レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価・動画配信

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.0

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

2回目の視聴。
最初は日本語吹き替えで観たから、今回はオリジナルで。
なんだかんだで1番好きな映画🎬

全然違う作品だけど、相棒20にもVR空間の話が出てきてたから、今後もっと身近な存在になってくるような気が…

定期的に(時代の移り変わりの時々に)観たいと思える作品。

この作品の敵役はゲームとして楽しんで欲しいという創始者の意図を無視してゲームを自分の商売道具化しようとしている組織にしていて、主人公まわりの主要キャラはハッピーエンドをむかえるまさに楽しいゲームのようなサクセスで進んでいくけど、実際に現実世界にこのような空間が日常として現れた時には果たしてどんな敵役が存在するのか…

次観るのはいつになるのかな。
なお

なおの感想・評価

4.0
ストーリー性もあって、展開もスムーズでハラハラして観れた!
オンラインゲームってやっぱり作者とか製作者の気持ちとかがあったりしたら面白いよね。
ys

ysの感想・評価

4.6
素直に楽しめる王道映画 ガンダムは熱い

「シャイニング」の再現度に笑った
らいち

らいちの感想・評価

4.3
知ってる!!すごい!!!なんでこのキャラまで!?!?
矢継ぎ早に現れる映画オマージュの数々にボキャブラリーが3つくらいに減った。映画好きのための祭りのような映画。世界NO1興行収入のスピルバーグが築きあげてきたキャリアの大きさにただ飲み込まれた。特別な映画だね
MaoHirose

MaoHiroseの感想・評価

3.4
ゲーム的な映像?(闘うとことかレースとか)が多くて、三半規管弱めなのでちょっと見るの疲れてしまった笑
世界観とかはすごかったな〜

ETやジュラシックパークをみて「この時代にこの映像、ストーリーすごい…」って言ってるように、20年後にこの映画見て「20年前にこれ考えてたのすごいね〜」って振り返ってるのも想像難しくない…(強めのスピルバーグ愛)
JackieB

JackieBの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

CG技術と共感性で突っ走った映画。人物描写はほぼ皆無。

VRの価値の置き方で、「バーチャル(ニセモノ)の世界」とするのではなくて、「人の内面(本質)が見える世界」としたのは新鮮に感じた。

ただ、アザの見せ方がなんか嫌で、わざわざその方向に向かせてキスするか?と、露骨だなぁと思った。

あとは、オマージュというよりは全体的に直球すぎて、シュガーラッシュ2を見た感覚にも近かった。

このレビューはネタバレを含みます

最高に大好きな世界観。仮想現実いいな〜。フリーガイとかも大好きだけど、こんな世界になったら私は完全に沼だな。
現実がリアルって言葉、最後ちゃんと仮想現実の世界が全てではなく、リアルに生きる私たちの世界、人との繋がりがあってこそというオチも良かった。
Aさん

Aさんの感想・評価

3.0
映像と迫力がとにかく凄い。映画館で4Dで見るべき作品って感じがしました。
個人的にはデロリアン出したりバックトゥザ・フューチャーのサウンドのオマージュなのか?と思うバックサウンドあったりしてテンション上がりました。

主人公とヒロインのアバターが個人的には好みではなく、お話自体も途中から集中できなくなってしまって後半だらけました。

終わってみれば
いかにもスピルバーグ作品
って映画でした。
つく

つくの感想・評価

2.6
お祭り映画だね!!
好きだよ。でも夢中になれないのはなぜだろう?
S

Sの感想・評価

4.8
SF作品、ゲーム、往年の有名映画が好きなら、心の底からおすすめしたい映画。
リアルとデジタルを上手く融合している。
映像、音、演出、全てが期待値を上回り、監督の名前負けせず、素晴らしい映画だった。
ひとつの映画の中に、他の映画の要素(シャイニングやAKIRA、ガンダムなど)が隠し要素としてふんだんに盛り込まれていて、その映画ファンから見てもテンションの上がるポイントだ。
>|

あなたにおすすめの記事