T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

T2: Trainspotting

上映日:2017年04月08日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:117分
    監督
    ダニー・ボイル
    脚本
    ジョン・ホッジ
    原作
    アーヴィン・ウェルシュ
    キャスト
    ユアン・マクレガー
    ジョニー・リー・ミラー
    ロバート・カーライル
    ユエン・ブレムナー
    あらすじ
    スコットランド、エディンバラ。大金を持ち逃げし 20 年ぶりにオランダからこの地に 舞い戻ってきたマーク・レントン(ユアン・マクレガー)。表向きはパブを経営しながら、 売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)。家族に愛想を尽か され、孤独に絶望しているスパッド(ユエン・ブレムナー)。刑務所に服役中のベグビー (ロバート・カーライル)。想像通り?モノ分かりの良い大人になれずに荒んだ人生を疾 走する彼らの再会、そして彼らが選ぶ未来とはー。

    「T2 トレインスポッティング」に投稿された感想・レビュー

    とりにく
    とりにくの感想・レビュー
    28分
    3.3
    20年前の記憶がかきたてられた
    akira
    akiraの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    パンフレットが完売だと?!
    さやさん
    さやさんの感想・レビュー
    1時間
    -
    遠目から見るとレントンあれ?若い???って思うけどそうでもないでもかっこいい
    チョーカーつけて見てたので首しまるところはなんか苦しかった?気がする?
    ぺーそすぺーそすぺーそす
    太郎
    太郎の感想・レビュー
    1時間
    -
    2017/04/28@109二子玉川 #
    YUKI(∵`)
    YUKI(∵`)の感想・レビュー
    1時間
    4.7
    どうしてあんな人達のあんな話なのに観終わった後こんなに 高揚感が生まれるんだろうか。かっこいいし面白いしお洒落。最高。
    後半にかけての会話はもう一回見直したいかも。あの字幕じゃなくて自分の解釈で。時間はかかるけど
    ナミ
    ナミの感想・レビュー
    1時間
    1.7
    元気なおじさんたちの青春を持て余した遊び。

    曲の使い方は好きでした。
    えーこ
    えーこの感想・レビュー
    1時間
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    やっぱみんな老けたなー、、
    前日に前作観たもんだから余計落差が…
    なんか昔好きだった男の子に同窓会で会ったら、
    あららー…みたいな、、(笑)
    特にレントンは服装がオッサンくさい。
    そして、今回はレントンの語りがなくて、
    それはもう、レントンがもがくことをやめてしまったからなのか、、

    レントン、故郷へ帰る。
    映像も音楽も相変わらずカッコいー!!
    昔の仲間との再会、相変わらずバカやってるなー(笑)
    駅のホームに降り立つとことか、あのトイレとか、
    前回と重なるシーンがいろいろあってうれしー♪
    車とぶつかって、ニカッと笑うレントンの顔に歓喜!!
    でもブラーやイギー・ポップのあの曲を、
    過去は振り返らないと言わんばかりに、
    寸でのところで止めるのがもどかしい(笑)
    若かりし日の映像が入るたび、歳月を感じて、
    なんだか切なくなる。

    やっぱダイアンはしたたかな女(笑)
    シック・ボーイ改め?サイモンの彼女ベロニカが紅一点、
    小松菜奈っぼくない!?

    人はそうそう変われるもんじゃない。
    四十にして惑いっばなしの彼らに、
    ちょっとガッカリもしたけど、
    こんなもんなのかなーとも思ったり。。
    線路は続くよ、どこまでも~
    人生も続くよ、これからも~
    だから苦しくても走り続けなきゃならない。
    「LUST FOR LIFE 」が違うバージョン?で流れ、
    出発点に立ち返る。
    なるようにしかならない人生を生きていこう、
    心機一転、そんな清々しさが感じられるラストに泣けた。
    タコさんウィンナー
    タコさんウィンナーの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    ヒロインのベロニカの顔が小松菜奈に似ている気がしてたのは私だけ………?

    それはさておきトレインスポッティングの続編が登場です!世代的に去年DVDで1を見た感じなもんで「おおっ、続きだ〜」くらいのノリで行きましたが、20年前にトレインスポッティングを見た人は大興奮でしょうね…!

    オシャレ!斬新(な構図や演出)!曲がかっけー!
    ………というアホみたいな感想は前作同様なのですが、今作の方がドラマに感情移入しやすい印象でした。
    前作はラストにカタルシスこそありましたが、それまでは正直ドン引きでした…(私の耐性の弱さのせいだと思います)ゴアシーンも個人的には「ぁぁああ痛い!」と血の気が引く感じで、まさにトレインスポッティングの表紙みたいなポーズになりながら映画を観ていたのですが、今作はまあ痛そうなんですが直接そんなに写してなかったので比較的素直に観れました。

    ひとことでまとめちゃうと、T2よかったですね〜!
    みんなのその後や再会で、まず変化のおもしろさがあって、下準備はバッチリ。前作のラスト、「むしろこのあとマークがいかにしてのしあがってくのか!」みたいなところ見たいな〜なんて思ってましたが、全然そんな展開じゃありませんでしたね…(笑)
    なにはともあれおっぱじまっちまうと、今度はシーンごとのアイディアがおもしろかったです。プロテスタントの集会に潜り込むところなんかはケイパーもの的なドキドキ感(ケイパーものというには作戦雑ですが…)があったり、レストランで「人生を選べ」についてマシンガンのように語る会話だけでかっこよく盛り上げてくるシーンがあったり…!

    「人生を選べ」というテーマ、熱かったですね。前作より今作の方が伝わりやすかったように感じました。最近「ムーンライト」を見たばかりだったので「みんな選びまくりだなあ…人生」なんて思いました。

    基本この4人の人生や状況はこれでもかってくらいメッタメタなわけですが、それでも今回もラストには希望も残してくれていてよかったです。特に報われて欲しかったあのキャラが新たな才能に目覚めるところとか…ね……!

    前作と同じ場所や似たカットが多いのも比べてみておもしろいところ。抽象表現や謎の角度からの撮影なんかも効いてます。
    正直いきなりT2から見るのはちょっときついかな?とも思いますが、見れなくもないと思います。ダニー・ボイル味の映画体験をするなら劇場でかかってる今だと思いました!

    (ちなみに極音で鑑賞。曲の重低音で体全体が揺れてすげーかったです!)
    KatoFilmarkist
    KatoFilmarkistの感想・レビュー
    3時間
    4.4
    Choose Lifeの結末。
    J
    Jの感想・レビュー
    3時間
    4.6
    ・物語★★★★
    ・配役★★★★★
    ・演出★★★★★
    ・映像★★★★
    ・音楽★★★★★

    “Choose Life.”
    “Face your past,
    Choose your future.”

    中身がないように見えて、実は恐ろしいほどに濃厚で残酷な現実を突きつける…。
    20年の歳月を超えて、“過去”と“未来”、ひいては“人生”の意味さえ問いかける傑作スタイリッシュ・ムービーだ!


    コイツら…
    20年経ってもホントにカス…💦
    いや、過去の愚かさに気付いていながらもそれに縛られ続けているなんて、前作以上に救いようがないかも知れない…。

    でも、そんな彼らが懐かしい!
    観たかったのは、まさにこんな続編!
    いやむしろ、期待を大きく上回っくれた‼︎🤗


    決してムリなくわざとらしくもなく、ふんだんに取り入れられた前作の回想シーンは、ごく自然とストーリー展開に溶け込んでいる。

    そんな回想シーンとは別途、前作を彷彿とさせる新たなシーンの数々も素晴らしい。

    ごく一部の例を挙げれば、あまりにも有名となった“トイレ”🚽とか、車に衝突したあとの無邪気な“ニカーッ”の表情😜とか、相変わらずのFred Perry👕とか…
    ファンならずとも、前作のシーンを憶えている者なら誰しも、鳥肌モノに違いない。


    スタイリッシュな音楽は、前作同様に抜群のセンス🎵✨
    しかし今作の音楽は、ただカッコイイだけでは終わらない⚠️
    『1690』のパフォーマンスには、思わず声をあげて笑ってしまう🤣

    ストップ・モーションが印象的な映像もオシャレ!✨

    *************************************

    “#1 スパッド”
    “#2 レントン”
    “#3 ベグビー”
    “#4 シック・ボーイ(サイモン)”

    E・マクレガーはじめ主要キャストのみならず、“ダイアン”役のK・マクドナルドほかの面々も総出演🙌🙌🙌
    さらに、前作で死んだ“トミー”も、回想ではあるが登場する💀

    そして、物語に新たな風を吹き込むのは、ブルガリア出身の“若すぎる”ベロニカ🇧🇬
    A・ネディヤコバは、再出演組に負けないくらいの堂々たる演技が素晴らしい👏👏👏


    揃いも揃った彼らに再び出会えたことは、奇跡と言えるのかも知れない…
    そう思いつつ、20年という歳月を考えてみる…🤔

    立場や容姿、環境は大きく変わった。
    でも考えていることなんて、20年前と大して変わりゃしない。
    精神的な成長なんて、一体どれほどのもんだろう。
    彼らのことだけ、カスと呼べるか…?😓

    さらに何年後か、再び彼らに会えることを期待したい。
    またスクリーン越しに、カスの同窓会に混ぜておくれよ👍✨

    *************************************

    劇場用パンフ★★★★★
    全58ページ。
    オレンジとモノクロの装丁は、まさにトレスポ!🍊
    今作だけでなく、前作の印象的なシーンをも掲載した劇中カットの数々は、ファンならずとも垂涎。
    監督D・ボイルへのインタビューでは、スパッドの役どころの重要性を再認識させられる。
    9つものレビューを掲載するパンフも珍しいが、いずれもシリーズへの愛が感じられて共感できる。
    4ページにわたる全使用曲解説も参考になるが、9ページに及ぶエンサイクロペディアも必読…『T2』って、確かに『ターミネーター2』‼︎
    >|