転生Moljiana

奇術の上演の転生Moljianaのレビュー・感想・評価

奇術の上演(1897年製作の映画)
3.1
久しぶりのジョルジュ・メリエス監督作品
Filmarksだと47作品しか登録されてませんが
Wikipediaによると監督による作品は全部で531作品有るそうで
(現存しているのは約200作品)
完全制覇は夢のまた夢ですなぁ……

今作は『悪魔の館』と似た感じで、あるモーテルに泊まった男性が
そこで起こる「物がいきなり消える(現れる)」「物が勝手に動く」などの怪現象に慌てふためく映画
まあ全体的にジョルジュ・メリエス監督らしい話という感じで
それにしても、初期の無声映画という事なせいか
男性の演技がパントマイムっぽいのは
チャップリンやバスター・キートンなどに影響を与えてるのでしょうか?

因みに男性が椅子に座ろうとすると椅子がいきなり消えてすっ転ぶという演出は
『悪魔の館』でも行われてましたし、まあ子供の時ならよくありがちな悪戯ですが
後遺症が残ったり下半身不随になる可能性が有る位危険な行為なので絶対に行わない様に!!
http://matome.naver.jp/odai/2144422867717731401/2144423384920150303