グルジアのおすすめ映画 23作品

グルジアのおすすめ映画。グルジア映画には、ザザ・ウルシャゼ監督のみかんの丘や、マリアム・ブトゥリシュビリが出演するとうもろこしの島、独裁者と小さな孫などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

みかんの丘

上映日:

2016年09月17日

製作国:

上映時間:

87分
4.0

あらすじ

アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

情報を入れず鑑賞。 女性、子供は出て来ない。 ほぼ男性4人だけに焦点を当てて、寡黙に静かにそれぞれ胸に抱く思いが少しづ…

>>続きを読む

1990年代後半 旧ソ連領での戦争中。 みかん農家のマーガスと 隣のイボの二人だけが 村に残っている。 もうすぐその村…

>>続きを読む

とうもろこしの島

上映日:

2016年09月17日

製作国:

上映時間:

101分
3.8

あらすじ

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

先日観た「みかんの丘」と同じく、ジョージアで起きたアブハジア紛争の時代… 小さな小さな川の中洲でとうもろこしを育て…

>>続きを読む

1990年代初頭、 ジョージアと戦争状態にあるアブハジア。 その両者の間を流れるエングリ川のど真ん中に、 たまたまで…

>>続きを読む

独裁者と小さな孫

上映日:

2015年12月12日

製作国:

上映時間:

105分
3.7

あらすじ

独裁政権に支配される国。ある日、クーデターが起こり、老いた独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。彼は、多くの罪なき国民を政権維持のために処刑してきた冷酷な男だった。変装で素性を隠しなが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

モフセン・マフマルバフ監督☆ フィルマ先輩の間で評判良いこの作品。 私も観ましたぁ〜(´∀`) 昔むかし、あると…

>>続きを読む

行き着く先は復讐か赦しか。 ある独裁国家でクーデターが起こり、孫を連れたまま逃げ延びた独裁者は身分を偽りながらの逃亡生…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

画家の映画だから芸術的ってんじゃなく映画そのものがエンタテインメントの対極にあるような映画。ロングショットだらけだった…

>>続きを読む

私の絵はグルジアには必要ない、 何故ならピロスマニがいるからだ。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

深い森の奥で13人の男たちが大金を賭けてロシアン・ルーレットゲームを行う様をモノクロで描いた映画。 ジェイソン・ステ…

>>続きを読む

13人で円陣を作って行う集団ロシアンルーレットにひょんなことから参加することになった青年を描いたフランス映画。ザメッテ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

縦三列?で 列車に乗る姿は秀逸。 退屈だけれど 嫌いになれない作品。 若き映画監督が 自国の 厳しい規制に耐えかねて…

>>続きを読む

原題: Chantrapas = フランス語から生まれたロシア語で「役立たず/除外された人」の意味だそう。 グルジア出…

>>続きを読む

花咲くころ

上映日:

2018年02月03日

製作国:

上映時間:

102分
4.0

あらすじ

1992年春、独立後に起こった内戦のきな臭さが残るジョージアの首都トビリシ。父親が不在のエカは母親と姉の干渉に反発を感じている。親友のナティアの家庭はアル中の父親のためにすさんでいた。生活…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

まともな映画。 ここに描かれてる不穏の連鎖は、“さりげないふうに受け入れてしまえる日常”だったのかもしれないが、当時1…

>>続きを読む

1992年のアブハジア紛争が起きる直前(「みかんの丘」「とうもろこしの島」はこのあと)の、束の間休戦状態のようにも見え…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

初グルジア映画という事で、調べてみました。 コーカサス山脈の南麓、黒海の東岸にあたる。北側にロシア、南側にトルコ、ア…

>>続きを読む

暑いったらありゃしない! 大学生4人組が調子こいてサウナでウダウダやってたら、ひとりのバカのおかげで散々な目にあっ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「四月」 冒頭、住宅街の頭上ショット。扉を開ける人々、楽器を奏でる男、街に出向く若い男性たち、森林の伐採。若いカップ…

>>続きを読む

モノクロで台詞らしい台詞もなく、おかしな風合いの効果音(時々サザエさん調)が流れる中進んでいくストーリー。 石造りの建…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「歌うつぐみがおりました」 冒頭、トリビシ国立オペラバレー劇場。活動的な青年、彼を取り巻く大勢の人々、陽気さと哀愁、…

>>続きを読む

とにかく面白い。この物語を文字化したらただただ凡庸なものなのに映画で見るとビックリするくらいに面白い。 序盤から全く想…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「群盗、第七章」 冒頭、現代のトビリシ。車で試写室に到着する大人数人。少女が拳銃で人殺し、時代背景が変わり、中世のグ…

>>続きを読む

中世グルジアのサルタン、十二世紀頃の正教徒の王、1936年独裁的権力者となったヴァノ、グルジア内戦後パリに亡命した浮…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

全員主役。宿屋の娘エドゥキひとりが目立ってたわけじゃない。壜を捨てた女もハッとさせたし、つんつるてんワンピの女児もいち…

>>続きを読む

何度反芻しても名前が覚えられないイオセリアーニ初鑑賞。 練習合宿をしに農家へとやってきたトリビシの四重奏団。農村の日…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

お気に入りの作品。 上映時のさわやかなポスターと違って、dvd化されたらアダルト系狙い?なジャケットになってしまって…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

初長編作品ではあるものの、やっぱりイオセリアーニの作風は良いよなと思わせられる。 最初のドキュメンタリー的な箇所だけ…

>>続きを読む

崇敬するIホール初代総支配人様⑮ 組織の中に身を置きキチンとした商品に拘る人間が、販売営業者と製造者の間にいることで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジョージア映画祭⑧。難民問題など盛り込んであるが、ジョージア云々より普遍的で現代的な映画。 おれの父親世代なら「もっ…

>>続きを読む

静かに、じんわり、幸せな気分に浸った。 40過ぎ、薄毛、独身男の恋の物語。 冴えない男なんだけど、冴えない人生に見…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

初期のメンツェルだとかフォアマン、ってまぁ要するにチェコ・ヌーヴェルヴァーグっぽくて個々のネタは面白いっちゃ面白いのだ…

>>続きを読む

制作年も近いので不思議惑星キンザザがダブって見えてしまう箇所多々で、キンザザのゲオルギー・ダネリヤもジョージアの人だと…

>>続きを読む