SING/シングの作品情報・感想・評価

SING/シング2016年製作の映画)

SING

上映日:2017年03月17日

製作国:

上映時間:110分

3.8

あらすじ

かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、経営が全く上手くいかない状態が続く劇場の主宰であるコアラのバスタームーン(マコノヒー)。バスターは根っからの楽天家で(少しろくでなしなところもありますが)、自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守る為なら何でもやろうと決心。そんな彼の望みが危機に直面した今、劇場にかつての栄光を取り戻すため、最後のチャンスである世界最高の歌唱コンテストをプロデュースする…

かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、経営が全く上手くいかない状態が続く劇場の主宰であるコアラのバスタームーン(マコノヒー)。バスターは根っからの楽天家で(少しろくでなしなところもありますが)、自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守る為なら何でもやろうと決心。そんな彼の望みが危機に直面した今、劇場にかつての栄光を取り戻すため、最後のチャンスである世界最高の歌唱コンテストをプロデュースする事に!感傷的に優しく歌うハツカネズミ(マクファーレン)、ステージに上がることに恐怖心を持つ内気なティーンエイジャーのゾウ(ケリー)、25匹のコブタの面倒を見る疲れ果てた母親(ウィザースプーン)、自らの家族である犯罪一家から自由になりたいと願う若いギャングスターのゴリラ(エガートン)、横柄な彼氏を捨ててソロになるべきか葛藤するパンクロッカーのヤマアラシ(ヨハンソン)など、それぞれの動物たちが、自らの未来を変える機会となることを信じバスターのいる会場に集結する。

「SING/シング」に投稿された感想・評価

ShigenKubo

ShigenKuboの感想・評価

3.9
ミュージカル調のハッピーな映画!
ユニバーサルスタジオらしい柔らかい雰囲気。人間味のある感情の揺れ動きが心に来ました!
emma

emmaの感想・評価

3.0
劇場で見ようかと迷っていたやつ。
結果劇場で見なくて良かったな、と思った笑

しかし、宮野まもるや坂本真綾、きーやんなど、大好きな声優陣が並んでいたのをあとで知り、吹き替え版で見れば良かったと後悔。
でももう一回見る気になれず笑

動物たちはかわいく、テンションあがる曲も沢山あったが、
ストーリー的にはありきたりで退屈してしまうとこもあり、、、、
劇場が水没するとこはやり過ぎだなと思った笑
歌の力でゴリ押し!

オンボロ劇場を建て直し かつての活気を取り戻すため、訳ありで問題だらけの動物たちが奮闘する歌と踊りのエンタテイメント♪

動物たちのグレイテスト・ショーマン!

前作『ペット』の可愛らしさに、歌と踊りとテーマ性を加えた、私めのカタルシスを十分満たしてくれる楽しい映画。
ストーリー展開は個人的に本年度前期ベストムービー『グレイテスト・ショーマン』に似ているが、こっちの方が断然先!

マシュー・マコノヒー、ジョン・C・ライリー、トニー・ケリー、タロン・エガートン、スカヨハ…豪華声優陣による歌の祭典♪

日本語吹き替え版だって負けてない。
紅白の司会で黒柳徹子に「抜群の安心感」と絶賛されたウッチャン🐨。
しっかりここでも「ペッ!」って言ってるハゲの斎藤さん🐷。
歌うま!惚れ直したよ長澤まさみ🐭ハリネズミガデナイ。
クライマックスを決めるのは、やっぱりMISIA🐘。

期待を裏切らない快感♪

最初に登場した時点で「このキャラは、こんな風になるんだろうな」と予想する、ほぼその通りにストーリーは進んでいくが、そもそも そういったサプライズやどんでん返しを期待する映画じゃない。
でも、どの動物たちも予想を上回ってくれた。

それぞれの動物たちのキャラも魅力的。
中でも好きなのは25匹の子だくさんロジータ🐷。
彼女のマルチぶりは専業主婦にしておくのはもったいない。

あ、それからもう一人、
皆が成長する中で、最後まで成長しないマイク🐭
『シング2』でも、このキャラで突っ走って欲しい(笑)

どん底に落ちるのも悪くない...後は上がるだけ!
恐怖に負けて夢を諦めるな!

打たれても打たれても めげずに立ち上がる主人公バスターの不屈の精神は「夢は諦めない者だけが叶えられる」ことを教えてくれる。

ようやく田植えが終わったが、苗箱を洗う作業が残っている(;^ω^)コレガイガイニタイヘン
そうだ、コアラと羊に洗ってもらおう。
しょう

しょうの感想・評価

3.9
記録用。
✒︎みんな可愛いし歌も素敵だし見ていて楽しい。
✒︎マイクだけは何回か見てやっと好きになれるくらい、、、。
✒︎字幕も吹き替えも好きですよ。
Chiarums

Chiarumsの感想・評価

2.9
公開当時なかなか話題だったけど、へぇ〜くらいにしか思ってなかった作品。
良くも悪くもフツーのアニメ映画。
若干ですけど、ユニバーサルスタジオ制作のアニメ映画、なぜか私はあんまりハマれないんですよね^^;

字幕版で観たのですが、ゴリラ役のタロン・エガートンのブリティシュアクセントがカッコかわいい感じでちょい萌え〜〜♡

ゾウの女の子のDon't you worry about a thingの熱唱シーンが個人的にはピーク♪
ホテルの配信サービスでいつも思うのが

字幕、吹き替えくらい選ばしてもらえませんかねぇ。コレは吹き替え観たかった(>人<;)

あれ?どこかで観たよなストーリー???

そんな事気にしてはいけません!!

この系の映画は見終わった後にどれだけ音楽が頭に残るかです!

何時間
何日
何週間…頭の中にエンドレスリピートでその映画の挿入歌がまわりまわるかで決まるかと

この映画
MTVを夢中で見て
fm802誕生から802選曲で過ごしたこの人生の俺には選曲がどれもたまりませんでした(・∀・)

ってかスカーレットヨハンソンで感動してからのYouTubeでみた長澤まさみ歌上手すぎ!!!ww
今さらCD買おかな(笑)
ayamaru

ayamaruの感想・評価

4.5
元気もらえた!なんでも出来るんだ、明日から頑張ろって思えた💭コアラさんの考えるより行動するとこ見習いたい笑
オリジナル版も良いけど、吹き替え版も良いです。私は吹き替え版で鑑賞。
どちらもキャストが豪華。長澤まさみが失恋後に泣きながらテイラー・スウィフト歌った時には器用な女優さんだなぁと再認識しました。あと猛風の中、美声を轟かせる安定したエンターテイナーの山寺宏一さんね。大橋卓弥の演技力については温かく見守っていましたが、MISIAの内気な少女の演技は意外にも上手で驚きました。個人的なお気に入りキャラは、ルフィでお馴染みの田中真弓が演じたイグアナのミス・クローリーですね。癒されましたし、笑いました。
ところで、DVDには特典映像としてミニムービーが入っていたのですが、本編とは無関係の各キャラクターたちの愛らしいミニムービーが見られました。本編主役のバスター・ムーンではなく、各キャラクターが主人公となっていて、スピンオフ映画みたいで楽しい。世界観が広がってワクワクします。
映画を見終わった後は、ぜひ忘れずにご覧ください。
楽しくなる感じで良い!!コアラの楽天的な考えにイラつきながらも何事も前向きに取り組んで尊敬した。コアラに。
予告で気になっていてBDで鑑賞。最初は主人公のコアラにイマイチ魅力を感じず、面白くなるのかな〜?と思っていたが、オーディションが始まったあたりからどんどん魅力的なキャラが出てきて・・・最後まで一気にノリノリで観れました。動物キャラのアニメでは1〜2位を争う面白さだったかも。
>|