SING/シング(2016年製作の映画)

SING

上映日:2017年03月17日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:110分
    監督
    ガース・ジェニングス
    脚本
    ガース・ジェニングス
    キャスト
    マシュー・マコノヒー
    リース・ウィザースプーン
    セス・マクファーレン
    スカーレット・ヨハンソン
    ジョン・C・ライリー
    タロン・エガートン
    ニック・クロール
    レスリー・ジョーンズ
    ジェイ・ファロア
    ニック・オファーマン
    あらすじ
    かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、経営が全く上手くいかない状態が続く劇場の主宰であるコアラのバスタームーン(マコノヒー)。バスターは根っからの楽天家で(少しろくでなしなところもありますが)、自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守る為なら何でもやろうと決心。そんな彼の望みが危機に直面した今、劇場にかつての栄光を取り戻すため、最後のチャンスである世界最高の歌唱コンテストをプロデュースする事に!感傷的に優しく歌うハツカネズミ(マクファーレン)、ステージに上がることに恐怖心を持つ内気なティーンエイジャーのゾウ(ケリー)、25匹のコブタの面倒を見る疲れ果てた母親(ウィザースプーン)、自らの家族である犯罪一家から自由になりたいと願う若いギャングスターのゴリラ(エガートン)、横柄な彼氏を捨ててソロになるべきか葛藤するパンクロッカーのヤマアラシ(ヨハンソン)など、それぞれの動物たちが、自らの未来を変える機会となることを信じバスターのいる会場に集結する。

    「SING/シング」に投稿された感想・評価

    (((o(*゚▽゚*)o)))
    よかった
    muu
    4.6
    私はかなり好きなやつー!モアナ観てからこれ観て、ダンゼンこっち派!!うるうるくる感動シーンもあったし、何より歌が上手すぎるから、聞いてるだけでもワクワクできる。もちろん字幕にて鑑賞。アイドルグループが日本語で歌ってるタヌキ?達はなんだか考えさせられた。日本のアイドルってカナリ海外では違和感のあるグループであり、印象的なんだなー。w
    そじろ
    4.3
    イケボのゴリラとブタのママンがかなりツボだった
    そして日本のアイドル文化を思いっきり揶揄しているの笑った

    各々のキャラクターがファッキンアメリカンな重い問題を抱えていてどん底に叩き落されるのに,
    落ちるところまで落ちたら後は上がるだけさ!と前向きになれる力強さに心打たれた.
    ただ,これは実写映画でも味のでる映画になったんじゃないのかなと思った.
    洋楽ポップスオタクからすると、エルトン・ジョンと同列でテイラー・スウィフトのShake it offを歌ってくれるのが嬉しい。知ってる曲が沢山歌われるのは楽しかった。

    けど結局、劇場の資金難は他力本願の解決だった気がする。みんなが優しすぎる世界では、生きていけない。
    あまり期待してなかったのですが、笑って感動できるエンターテイメント作品でした。動物に置き換えて色々特徴をとらえているのがいい!

    最後の舞台のシーンは超盛り上がります。
    スキマスイッチすごい!
    MISIAやばい!

    ずっと体が揺れてノリノリでした。

    久々にサントラも買ってしまいました。
    でもMISIAの歌が入ってなくて残念…。

    再発売してくれないかなー。
    ma
    3.5
    ほんとに歌上手い人が歌ってたから感動した。
    物語はディズニーあるある。
    ぺん
    4.0
    すごく疾走感のあるアニメ。
    歌とダンスの魅力いっぱいで最後まで楽しめました。
    字幕版も吹き替え版も、豪華な声優陣の演技がよくて聞き応え抜群。

    個々のエピソードをちょっと引っ張りすぎた感はありましたか、ラストのライブへ盛り上げへの布石はよく描かれていたし、熱くて嬉しかった。

    しかしユニバーサルの作品は毒気も強いんで…笑
    頑張ってるのに、多忙な旦那に構ってもらえてないロジータが、相方のグンターとうっかりいい仲になるんじゃないか、とゲスな勘ぐりをしてしまった自分を恥じました、ホントすみません。
    >|