SING/シング(2016年製作の映画)

SING

上映日:2017年03月17日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:110分
    監督
    ガース・ジェニングス
    脚本
    ガース・ジェニングス
    キャスト
    マシュー・マコノヒー
    リース・ウィザースプーン
    セス・マクファーレン
    スカーレット・ヨハンソン
    ジョン・C・ライリー
    タロン・エガートン
    ニック・クロール
    レスリー・ジョーンズ
    ジェイ・ファロア
    ニック・オファーマン
    あらすじ
    かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、経営が全く上手くいかない状態が続く劇場の主宰であるコアラのバスタームーン(マコノヒー)。バスターは根っからの楽天家で(少しろくでなしなところもありますが)、自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守る為なら何でもやろうと決心。そんな彼の望みが危機に直面した今、劇場にかつての栄光を取り戻すため、最後のチャンスである世界最高の歌唱コンテストをプロデュースする事に!感傷的に優しく歌うハツカネズミ(マクファーレン)、ステージに上がることに恐怖心を持つ内気なティーンエイジャーのゾウ(ケリー)、25匹のコブタの面倒を見る疲れ果てた母親(ウィザースプーン)、自らの家族である犯罪一家から自由になりたいと願う若いギャングスターのゴリラ(エガートン)、横柄な彼氏を捨ててソロになるべきか葛藤するパンクロッカーのヤマアラシ(ヨハンソン)など、それぞれの動物たちが、自らの未来を変える機会となることを信じバスターのいる会場に集結する。

    「SING/シング」に投稿された感想・レビュー

    もえか
    もえかの感想・レビュー
    1日
    4.3
    留学先で友達と見に行きました^ ^
    3Dで見たんだけど、こっちの3Dはアトラクションみたいに飛び出てきて日本の奥行きのある3Dとは違って面白かったです!!(気のせいかも…笑笑)

    上映中は日本とは違ってわいわいしていて一緒に盛り上がれて楽しかったです!

    途中日本語で話し始めるシーンがあって(英語の字幕なし)みんなが理解できてないのに自分たちだけ笑っていてその状況にも笑えました笑

    ララランドも見にいきたいけどきちんと理解できるか不安で迷ってる…笑

    アニメーションだし歌うシーン多目だったから英語でも理解できてよかったです!でもとにかく歌がほんと鳥肌ものでほんと素敵でした!!!

    ストーリーは、コアラのムーンがお父さんから受け継いだ劇場をどうにかして再興させようと歌のオーディションを開いて賞金をかけるのですが金額を打ち間違えてしまって大々的になっていき……

    ジョージ?(ゴリラ)の家族の話が本当泣ける……

    家族の絆?がテーマって感じで本当楽しくてわいわい見れる映画かなって思いました^ ^
    くま
    くまの感想・レビュー
    2日
    4.3
    歌がたくさん聞けて楽しい
    natsuno
    natsunoの感想・レビュー
    3日
    4.6
    歌よい
    もり
    もりの感想・レビュー
    5日
    4.0
    タロンやスカヨハが声優として出るということでまず興味が湧き試写会で先に拝見させて頂きましたがそれぞれ個性的なキャラクター達が可愛くて面白かったです!

    成長していく姿も勿論ですが歌が溢れる感じがとっても素敵で観ているこっちまで楽しくなってくるような映画でした♪

    ちなみに洋楽好きの私としてはまた更に楽しい映画でした!
    もちろん知らずとも楽しく観れると思います(*^^*)
    渡邉誉之
    渡邉誉之の感想・レビュー
    6日
    3.4

    このレビューはネタバレを含みます

    SING/シング
    擬人化動物アニメという事で、鑑賞前はどうしても『ズートピア』を連想してしまった。
    その為、各動物特有の習性と人間的何かを結びつけて描かれるのかな、と勝手に比較していた序盤、それはあまり関係ないのだと気付かされた。つまるところ本作における動物とは、キャラクター付けのためのエッセンスであって、非常にライトだ。ライトだからこそ子どもにも分かりやすく伝えられる。それはポジティブに捉える。

    本作の主要キャラクターは皆それぞれに問題を抱えており、その問題の為に秘めた夢への道を閉ざされているところから物語は始まる。各々の問題は些細なものから大きなものまで様々だが、バスター・ムーンが誤って配布したチラシが、彼らに微かな希望を与える。彼らは夢への一歩を踏み出すのだが、それは空手形でしかない。

    序盤のオーディションシーンで盛り上がった後暫くは、主要キャラの稽古とバスターの資金繰りに奔走する姿が描かれ、もちろん楽しいのだがある種類型的で、退屈といえば退屈。だが中盤ラストに起きるある展開から、物語はもう一つの側面を見せる。即ち「夢破れた後の世界」だ。

    「何も成し遂げたことの無い男が、それでもポジティブに努力(あの犯罪描写は正直どうかと思うが)して努力して…それでも夢は壊れる。そんな時人はどうするべきなのか?何が人を救ってくれるのか?」その辺りを非常に真っ当に描いてくれる。そこにクライマックスの「フェス」を重ねる事で、感動的に締め括るのだ。

    本作はたとえば『ウォーターボーイズ』や『フラガール』などの様な、クライマックスの為の溜め映画の典型であり、子どもたちにも分かりやすく色付けされたポジティブな映画であり、家族そろって楽しめるファミリー向けアニメだ。

    それ以上でも以下でもない。まあ物足りないと言えば物足りないのだが…。

    …あ。日本語ギャグは笑えた。吹き替え版だとあの片言感はだせないだろうなあ。
    さえこ
    さえこの感想・レビュー
    6日
    4.2
    ロサンゼルスに行った時にホストファミリーに連れて行ってもらって見ました。
    kumi
    kumiの感想・レビュー
    2017/02/14
    3.9
    家の近くで観れる試写会に当たり、行ってきました~♪

    コアラのバスターが経営不審の劇場を立て直すために、オーディションを開催して新しいスターを探そう!って始まる今作。


    キャラがみんな楽しいし、歌や音楽がいいですよね。オーディション参加の短いフレーズも、あんな曲やら、こんな曲♪もあるし。


    見事本線参加のキャラは、それぞれの背景ストーリーが、よく出来てて楽しめる。


    ヤマアラシのロック女子にスカーレット・ヨハンソン。バラード上手いゴリラ君にタロン・エガートン上手いです♪


    日本のアイドルグループみたいに、キャピキャビしてるのはリスだったかアライグマ集団だったかな・・・。「にんじゃりばんばん」も歌ってた!
    もちろん、懐かしい曲もあったし、今どきのもあって楽しめます。


    ストーリーも、果たして劇場の危機は救えるのか?・・・と出場者の個々に抱えた問題もどうなる?って笑いあり涙ありで良かったです。


    歌と音楽がいいのと、動物達の表情や個性にあわせたステージの演出が、上手くて見応えありました٩(ˊᗜˋ*)و


    吹き替え版にも、歌の上手い方の名前もあるし、そちらも観たくなる位楽しい作品でしたね~♪
    いうみ
    いうみの感想・レビュー
    2017/02/13
    4.0
    笑って泣けた
    ステージパフォーマンスは
    本当に鳥肌が立った
    ゴリラくんの話がよかった…
    MakikoHirata
    MakikoHirataの感想・レビュー
    2017/02/12
    4.5
    マスコミ試写会にて。幅広い音楽を見事に一作に盛り込んで、少しも違和感を感じずに最後まであっという間に進んでいく。

    涙あり、笑いあり、大人が楽しめるストーリー。様々な人生が交差し、音楽の力によって奇跡のようなフィナーレが待っている。

    音楽はビジネスではなく、本当はこれだけの人を幸せにできる宝物なのだと、とてもピュアな気持ちになれた。
    CoRiNa3
    CoRiNa3の感想・レビュー
    2017/02/12
    3.3
    スカヨハの歌が上手過ぎて驚愕。日本語版のキャスティングがどうなるか楽しみ♫
    >|