レディ・プレイヤー1のネタバレレビュー・内容・結末

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円を…

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして想 像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

「レディ・プレイヤー1」に投稿されたネタバレ・内容・結末

映画好きによる映画好きのための映画だったけど、世界中の色んなオタクが大興奮するような内容だった。
映画以外にもゲームとかアニメのキャラとかが出てくるから最高!

私はまだ知ってる作品とか少ないし、ゲームもあまりやらないから知らないもの多かったけど、デロリアン出てきた時は盛り上がったし、キティちゃんも見つけられて楽しかった!

これは映画なのに自分がゲームをしてる気分にさえなっちゃうね!

博物館(?)の案内人は何かしらのすごい人なんだろうなぁとか、何者なんだろうって思ったけど、モローだとは思わなかった💦

映像の美しさ、鑑賞者を魅了する音楽、最後まで飽きさせないストーリー、どこを取ってもすごいね!流石スピルバーグ!
これは箇条書きでうだうだべらべら脈絡なく書くべき映画だと思ったのでそうします

・最序盤、HMD装着で始まるオアシス紹介シーケンスがすごい。目に映る風景がダイナミックにギュンギュン移り変わって仮想世界の奥へ奥へ進んでいく、文字通り没入感のある映像。これHMDで観たいよな〜
・MOD製作者が仲間にいるおかげで、あのアバターやこのアバターもこうして非公式にMODで作られたのかなとしみじみできる。僕なんかは全然誰が誰だかわからないし、多分ハリデーも知らなかったり趣味じゃないのも含めた大量のキャラたちが動いている、そんなあらゆるシーンで、いちいち誰かの愛情を感じてしまう。オアシスはかつてハリデーの作品だったけど、もうとっくの昔にプレイヤーたちのものなのだ!(ピープルvsジョージルーカスを思い出す)
・デロリアンのPART2避け(タイヤを横にするやつ)、最高
・オタクvsビジネスマンみたいなありがちな構図かと思ったら敵が土壇場でメカゴジラ召喚してお前もフレンズやんけと笑うんだけど、原作準拠じゃない特注モデル(らしい)なのが性格出てるねってことなのかな。最後「撃たない」様子がわざわざ映されるあたり、社長もまた単なるビジネスマンとして描かれたわけではない
・ゼメキスボム、撃たれた側からはどういうふうに映るんだろう? 廃課金アイテムが強すぎるのよくないと思います!
・エッグの鍵を探す謎解きはあまりに個人的なもので、ハリデーマニア以外にとってエキサイティングとはいえない。これらの試練を通過した者が来た道を振り返ってみても、あの時ダンス誘ってたらうまくいってたのにナ〜みたいな自意識エピソードくらいしかない。世界で初めてゲームに仕込まれたイースターエッグは「製作者の名前」だったという言及もあるしまあそういうものかという気もするが、それにしたってハリデーやハリデーの好きな作品について熟知してるかどうかで勝負がほぼ決まってしまうのは。第一試練、何も起こらずスーッとそのままゴールしちゃってびっくりした。
イースターエッグと銘打ってはいるが、これは単なる遊び心の隠し要素ではなく最大級の報酬つきメインコンテンツなのだから、一部の人を除いた多くのプレイヤーにとってみるからに退屈なのはどうよと思う。オアシスが「(単純な娯楽のための)ゲームではなくなってしまった」ことを嘆いた人の遺作とは思えない
・死亡ペナルティがデータ全消去ってハリデーやっぱり最初からまともにゲーム作る気なかったんじゃ
・ハリデー(とスピルバーグ)はゲームじゃなくて映画のオタクだし、第一第二試練とも映画アトラクションとして超楽しかったのはもちろんだ。でも第三は全部社長のおかげだかんな
・主人公は叔母の死をサクッと乗り越える(というかほとんど無視する)。この映画に「叔母の死」は必要だが「叔母の死を悼む」は別にいらないのだとスピルバーグに言われたら我々はハ〜そっスねと言うしかない。このへん同時期にやったアベンジャーズ・インフィニティウォーと対照的。素晴らしいテンポの代わりにその手の深みはゼロだ!
・そういえばポータルから出てくる社長ちょっとサノスぽかったです。ヨッ社長
・パスワードを紙に書いて手元に置いてるの笑いました、やっぱり社長はチャーミング
・ニンジャズ ドント ハグ
・礼儀正しく義理堅い日本男児のプレイする鎧兜の三船敏郎風サムライアバターが日本語で決め台詞言いながらガンダムに搭乗する場面、あまりにあまりで最高
・結末納得いかね〜楽しかったしいいか
元ネタが半分くらいしか分からなかった...
どこかにキティちゃんがいたらしい?
シャイニングのシーンがとても秀逸で作品に対する愛を感じる。
ゲーム好きならもっと楽しめたんだろーなーでもレースとか映像綺麗で良かった

最後チュッチュチュッチュしやがってよぉ
あれでゲームの時間とか制限されてもハ??????ハゲろや…ってなったから、違う次元の住人でよかったよ
最高。とにかくこの一言に尽きる映画。
色んな映画やゲーム、数多くの作品に触れてきた人にとっては宝箱のような映画。
あちこちに「うわ!これ〇〇のキャラじゃん!!」っていうのが散りばめられていて、Blu-rayが出たらコマ送りにしながらどの作品のキャラクターが出てるのか丁寧に追って行きたいですね。笑
PrizmaXの森崎ウィン君の「俺はガンダムでいく!」は最高すぎました。場内で笑い起こってましたね。
本作は、VRを題材にした2045年のお話です。
VRがここ数年急速に普及した現代において、本当に起こりうる近未来を描いていると思いました。
VRを全面的に肯定、もしくは否定する作品では全くなく、VRとの共存を描いた作品だと私は思います。
ラストシーンでウェイドとサマンサがキスしているところ。現実世界での真の愛を描いていました。私の主観が入ってしまうかもしれませんが、VR世界での愛はやはりチープなものになってしまうと思うのです。
ゲームとしてのVR世界で2人は最高のパートナー(相棒)であり、現実世界での2人は最高のパートナー(伴侶)と、2つの世界を共存させながら生きていくのだと思います。
くすりとくるネタ満載。シャイニングが出てくるとは思わなかった。
熱い展開多くて何も考えずに見て楽しめる。最高。
VR世界での顔は、CGの超イケメンなのに、リアル世界での主人公の顔がなんかいかにもって感じのアメリカのナード(オタク)というのがよかった。
VR世界でのゴリゴリマッチョの友人が現実世界では女性だとか、ニンジャの友人が現実世界では10歳くらいの子どもとか。オタク界における「オフ会びっくりあるある」がすごい。
スピード感が良かった。色んな映画の要素を詰め込んでいて、映画自体の進み方以外にも楽しめる映画。シャイニングは勘弁してほしかった。

ゲーム好きな人間からすると
とても面白かった!!

ゲームの中の世界で
なんでもできて
みんながその世界で暮らす。

そのゲームの所有権を巡って
繰り広げられる熱い戦い!

ゲームの中だけではなく
現実世界でも戦いは繰り広げられ

戦いで必要なのは勝つことだけではない。

現実で生きるのも大切だ。
めちゃくちゃアツかった。

そんなゲーム好きってほどではないけど、「あーここであのアイテムを取っておけばよかったのか!」とか、「この条件じゃないとイベント発生しないのか!」とかのイベント発生条件見つけた時の感動みたいなものがよかった、鳥肌立った。

あとオタクとビジネスマンの関係ってのはこうだよね…というか。
オタクの好きのエネルギーに乗っかって金を巻き上げようとするの、好きでもないくせにビジネスのためにしゃしゃり出てくるのほんとシバクぞって気持ちになる。
「このアイテムの発動条件も知らないのに?!」みたいな、この世界に愛がないのに、金目的だけで手に入れようとしてくるのオタク嫌いなんで。

あと最後の鍵を開けたところで大歓喜するオタクたち、ほんと最高だった。
熱い議論交わすオタクとか、うわめっちゃオタク…てなるシーンが良かった。
オタクの「なるほど!〇〇は〇〇で〇〇だったのか!!」みたいな知識ないとわかんない事を理解した時の口の回り方とかすごい分かるよ…てなった。

「俺はガンダムでいく」のズルさ
満を辞しての!!!

たまにはリアルでも生きないとね、ってスピルバーグに言われたら、ハイとしか言えないね。
>|