ニノの気持ちになって見てほしいとの意図が込められているらしい。
辛く、悲しいだけでは無いはずの時代の思いを、
少しでも汲み取れるようになりたい。

このレビューはネタバレを含みます

愛に溢れた切ないけどあったかい映画
みんなが苦しみ悩みながらお互いを思いあって戦争を乗り越えて前を向く。死んだ人への行き場のない思いへの葛藤が辛い。

町子が他の男と結婚するとべきという母の意見を全く受け入れられないシーンが胸が痛かった。町子の幸せを願っていいよ…なんてすぐには言えない。本当に愛してたんだなぁと思った どうしようもなさすぎて苦しい

お母さんが町子に嫉妬してしまうシーン、胸が痛かった 綺麗事言ったってお母さんにとって子供が1番大事なのは痛いほどわかる

ラストの浩二が母を天国へ連れて行くシーンは正直びっくりした。え?連れて行っちゃうの?!って思ったけどお母さんの嬉しそうな顔を見て、一緒にいれることが何より幸せでそれ以外もうなんだって良いよね(笑)と思った

浩二が町子好きな人おるの?と聞いてきた時のことを思い出すシーン、
浩二の部屋でお母さんが町子に浩二のこと諦めてというシーン、お母さんが浩二と町子のツーショットをしまうシーン
心揺さぶれ涙したシーンがたくさん。
>|