mia

ピンクとグレーのmiaのレビュー・感想・評価

ピンクとグレー(2016年製作の映画)
3.2
高校生初々しすぎてどうしようかと思った笑
いやしかしこれ、菅田将暉くんの一人勝ちですね。
彼が泣くシーンは、息詰まって泣きそうになった。
「白木蓮吾」である中島くん、「河田大貴」である菅田将暉くんは配役ぴったりでした。
というか親友の最期のシーンて・・・精神的にきつすぎますね。
視覚での変化、うまいなー。色の使い方が面白かったです。
途中まではどう進むんだろう?って気になって観れましたが、中盤から、中島裕翔くんメインになってから面白くなくなった。 役者ありきだったのかなー。菅田くん視点?メイン?だと面白かったのにな。演技のせいかそうか笑
どんなに成功してる人でも、闇を抱えてるんでしょうか。
怖い世の中ですね。
開始62分、まあ、わかりますけどね。
良い手法ですが、割とありふれた使い方でもありました。
予想はできなかったけど、そういう作品よく観る笑

ただ、終わり方はあっさりしすぎてたかな。
もう少し丁寧に終わらせてほしかった。
中島くんも、悪くはないんですが、共演者がすごすぎたんです。
差があまりにもありすぎて。
いやでも、観て良かったです。気になってたんで。
ただ、あまりオススメはしないかなー。
煽り文句である「仕掛け」は、なかなか面白かったけれども、後半はそこまで心奪われなかったので。ただ、前半は良かったです。所謂、「ピンク」部分。「グレー」部分とラストがイマイチだった。

-90