映画は最高の娯楽

SING/シングの映画は最高の娯楽のレビュー・感想・評価

SING/シング(2016年製作の映画)
3.8
最初はレンタルで済まそうかと思っていたが、レビューを見ているうちに触発されたので鑑賞。[(フィルマークスをやっているとこういうことになります(笑)]

ストーリーはいたってシンプルだが、豪華スターが圧倒的な歌唱力で新旧のヒット曲を歌う様は気持ちが良い。
キャラクターは全員に個性があるなか、特にイグアナのカレンはどこか嫌いになれない魅力がある。
タロンエガートンの美声は必聴。
見所はやっぱり色鮮やかなラストシーンで テンションが上がること間違いなし。
映画オリジナル曲のFaithはノリが良く、エンディング曲にふさわしい。
(欲を言えばこう言った曲をもっと聴きたかった。)

鑑賞としては字幕からの吹き替えがお勧め。
(吹き替え版は歌のシーンも日本語訳されているので、オリジナルを聞いてからのほうが楽しめる。)

良くも悪くも少し詰めが甘い、いつものイルミネーション作品といった印象。
傑作とはいかないものの、純粋に楽しめる作品。