Itsuki

グレイテスト・ショーマンのItsukiのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)
3.5

キャッチーな音楽で満たされたミュージカル映画。実在した喜劇家であるP.T.バーナムの半生を描いたサクセスストーリー。

人一倍強い野心を持ったバーナムは、貧しい仕立て屋の息子として生まれる。得意先の令嬢チャリティと結ばれたバーナムは彼女の幸せを約束し、子宝にも恵まれるも、貿易会社をクビになるなど思うような生活が過ごせずにいた。しかし娘の言葉からヒントを得たバーナムは、一見風変わりな特徴を持つ、俗に〝フリークス〟と呼ばれる人々を寄せ集め、客の好奇心をくすぐるショービジネスに踏み込んだ。一転し成功をもぎ取ったバーナムだが、彼の野心はとどまるところを知らなかった。

あらすじ通り、バーナムがややこしい性格をしています。実話だと知り本人を少し調べたのですが、まぁまぁのダメ野郎。自分の負債を返上するために奴隷売買などで見世物を作り、返済するとやめる。を何度か繰り返している人でした。なぜこいつを実写化したのだろう?
実写化はただでさえ落とし所が難しい。より忠実にすればするほど抑揚のないストーリーになりがちで、脚色すればするほど実話である意義を失う。この作品はほとんど実写化の意味がなくなっていましたね。音楽も個人的には気に入りましたが、時代錯誤も良いところなポップさですし。

レミゼに次ぐミュージカル作でのヒュージャックマン。先に大成功を収めたララランド。この二枚の武器を背負って戦おうとしたところ、このようになってしまったのかなぁと。大衆ウケを狙いに狙った末、細かいところは詰めの甘い作品になっていたようにおもいます。

批判しているわけではなく、あくまで僕個人としては好きな映画です。