SING/シングの作品情報・感想・評価

SING/シング2016年製作の映画)

SING

上映日:2017年03月17日

製作国:

上映時間:110分

3.8

あらすじ

かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、経営が全く上手くいかない状態が続く劇場の主宰であるコアラのバスタームーン(マコノヒー)。バスターは根っからの楽天家で(少しろくでなしなところもありますが)、自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守る為なら何でもやろうと決心。そんな彼の望みが危機に直面した今、劇場にかつての栄光を取り戻すため、最後のチャンスである世界最高の歌唱コンテストをプロデュースする…

かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、経営が全く上手くいかない状態が続く劇場の主宰であるコアラのバスタームーン(マコノヒー)。バスターは根っからの楽天家で(少しろくでなしなところもありますが)、自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守る為なら何でもやろうと決心。そんな彼の望みが危機に直面した今、劇場にかつての栄光を取り戻すため、最後のチャンスである世界最高の歌唱コンテストをプロデュースする事に!感傷的に優しく歌うハツカネズミ(マクファーレン)、ステージに上がることに恐怖心を持つ内気なティーンエイジャーのゾウ(ケリー)、25匹のコブタの面倒を見る疲れ果てた母親(ウィザースプーン)、自らの家族である犯罪一家から自由になりたいと願う若いギャングスターのゴリラ(エガートン)、横柄な彼氏を捨ててソロになるべきか葛藤するパンクロッカーのヤマアラシ(ヨハンソン)など、それぞれの動物たちが、自らの未来を変える機会となることを信じバスターのいる会場に集結する。

「SING/シング」に投稿された感想・評価

ちりり

ちりりの感想・評価

3.8
とはいえアニメだよねと、思っていたら二回見てしまいました。日本語と英語で。
音楽はとにかく良かったし、選曲も良かったです。
そして、何度かうるっと来ました。
みんながそれぞれ日常の中問題を抱えていて。でも努力し、自分を認めてもらうことで、自分も周りの人も何か良い方へ向かって行ける…そんなハッピーな映画です。
映画館に観に行くか物凄く迷って、結局行かずじまいになってしまった作品。

前にDVD字幕で鑑賞。

洋楽が大好きなので、好きな曲がたくさん出てきて嬉しくなっちゃいました。
タロンエガートンやリースウィザースプーン等のキャストの方の歌声が聴けたのも勿論良かったし(歌唱力に驚きました!上手い✨)、
ミーナ役のトリーケリーは元々好きなので、綺麗な声がより際立っていて聞き惚れてしまいました。


登場人物たちも、歌が大好きでみんなで本当に良いステージを作ろう!という感じ、すごく良かった!


父のおかげで持つことのできた劇場を守り抜こうとする劇場主のコアラのバスタームーン
恥ずかしがり屋のゾウのミーナ
父親との関係に悩むゴリラのジョニー
夢と恋愛で葛藤するヤマアラシのアッシュ
子育てと家事で忙しい日々を送っていた主婦のロジータ…等

それぞれが抱える悩みや気持ちが伝わってくるキャラクター背景がとてもよく、実写でもできそうな程作り込まれたストーリー。

アニメならでは、キャラクターたちがユーモアたっぷり、個性的で可愛い✨
コアラの劇場主のバスタームーン。ちょこちょこ舞台の上を歩く姿も可愛い。
洗車場面…可愛いすぎます💘✨


ブタのグンターが中央を飾る広告が印象的だったのですが、観ていたらあれ?そこまで主要人物じゃない気が…と思っていたら、歌の発表の場面で納得。
作り手がグンター推しだった理由が分かった気がしました笑


登場人物たちのドラマに感動し、
ハッピーな気持ちになりました✨
元気になる!
音楽もいい感じ
暗い部分が我慢できる暗さ
あかり

あかりの感想・評価

5.0
やっと観れたー
吹き替え版観たけど、歌がすごい!!
笑いあり、涙も少しあり
リコ

リコの感想・評価

3.7
字幕・吹き替えどちらとも鑑賞。

個人的には各キャラクターの歌に個性にメリハリのある吹き替えの方がお気に入り。
山寺さんとMISIAがとても良い。

歌をテーマにしたという点では、思っていたより歌うことに関してあっさりしていたようにも思うけれど、それぞれのキャラクターの個性やストーリーのバランスがよく良い意味で気軽に楽しめます。

子豚たちがとても可愛い。
Kism

Kismの感想・評価

4.5
MISIAの歌声はやっぱ鳥肌だー
外人みたいにこんなとこいって恥ずかしがらずにノリたい!って思う!楽しかった〜
気軽に見れる映画らしさのある作品
ニガリを始め吹替も割といい
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

潰れそうな劇場の支配人が大ヒットを狙って賞金付きのど自慢大会を開いたところ応募者殺到で喜んだのもつかの間、賞金額を1,000ドル→100,000ドルと間違えていたことが発覚してさあたいへんな話。
予想外に重かった。登場人物みんな不遇すぎ。親に仕事を手伝わされてるギャングの息子よりも、挑戦をおそれて現状から抜け出そうとしない少女、モラハラ彼氏持ちのバンド少女、夫が過労の子だくさん主婦、そんな人(人じゃないけど)の方がリアルに想像できて滅入る。
息子の夢を叶えるべく必死に働いて建ててくれた劇場が文字通り崩壊しちゃったのも、その後明らかになった父親の仕事の実態を見ると余計にショック。そんな劇場も大富豪のサインひとつで元通りなんでのも辛い現実。
リニューアルオープンの場にネズミがいなかったのを見て彼のその後を案じてしまう。
おまけのミニアニメ3本はどれも楽しかった!とくに豚夫婦の後日談、本編では夫婦揃ってまじめ過ぎるがゆえの余裕のなさにハラハラしたから、ベビーシッター雇ってディナーに行く姿にホッとした。
アリス

アリスの感想・評価

4.5
ファニーな場面で好きなひとが声だしてわらってるの、その空間がしあわせだった。

素敵な物語やった!とても好きです…
ゆうり

ゆうりの感想・評価

5.0
今年見た作品の中でトップなんじゃないかというくらい良かった。ミュージカル系が好きだからっていうのもあるけど、ストーリーもすごく良かった。笑いあり涙ありの良作でした。
>|