サンゴ

レディ・プレイヤー1のサンゴのネタバレレビュー・内容・結末

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

お見事。

文句なしの怪作。

後世に語り継いでいかなければならないエンターテイメント遺産の一つに入りましたな。

レビューしようにも、、全部完璧なんだから何を評することがあんの?って感じ。

スピルバーグはハリデーに自身を投影してるし、この作品には彼の全身全霊が詰まってる。

自分の好きなもの全部ブッ込んでこれだけ一体感のある作品にまとめられるって、、すごいとか通り越してもはや怖い。

トランスヒューマンなんじゃないの、スピルバーグって笑
なんか色々と超越してるよ。

楽しいし、感動するし、怖いし、憎いし…

久しぶりに人間の持つ感情のほとんどを刺激されました。

映画で使われる「オマージュ」って言葉がどうしてもあんまりしっくりこないので、
個人的には「サンプリング」って言葉を使ってるんだけど、
シャイニングのサンプリングなんかは鳥肌もん。素であんぐりしてた。

そして何よりオアシスの設定が精巧すぎて、でも複雑じゃないから案外難しくなくて、バーチャルなのに人間の温かみみたいのもちゃんとあったね、もうそのバランスの妙ね。賞賛なんて言葉じゃ讃えきれないですよ。

この映画の世界は、
ユートピアでもあり、逆にテクノロジーがつくる桃源郷とも言えるかもしれない。

あと、音楽もたまんないよねー!!