じゅんP

君の名は。のじゅんPのレビュー・感想・評価

君の名は。(2016年製作の映画)
3.0
興行的にも世評的にも確かな道を驀進しているのに、今さら観て、今さらどうこう言いづらいですが…。

新海監督作品は「秒速5センチメートル」しか観たことなくて、良い面も好きじゃない面も思った以上に似通っていたので、それだけ作家性の強い人、という印象になりました。

僕が感じた語らせ過ぎとか、逆に飛ばし過ぎとか、歌マジか!?とか、そんな諸々の要素全てが、表裏一体で今作の「わかりやすさ・POPさ」となっていて、それがこの映画の明確な武器なんだろうな。
そこを否定するつもり全くないし、そーいう映画にも好きなもの沢山あるけど、今作の「わかりやすさ・POPさ」に関しては、僕の好きなそれではなくて、享受できなかった。

それでいて色々と濁された感もあって、実際こんなにも丁寧に「説明」してくれてる映画なのに、一緒に観た妻の「結局これ何を伝えたかったの?」にちゃんと自分の理解した何かを答えられなかったのが、そのまま自分の答えでした。