映画は最高の娯楽さんの映画レビュー・感想・評価

映画は最高の娯楽

映画は最高の娯楽

気軽にコメント下さい😊
ネタバレはしないように心がけています
気軽にフォローよろしくお願いします
こちら側からもフォローさせていただきます
アクション映画好きです!
新旧洋画の評価が中心で、長文はあまり書かないのでご了承ください。
点数は甘めです(平均3.8を目安に)

映画視聴環境 4.1.2ch ドルビーアトモス・フルHDプロジェクター 80インチ
記録もかねて映画を評価しています

映画(324)
ドラマ(0)

ニューヨーク東8番街の奇跡(1987年製作の映画)

3.8

強制的に住居を壊され、立ち退きを余儀なくされた住民たちのもとに、どんなものでも直してくれる小さな宇宙船が...

宇宙船の少しのファンタジー要素が丁度良く、本当にほのぼのできます。
お互いに助け合う住
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.7

ちょっと長いかな...
中弛みが若干。ストーリーが雑💦
キャラクターの設定上 感情移入しにくく...

まあ何だかんだで楽しい雰囲気にはなれるので、ABBAの歌メインで見るのがオススメです
曲は良い
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

これはファミリー映画です。
予想以上のファミリー映画テイストで最後はほっこり、下ネタ要素はほぼ影を潜め 癖のない単純に笑える娯楽作に
グロ要素は相変わらずで

ストーリーは前作同様真面目。軸がしっかり
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.0

気象を完璧にコントロールできる衛星が暴走し、地球は大変なことに...
砂漠地帯に津波が発生したり、地面から炎が吹き出したりなど人工的な災害シーンは新鮮。

といっても本格的に暴走し出すまでが長い。
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.1

評判通りで後半は失速気味。
というか後半は置いてけぼりに...
(監督すらも後半は何を撮っているのかわからなくなったという話を見て納得しました 笑)

まあ何と言ってもヘリ部隊空襲シーンは圧巻。
画面
>>続きを読む

メカニック(2011年製作の映画)

4.2

相変わらず似たような役柄が多いジェイソンステイサム主演作品。

ジェイソンステイサムというだけで殺し屋設定に説得力が生まれるんですよね 笑

計画を立てて、殺しを行う過程は楽しく、キレのあるアクション
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

王道ゾンビ映画。
ゾンビ映画お約束の展開と少しのドロドロ人間ドラマ。
これでもかと言うほどのいやなキャラクターが登場し、良い具合の胸糞要素も。
ストーリーは潔いほどシンプルで、単純に新幹線内でのゾンビ
>>続きを読む

ドラフト・デイ(2014年製作の映画)

4.0

タイトル通りの内容で、プロアメリカンフットボールのドラフトまでの1日を描いた作品。

選手指名権を得るために、将来の指名権を賭けたトレードができる複雑なドラフトシステム。
もちろん期待されている選手で
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

4.0

シンプルな気持ち良さ。
地元に来た女性人気歌手が拐われ、それを主人公が助けに行くというストーリーで王道的な爽快感がある。
印象的な世界観と音楽。
若くても一瞬でわかるウィレムデフォー。

まあショット
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

オープニングから異様な空気を放つ今作。
サノスを中心としたインフィニティストーンを探し求めるシンプルなストーリー。

これまでに味わったことのない衝撃。

この作品に点数を付けていいのかもわからない。
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

よく分からないけど不気味。
スタンリーキューブリック節が炸裂し、全体的に異様な雰囲気を放つ。それが逆に不安を煽る。

と言ってもストーリーは山奥のホテルにいる3人の家族の話なので、後半は同じような展開
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.7

スピルバーグ監督に感謝!
日米ポップカルチャー祭典 ここに開幕。

素晴らしい!
映画ファンはもちろんのこと 老若男女 誰でも楽しめること間違いなし。夢の詰まった胸踊るストーリーと大興奮の映像表現。
>>続きを読む

コロニア(2015年製作の映画)

4.2

チリで大統領支持運動をしていたヒロインの彼氏が、突如 軍のクーデターにより捕まりコロニア・ディグニダに送られてしまう。
そこで彼氏を救うため 彼女はコロニアに向かう。

カルト集落コロニア・ディグニダ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.4

とにかく雑な点が目立つ。まず脚本が...
まあ盛り上がらない。
重厚感のあるイェーガーは消え、ランニングマシーン化した酷いコックピット。魅力の何もありません。
改悪にもほどがある。怪獣の出番も少なく.
>>続きを読む

セルラー(2004年製作の映画)

4.2

評判通りの面白さ。
ある男のもとに偶然 全く知らない誘拐された女性からの電話がかかり...

誘拐された女性パート、巻き込まれた男性パート、警察官パートで構成されたノンストップサスペンスは一見の価値あ
>>続きを読む

完全なる報復(2009年製作の映画)

4.1

よくある復讐劇映画とは一味違う面白さ。

歪んだ司法制度のために極刑を免れた殺人犯。
主人公の怒りの焦点を司法制度に置き、ツッコミどころはありながらも中々にサイコな復讐劇で新鮮味があり楽しめる。
(こ
>>続きを読む

ロボコップ(2014年製作の映画)

3.4

はい ハッキリ言います「これは別に見る必要ありませ〜ん」笑
まあこれといった大きな展開もなくこぢんまりとした作品。
悪役の小物感が異常で、扱いも雑。
豪華俳優陣を全く活かせてない。

アクションシーン
>>続きを読む

明日に向って撃て!(1969年製作の映画)

3.5

出たアメリカンニューシネマ!
社会に縛られず自由に生きる主人公たちの姿が当時共感を呼びヒットした作品。
私はその時代を経験していないので、何ともいい印象はありません...

まあこの手の作品の主人公は
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.0

期待以上。
火星で発見した未知の生物。次第に姿を変え人間に牙を剥く。

とりわけ斬新さは感じられないが、the王道展開の手堅い完成度。

宇宙船という密室空間内での駆け引きは緊張感があり楽しめる。
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.9

いつもとは一味違ったマイティソーだが

元々 立ち位置が微妙だったソーシリーズに少しお笑い要素を加えた結果、ガーディアンズオブギャラクシーの劣化版になってしまったような作品。

もちろん前作より堅苦し
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.3

新生スパイダーマン誕生!

一人のピーターパーカーとしての新たな成長物語。
15歳という幼さを感じさせながらも真摯に努力する姿は、今までにない新鮮みがあり魅力的。
(トムホランドが適役過ぎる!)
>>続きを読む

ドリヴン(2001年製作の映画)

3.6

まあそこまで悪くはないけど特に良くもないかな...
スタローンはどちらかというとメインの若手ドライバー2人のサポート役といった位置付けで筋肉を使った大きな見せ場はありません 笑

街中でのF1マシンの
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

4.3

これはまんまとやられました💦
ラストのどんでん返しが衝撃的。
最後まで徹底したサイコホラーぶりでその潔さが気持ちいい。
絶望感や緊張感を感じさせる演出がうまく、サスペンス要素もあり1秒たりとも気が抜け
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

3.9

マフィアの金を盗んだ会計士と、それを追う賞金稼ぎの主人公の話。

アクション要素はおまけ程度でアクションコメディというよりは2人のロードムービー。

物語前半のテンポが悪く面白みはほぼないので注意です
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.2

素直に楽しめる娯楽作!

舞台はボードゲームからテレビゲームへと変化した今作。テレビゲームならではのあるあるネタなどを挟みつつ特性を活かした演出が面白い。
俳優陣の演技も上手くハマっていて、監督が俳優
>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

4.2

もっと評価が高くてもいいような...
とにかくケビンコスナーの格好良さに惚れる 笑

恋愛要素ありサスペンス要素ありでテンポ良く楽しめる。
ボディーガードとしての人を守る緊張感も感じられる。
依頼人で
>>続きを読む

トゥルーライズ(1994年製作の映画)

4.5

少なくともシュワちゃん主演作ではトップ5に入る傑作。
極悪テロリストはスパイシュワが許さない!
とにかく面白い。
少しのコメディ要素を挟みつつ、テンポ良く話が進み一瞬も飽きさせない!

銃撃戦からバイ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

後半の展開が...
音楽と上手く融合したテンポの良いカーアクションシーンから始まるオープニングは良かったが...
後半から主人公のキャラがブレ始め、モヤモヤしたままエンディングを迎えてしまった。
主人
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

猿ドラマ重視。
まあ1968年版の猿の惑星を見ている人であれば結末は大体予想できますが...

前半はロードムービー 後半は刑務所からの脱出劇で退屈することはなく、うまく話が繋がるようにオマージュなど
>>続きを読む

狼の死刑宣告(2007年製作の映画)

4.2

法で裁けぬ悪い奴らはこの手で裁く!
男の復讐劇は相変わらず大好きです 笑

凄腕でも何でもないごく普通の主人公が、息子をギャングに殺され復讐の鬼となる。
ごく普通といっても難なくギャングと対等に戦った
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.3

ややこしい...

映画開始から物語の結末を見せられ、そこから少しずつ過去へと遡る。
主人公の過去を追うような形で話が進み、記憶が10分おきにリセットされてしまう主人公と同じような感覚を味わえる。
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.4

良くも悪くも普通...
宇宙を舞台とした予測不能なSFスリラーとして、ある程度は楽しめる。
といっても結局最後まで謎を放置したままなのでモヤモヤが残る。

もう完全に何でもありの作品になってしまった.
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

オープニングの掴みが最高!
低音の効いたイントロからヒュージャックマンの歌声が響く。
「これが見たかったんだよ」とテンションMAX!
個性豊かな俳優とのミュージカルシーンではこれでもかと盛り上がれる。
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.4

寡黙なプロの殺し屋と家族を殺された少女との話。
2人の純愛。お互いの関係の変化、そこに至るまでの過程の丁寧な描写が素晴らしい。

殺し屋といっても、プロとして「女と子供は殺さない」という流儀をもってい
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.2

今見ても斬新なストーリー。
中々ぶっ飛んだ恐ろしい設定ながらも、少しのコメディ要素で上手くバランスが取れていて見やすい。
主演がジムキャリーというのもまた良かった。
あらすじなども見ない方が衝撃度があ
>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

4.1

中々ガツンとくる作品。
物語は銀行強盗とシンプルで、主人公兄弟の絆もあり、緊張感のある展開もあり楽しめる。
銀行強盗の目的が単純にお金目的ではなく、考えさせられた。

舞台はテキサスの田舎町。錆びれた
>>続きを読む

>|