SEX発電の作品情報・感想・評価

『SEX発電』に投稿された感想・評価

おバカ映画だな〜と思って見てたのにいきなり終盤でディストピアと風刺を挟んでくる
レオ

レオの感想・評価

1.0
設定がバカすぎるのに、社会常識が変わってしまうことで性の価値観が逆転する展開が面白い。
藤子F不二雄の短編みたいな深みが出ている。
midored

midoredの感想・評価

5.0
いわゆるおバカ映画です。好きです。タイトルから予想したほどエログロではありませんでした。もちろんエロいのです。ただ、真っ裸の男女が映っていても雰囲気がギャグ漫画の世界なので笑ってしまうのです。例えるならば、陽気な風呂屋にいるような感じです。

噂には聞いていたけど、ここまで笑えるとは思いませんでした。見てよかった。70年代を煮詰めたようなファッションやインテリアだけでも楽しいのに、話もたいがい突き抜けてました。

原子力も地熱も風力も太陽光も全部すっ飛ばしてセックス発電なんです。もうこの時点で優勝だと思います。個人的には、各種プレイごとの発電量をいちいち法王に報告するシーンが最高でした。あまりに破廉恥すぎて弱り切った法王が、男性同士のプラトニックな愛情だけで発電はできないのかと聞くのがまた笑えます。

とにかく、セックス発電というIQの低いアイデアだけで全力で走り抜けつつ、終始小ネタも忘れずにつめこみ、ラスト1秒まで旨味とエンタメに満ちた良い映画でした。
えばら

えばらの感想・評価

4.2
電力エネルギーがなくなってしまった世界。人間のセックスによる肌の摩擦で、電力を生み出して世界を救う!?
とかいう馬鹿にもほどがある最高の映画でした。
これが本当のSDGs。

まず、意外とストーリーがあるのが面白い。何故真剣にやってるのか。シュール過ぎる展開に笑いっぱなしでした。セックスで電気生み出して泣くなよ笑
さらにお金もそれなりにかかってた。役者の数も多いし、ロケ地も豊富。普通に建物の電気付いてたけど。

久々にめちゃくちゃ笑えるくだらない映画で最高でした。
とりあえず脱ぐ助手がいい味出してた。
あさ

あさの感想・評価

3.7
エネルギーが枯渇した世界で、セックスで発電するというそのまんまなコメディ映画
内容は馬鹿馬鹿しいけど、馬やら自転車やらがメインの移動手段で、灯りも蝋燭だったり、そういう細かいディテールがしっかりとしているのがなかなか面白い
最後も風刺で〆て、この手の映画にしてはちゃんとしてて面白かった
大まじめに馬鹿をやってて意外とおもしろかった。
70年代ってこんな映画作ってもよかったんだろうか。
ロッキーホラーとかもあるし意外と許容されてたのかな。
8787

8787の感想・評価

2.0
バカ過ぎて嫌いじゃないけど、この内容で90分超えは長過ぎる…

助手(ナース?)の直ぐ脱ぎ出すほうの女が笑える。

字幕スーパー版
2022-028
タイトルに偽りなしで中学生の妄想をまんま映画にしちゃったやつだけどそこら辺のダメ映画よりちゃんと(?)作られてて不思議な気持ちに。
SunO2

SunO2の感想・評価

4.0
エネルギーが枯渇した2037年。馬や自転車に頼る生活。テレビも通信も途絶える中、SEXでの発電を思いつく主人公の教授。助手を使った実験の成功から、更なる大電力を求め、性欲の強い男女〜ホテルの支配人(ヤリチン)と子沢山な主婦を拉致。狂気の実験が始まったのであった...

『ファッキング発電』だの『マンチング』だの言語センスに長けた字幕。「君は皆とチンポ姉妹というわけだ」には爆笑した。被験者の女が機嫌を損ねると助手の女がおもむろに脱ぎ出して「私がヤリます!」みたいなの最高。ホテルの部屋に男女を沢山押し込めて、成功(性交に)すると電気が点くとか、電力不足でエレベーターが止まり、またまた助手が無理矢理男とやって発電したり賑やかでしたが、ラストは明るいディストピア風味でハッピーなのか何なのか。この時代に良くある文明風刺映画とも言えるが、ヌーディズム映画の趣きもある。
この映画を作るために何人もの大人が真面目に仕事しているという事実だけでもうおもろい。再生可能エネルギーやね。
>|

あなたにおすすめの記事