母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

はらみ

はらみの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

あったかい映画。予告かなんかで言ってた
「やさしくてかなしい」まさにそんな映画。
残された人は死んだ人のことを思って、死んだ人は残してきた人のことを思う。でも決定的にに違うのは、生きている人たちの時間はどんどん前に進んで行くから生きる世界、状況、気持ちは変わり得るということ。どんなに死者が変わらないことを心の奥底では願っていたとしても。こういう風に、死んだ人のことをだんだん思い出さなくなっていってしまうのだと見ていて思った。
果たして二宮くんの本当の目的は、お母さんに会うためだったのか、お母さんを迎えに来ることだったのか。

1番泣いたのは本田望結ちゃんが泣いちゃダメなんだって自分に言い聞かせるシーン。きっとこの時代には、あの女の子みたいに強くならなければいけなかった人たちが大勢いたんだろうな。
シオン

シオンの感想・評価

4.0
戦時中の母と息子に起こった悲しい物語。
互いに気遣いながら、生き抜く姿に共感できる人も多いはず。
現実に生きる母と非現実に生き母を想う息子に涙が止まりませんでした。
ハヤテ

ハヤテの感想・評価

3.0
最後のエンドロールが怖すぎる。
未だにトラウマ。
内容もいまいち。
記憶にあまり残らず…
okome

okomeの感想・評価

3.2
原爆投下のシーン
すごくリアルで凄く怖かった。

何かの批評に書かれていた
「息子と暮せば」の文字を見て、
あ、これだな〜と思った。
舞台を観ているかのように感じる映画。過去のストーリーは登場人物たちの語りによって観客に伝えていく。落語みたいな感じ。長崎訛りが心地良い。全体としてゆったりしていて優しい物語だが、だからこそ登場人物の感情が引き立つ感じがした。
感動しました。ニノの演技はやっぱり引き込まれます!周りも豪華で良かったです
(記録)
nanami

nanamiの感想・評価

4.3
戦争についての直接の描写は少ないからこそ戦争の理不尽さや悲しさが身にしみてくる 見終わった後は言葉では言い尽くせない気持ちになってしばらく涙が止まらなかった
日本人向けの作品だと感じました。
長崎に原爆が落とされた時からの数年後までの話。
ずーっと静かだし、ずーっと何か悲しい感じ。
原爆が落とされた時のあの瞬間の様子がかなり衝撃的でした。ほんとに一瞬なんだなと。

このレビューはネタバレを含みます

二宮と吉永小百合さんの掛け合いが凄い。
長崎の原爆により一瞬にして命を奪われた息子と、突然息子を失った母と、息子の恋人との物語。
幽霊となって出てきた息子が話すのは、いつも恋人についてのことばかり。
死んでもなお恋人を思い続け、彼女のために幸せになって欲しいが…という葛藤を覚える息子と母。
最終的に、
母は息子と天国に行き、
恋人は婚約をした。
ハッピーエンドなのかは分からないけど、それぞれの道を進む感じだったかな。

このレビューはネタバレを含みます

メモ

はじめは白黒
基本的に暗い
回想シーンは明るい
ひかりで表現してる
一人芝居が多い
泣くと消える
生と死の境目がぼやけている
もしかしたら息子が見えた時点で死が近づいていたのかも
>|