母と暮せば(2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山田洋次
    脚本
    山田洋次
    平松恵美子
    キャスト
    吉永小百合
    二宮和也
    黒木華
    浅野忠信
    加藤健一
    本田望結
    広岡由里子
    小林稔侍
    辻萬長
    橋爪功
    あらすじ
    1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

    「母と暮せば」に投稿された感想・レビュー

    まりこ
    まりこの感想・レビュー
    9時間
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    泣くシーンは何回もあったんだけど。
    エンドロールでめっちゃ冷めてしまった…なにあれ(´・ω・`)こわいよ(´・ω・`)

    ラストはいろんな解釈ができそうだけど、まちこさんが幸せになったことで本当に1人ぼっちになってしまったお母さんを、ニノがあの世に連れて行ったんだと思う。
    kao
    kaoの感想・レビュー
    12時間
    3.1
    黒木華ってなんて昭和初期の話に似合うんだろう。一人で亡くなったように見えて、幸せな最後だったと思う。。
    KUSA
    KUSAの感想・レビュー
    1日
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ずっと見たかった作品だったけれど、開けてみたら本当に予告や特番で取り上げられていた以上のものが何もなく、展開もベッタベタで驚いた。

    残念ながら山田洋次監督の作品は自分に合わないなと思ってしまう。

    前半、幽霊の浩二が現れるところまではストーリーが間延びしていなくてとてもよかった。原爆の表現も、浩二の目線だけのワンカットであんなリアルに描けるのがすごいと思う。本当に一瞬で、ひょっとしたら痛みも感じずに死んでしまったのだろうなと感じさせる秀逸な表現。

    問題は浩二が頻繁に現れるようになってから。

    浩二がよく喋る様子は愛おしく感じられるのだが、多分台詞過多。伸子が実態のない幽霊と会話しているように見せたいのだろうが、演出がわざとらしい。身振り手振りが大きかったり、強調するべき台詞が急に強くなったり。役者の肩を持つようだが、(実際演技力はすばらしく、主演男優賞や助演女優賞は納得の演技なので)メイキング特番で監督がそう演技指導しているのを見てしまったので、監督の趣味なのだろうと思う。原作が井上ひさしというのもあるかもしれないが、見ながらこれは落語か一人舞台を見せられているのではないかと思ってしまった。というより、舞台の方が映えそうな演出だった。

    総合して、映画の特性が死んでしまっている演出だと思った。

    最低限のセットしかないところに世界を作る演劇と違って、映画は作りこまれた世界を用意できるのに、それを無駄にしてしまっている。もっと言えば、作り込むことを怠っているのではないか。

    気になった点1つ目は前述した演技の部分でもう1つはCG。兄が夢枕に現れたというシーンで、お化け屋敷のように戦地の様子が垣間見えるが、そこにある骸骨が綺麗すぎてまるで理科室の模型。わざとだとしても冷めてしまう。さらに、窓の外に見える景色や遠景、間違いなく合成だが、絵本?と思ってしまうほどの不自然さ。最後のシーンが極め付けにひどく、ただでさえホラー?と感じられるほどベッタベタのエンディングなのに昇天していく様を安っぽい演出で表現するという暴挙。真っ白な世界で膨大な人が動きながらレクイエムを歌う様子は、新興宗教の何かかと思ってしまうくらいの恐怖だった、、。


    酷評してしまったが、散々泣かされたし、役者の演技が素晴らしく、そのおかげで最後まで見れた。二宮和也と黒木華のアカデミー賞はとても納得。(さゆゆに関しては、私は吉永小百合作品をあまり見ていないので気にならなかったが、よく見ている人からしたら「またこれか」と思ってしまいそう。)
    ただ、上記したように素人目にいろいろと目についてしまったのは事実だし、脚本も全編通して「何を伝えたかったのだろう」と思ってしまう作品。親子愛にしては薄っぺらすぎるし、戦争批判にしても2時間見せて訴える内容かと感じてしまう、捉えようによってはただのホラー。
    言葉が悪いけれど、期待値が高かっただけに、結構がっかりでした…。
    ちょへ
    ちょへの感想・レビュー
    1日
    2.9
    んー...。
    悲しい話なんだけどラストシーンが?過ぎてポカーンだった。
    Mi
    Miの感想・レビュー
    2日
    3.4
    2017.30
    シロッコ
    シロッコの感想・レビュー
    2日
    2.2
    残念ですが、ほぼ良さがわかりません。
    ていうか、とんでも映画なんじゃないのかなぁ。
    lotus
    lotusの感想・レビュー
    3日
    -
    記録。
    男飯
    男飯の感想・レビュー
    4日
    2.7
    8月の暑い日。9日午前11時2分。長崎医大で講義を受けていた主人公、福原浩二(二宮和也)は突如投下された原爆によって亡くなってしまう。跡形もなく消えてしまった浩二の死を受け入れることの出来ない母伸子(吉永小百合)だったが、浩二の三年忌の夜にようやく「浩二は死んでしまった」という現実を受け入れ、そのことを浩二の遺影に向かって語りかける。

    すると伸子一人のはずの家に自分以外の小さな物音が響く。「誰かいるの?」と問いかけると「僕だよ」と懐かしい声で返事が聞こえる。振り向くとそこには死んだはずの浩二の姿があった。

    驚きもせず「やっと会えた」と嬉しがる伸子。こうして幽霊となった浩二との奇妙な同居生活が始まる。






    この映画は基本的には創作物だけど、たまに戦争映画顔負けのリアルな描写が織り込まれていて怖くなる。特に冒頭。大学の講堂で浩二が被爆するシーンは一瞬なのに凄くリアルで憂鬱になるほど原爆の怖さが伝わってくる。

    母は徐々に痩せていき、最後は浩二が…。ちょっと怖い。この結末は色んな解釈が出来て色々調べてからまた改めて観てみたい。
    うらささ
    うらささの感想・レビュー
    4日
    3.8
    淡々と悲しく、涙が頬を伝った。
    >|