雄貴欠

独裁者と小さな孫の雄貴欠のレビュー・感想・評価

独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)
4.3
映画のタイトル通り独裁者とその孫が反乱によって追われる身になり、国内の様々な場所を逃げ回る話。国内を独裁者が権力を無くし国民と同じ視点で見て何を感じたのか、オチも想像に任せるといった感じで色々と考える事が多い。
演技も話も良くとてもいい作品だった。