風来坊

T2 トレインスポッティングの風来坊のレビュー・感想・評価

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)
3.5
ユアン・マクレガーさんやダニー・ボイル監督等をスターダムへと押し上げた1作目が映画界で話題をさらいヒットした頃、私はまだ16歳だった…映画通の友人に「これやべえから観ろよ!時代に遅れるぞ!」と言われ観たが映像の新鮮さは感じたが内容は若かった事もあってあまり理解出来なかった思い出があります。麻薬中毒という陰惨なお話しなのにポップな感じも自分的にはイマイチでした。中毒者よりも家族に来る負担の強さとか、赤ちゃんのシーンと便器にダイブするシーンは衝撃で鮮明に覚えてますね。

あれから20年…劇中の登場人物も老けましたが、それはお互い様ですかね。ただ皆、若かりし頃の面影はちゃんと残っていて嬉しい。劇中の至る所で昔を恨んだり、懐かしんだり、20年前は田舎街だったのが都会になっていたり…ノスタルジックに溢れる感じ。
ストーリーはみんなやっぱりクズじゃねえか!?っという内容で変に丸くならず相変わらず尖っているのはらしさを感じます。レントンとベグビーの再会シーンは笑いました。

前作よりは抑えていますが、ダニー・ボイル監督独特の映像演出は健在。設定としてはレントンが20年ぶりに故郷に帰って来る理由が弱いですね。あんな大それた事をしでかして、殺されるかも知れないのにノコノコという感じしかしません。もっと帰って来る理由が明確なら良かったと思います。あまり生き方を後悔しているようには見えないが、前作よりもテーマは分かりやすいかも知れません。面白いというよりは懐かしさ感じた映画でした。