てるるさんの映画レビュー・感想・評価

てるる

てるる

ゴースト・ドッグ(1999年製作の映画)

3.7

武士道とは、死ぬことと見つけたり。

公開時、プロジェクターにパイプ椅子を並べたような場末の劇場で観た思い出深い作品。

色々とツッコミどころはあるものの、ジム・ジャームッシュ監督が「葉隠」を熟読して
>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

3.8

基本陰キャなのですが、こんな僕でもクラブハウスで映画話にお付き合い下さる奇特な方々がおりまして。
観るの迷ってたところ、そこでオススメされたので観てみました!

奇抜でないジョニデを久しぶりに観たかも
>>続きを読む

マッスル 踊る稲妻(2015年製作の映画)

4.0

ジャケや邦題(誰だこんなん付けたヤツ!?)から想像するようなコメディ感は薄い愛と復讐の物語。

ノートルダムのせむし男のような男がヒロインを攫うオープニングから不穏。

そしてボディービルダーの男リン
>>続きを読む

ボス その男シヴァージ(2007年製作の映画)

3.8

COOL!😉

タミルのスーパースターであり、ヒーローでもあるラジニ様主演!

最初のダンスで、腹にラジニ様を描いたダンサー達の真ん中で「COOL!」とかいうの笑った。

インドの社会問題である賄賂文
>>続きを読む

エボラ・シンドローム/悪魔の殺人ウィルス(1996年製作の映画)

3.3

スーパークレイジー極悪列伝3部作。
ハーマン・ヤオとアンソニー・ウォンがタッグを組むとホントにサイテーです。

歩く伝染病カイの前半の流れは「人肉饅頭」と一緒なので、これをベースにパンデミックものを加
>>続きを読む

スタローン in ハリウッド・トラブル(2009年製作の映画)

3.0

恋愛なんてクソ喰らえ!byスタローン

B級ハリウッド映画ではなく、れっきとしたインド映画だった。

アクシャイ・クマール主演、ヒロインはカリーナ・カプールのドタバタラブコメ。

しかしこんなサイテー
>>続きを読む

バードシャー テルグの皇帝(2013年製作の映画)

3.5

インド映画はボリウッドが有名ですが、テルグ語映画はトリウッドと呼ばれてます。

インド映画の大スターNTRの孫NTRジュニア主演のテルグ語映画。

ジャケやオープニングのテロの話からシリアスなクライム
>>続きを読む

深く静かに潜航せよ(1958年製作の映画)

3.8

「8日に生まれてればな…」

フィルマの評価が何故低めなのか?
やはり潜水艦映画にハズレナシの作品。

時は太平洋戦争中。
豊後水道で日本海軍の駆逐艦秋風に艦を沈められた経験があり、復讐に燃える艦長。
>>続きを読む

AVA/エヴァ(2020年製作の映画)

3.5

ジェシカ・チャスティンが暗殺者に扮するアクション映画。

総合的な完成度でいえば、「アトミックブロンド」の方が上。

だって主人公が情緒不安定すぎる。
主人公補正で何とかなってるけど、あんな感情的な暗
>>続きを読む

BanG Dream! Episode of Roselia I:約束(2021年製作の映画)

4.0

アニメ版ではポピパが主役だけど、影の主役とも言えるロゼリアをメインにした劇場版の前編。

ゲームメインのアニメ化は客寄せパンダ的な意味合いのものが多い中、しっかり作ってあるのが好感が持てる。

特にラ
>>続きを読む

漂流教室(1987年製作の映画)

1.0

僕の小学生の頃のバイブルが「漂流教室」と横山光輝「三国志」だったのですが←どんな小学生だ

漫画やアニメの実写化反対派になった先駆けがこれでしょうね。
これはとにかく酷い。
カオス。

もちろん原作ど
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.0

るろ剣実写化最終章の前編。

正直、原作でも志々雄真実あたりがピークでそれ以降は蛇足に感じてたのがモロに出てしまった。
そう、ちょい寝ちゃいました!

もう縁が姉さん姉さんうるさい。
うるさすぎてラス
>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.7

るろ剣実写化第2弾の後編。
The Finalに向けて復習。

ここに来て1番納得のいかない配役!
それが比古清十郎役の福山雅治!
マジで違うから!
何なんだよ!
確かに日本人で演じられそうな人いない
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.5

るろ剣実写化第2弾。
The Finalの前に復習です。

るろ剣史上最強の敵・志々雄真実編。
志々雄だけじゃなくて部下もっょぃ。

前作に出てたメインキャラのキャストはそのまんま。

志々雄真実役に
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.5

原作はリアルタイムで読んでて、志々雄真実あたりまではコミックも買ってたくらいには好きだった。

元々新撰組が大好きで、まさかの斎藤一が出てきたのがハマったキッカケ。
明治時代だからというのもあるけど、
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.0

今年のアカデミー賞作品に全然食指が動かなくて、ようやく観た1本目。

そもそもこれも予告の第一印象は「眠くなりそう…」だった←オイ
でも先日観たジャオ監督の「ザ・ライダー」が思いの外良くて重い腰をあげ
>>続きを読む

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

2.0

オリジナルの「超能力者」を観直したので、ついでにコレも1.5倍速で。
公開時、劇場で観て後悔したけど、改めて観直してやっぱダメだこりゃ。

とはいえ、序盤は普通に面白い。
更にはオリジナルより話を膨ら
>>続きを読む

超能力者(2010年製作の映画)

3.8

藤原竜也×山田孝之W主演「モンスターズ」のオリジナル作品。
当時、邦画と韓国映画の違いに絶望した初めての映画でもある。

どうして邦画リメイクはあんなにツッコミどころ満載になってしまったのか。
忠実に
>>続きを読む

コインロッカーの女(2015年製作の映画)

3.7

擬似家族の殺し合い。

コインロッカーに捨てられていた赤ちゃんがヤミ金業者の女に引き取られ、自分自身も取り立て屋になっていく話。

韓国映画らしいバイオレンスや流血もあります。

兄弟姉妹みんな血は繋
>>続きを読む

鬼はさまよう(2015年製作の映画)

3.5

「悪魔は誰だ」と同じく、髪型のせいで伊原剛志に見えるキム・サンギョン主演。

暗く人気の無い夜道を女性が1人で歩くの危険!
あと、油断しがちなのが鍵を開けて部屋に入る瞬間!

てことで連続女性殺人&失
>>続きを読む

悪魔は誰だ(2012年製作の映画)

3.9

これは予想出来なかった!

時効間近の誘拐殺人事件。
執念の母親と、諦めかけた刑事。
そしてまた新たな誘拐事件が発生する。

髪型のせいもあると思うけど、伊原剛志に似てるキム・サンギョンが刑事役。
>>続きを読む

極秘捜査(2015年製作の映画)

3.5

最後まで観て…これ実話だったんかい?!
しかもテロップだけで語られる内容もなかなかの衝撃😅

「事実は小説よりも奇なり」で、刑事と占い師のバディもの。

金持ちの娘ウンジュが誘拐される。
藁にもすがる
>>続きを読む

3(2012年製作の映画)

3.3

インド大映画祭2021-⑤

前半のラブストーリーからの後半の転落っぷり。

すいません、合いませんでした。

インド映画あるあるの、男がストーキングして何故か女子の方が惚れてしまうやつ。

それだけ
>>続きを読む

ゲームオーバー(2019年製作の映画)

3.7

インド大映画祭2021-④

オープニングはインド映画とは思えないほどのスラッシャー!

これは期待大…とか思ってたら、その後しばらく何も起こらない。
ラスト30分くらいまではかなり退屈。

しかし突
>>続きを読む

カダラムの征服者(2019年製作の映画)

3.9

インド大映画祭2021-③

あれ、なんか展開が全部読める…。
てこれフランス映画「この愛のために撃て」のリメイクやないかーーーい!

「暴走車」のリメイク、「タイムリミット 見知らぬ影」を観た時も
>>続きを読む

特別捜査 ある死刑囚の慟哭(2015年製作の映画)

3.7

元暴力刑事で今は法曹ブローカー(囚人と弁護士を繋ぐ役目?)としてブイブイ言わせてるピルジェ。
ある死刑囚から手紙が来たことで、強大な権力に立ち向かうことになるストーリー。

韓国映画らしいバイオレンス
>>続きを読む

エクソシスター 悪夢の夜明け(2019年製作の映画)

1.5

ゲオ先行レンタル作品。

なるほど~🤔
数数多のリメイクや派生作品を生んできた「あの事件」の前日譚なのね。

とはいえ、おそらくその前日譚もフィクションぽいし、何よりつまらないです。

30分くらいの
>>続きを読む

スケアリー・アパートメント(2020年製作の映画)

3.5

ゲオ先行レンタル作品。

最近は下火になってきたものの、一時期はフレンチホラーの次くらいにアツかったスパニッシュホラー。

田舎から全財産をはたいて都会のアパートメントを購入した家族。
そのアパートに
>>続きを読む

トラジディ・ガールズ(2017年製作の映画)

3.3

「スプリー」と同じく、バズりたいという承認欲求で人を殺しまくる友JK2人の話。

オープニングで殺人鬼を捕獲しちゃうあたりは面白くなりそう!だったのに、なんだか盛り上がりに欠ける展開が続く。

という
>>続きを読む

スプリー(2020年製作の映画)

3.3

迷惑系YouTuberならぬ殺人系YouTuber

10年間配信し続けたけど、全くバズる気配のないカート。
ある日、スプリー(配車サービス)を利用して乗せた人を殺す生配信を思いつくというPOV映画。
>>続きを読む

太平洋の地獄(1968年製作の映画)

3.9

去年くらいに観たのでうろ覚えレビュー。

といってもストーリーは至ってシンプル。
太平洋戦争時、無人島に流れ着いた日本兵とアメリカ兵の対立。

キャストも世界の三船とリー・マーヴィンのみ。

この2人
>>続きを読む

バレエ: 未来への扉(2020年製作の映画)

4.0

実話を基にしたネトフリオリジナル作品。

仲間たちとダンスをして毎日フラフラしてるアシフ。
独学でダンサーを目指す生真面目な大学生ニシュ。
海外からやってきた超絶短気なバレエ講師サウルに見出され、スラ
>>続きを読む

レッド・スネイク(2019年製作の映画)

3.7

マッドマックス!!!

女性兵士で構成され、命を懸けてISと闘う蛇の旅団。

「ババールの涙」と比べると若干俗っぽい描き方になってる。
ランボーの1作目と2作目の違いのような。

また、ババールの「太
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.2

Filmarksさん試写会にて。

和牛はWAGYUなの?

「アラジン」とか「キング・アーサー」なんかも悪くは無いけど、やっぱりクライム群像劇が観たいんじゃぁあああ😫

てことで我らがガイ・リッチー
>>続きを読む

チェイス!(2013年製作の映画)

4.2

レビューするの忘れてた…
だいぶ前に観たのでうろ覚えながら。

舞台はアメリカ。
非情な銀行により自殺に追い込まれた父を持つサーヒル。
成長したサーヒルは表ではマジシャンとして活躍しながら、裏では銀行
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

4.0

リアル「mid90s」だった。
片田舎の閉塞感がひしひしと伝わってくる。

しかもメインの3人のうちの1人が12年間撮り続けてきたのだから尚更。

その「世界」で普通に生きられる人にとっては「行き止ま
>>続きを読む

>|