てるる

ブラック・フライデー(原題)のてるるのレビュー・感想・評価

3.8
ネトフリのナワさん出演作3本一気見。

色んなインド映画で触れられるヒンドゥー教とイスラム教の対立。
それがエスカレートして起きた暴動。
暴力の連鎖で起きた最悪のテロ事件。

実際に起きた同時多発爆破テロを基にした映画ではあるけど、冒頭のテロップで
・実際の事件を基に脚色
・特定の人や団体を批判する意図はない
(うろ覚えだけどそんな感じ)
と出るんだけど…

これはもうとんでもない負の連鎖。
最初にイスラム教徒を襲った過激派ヒンドゥー教徒。
その報復で計画・実行されたテロ。

警察は犯人逮捕のために誤認逮捕や拷問を当たり前のように行い、口を割らせるために家族までも脅したり。

しかもその拷問シーンが毎度赤い照明の部屋で行われるから画質の悪さも相まってちょっと怖い。

ちなみにラナさんは尋問を受ける若者のうちの1人で出演。
出番はほんとに数分といった感じ。

しかし警察も杜撰で、せっかく捕まえた容疑者を手錠もかけないから2回も逃す。
だからその追跡シーンが長すぎ。

もちろんテロなんて起こしちゃいけないけど、自分たちの家が焼かれ、愛する家族がレイプされ、それなのに真剣に捜査されないのなら怒りが積もり積もるのは当たり前。

しかしテロの首謀者一族はドバイでのうのうと暮らして、下っ端実行犯たちは見捨てられて右往左往するの何か物悲しかった。

これはその後起こった同時多発テロを描いた「ホテルムンバイ」でも同じで、下っ端を洗脳して命を懸けさせておきながら、自分は安全地帯でぬくぬく。
めちゃくちゃ腹立つ!

ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の対立は、今も解決してない。

そういえば警察の中に名脇役ムラリ・シャルマがいたー!
この人の顔は1度見たら忘れられない。