みきてー

SEX発電のみきてーのレビュー・感想・評価

SEX発電(1975年製作の映画)
4.0
近未来、全ての電力を失った人類は新たな電力源を探していた…という所から話が始まり、SEXを新たなエネルギーとして実用化しようというマッドサイエンティストの話。

突っ込みきれない位のヌケ要素と、70年代イタリアのカルトさが謎のマッチング。レトロフューチャー。

笑い飛ばせる話かと思いきや、終盤はセックスが社会奉仕となってしまい機械のかわりにせっせつと行為に勤しむ人間が描かれていて

「人間が機械のために働いているのか、機械が人間のために動いているのか」

分からなくなってぐるぐるする。