T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

T2: Trainspotting

上映日:2017年04月08日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:117分
    監督
    ダニー・ボイル
    脚本
    ジョン・ホッジ
    原作
    アーヴィン・ウェルシュ
    キャスト
    ユアン・マクレガー
    ジョニー・リー・ミラー
    ロバート・カーライル
    ユエン・ブレムナー
    あらすじ
    スコットランド、エディンバラ。大金を持ち逃げし 20 年ぶりにオランダからこの地に 舞い戻ってきたマーク・レントン(ユアン・マクレガー)。表向きはパブを経営しながら、 売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)。家族に愛想を尽か され、孤独に絶望しているスパッド(ユエン・ブレムナー)。刑務所に服役中のベグビー (ロバート・カーライル)。想像通り?モノ分かりの良い大人になれずに荒んだ人生を疾 走する彼らの再会、そして彼らが選ぶ未来とはー。

    「T2 トレインスポッティング」に投稿された感想・評価

    最高のファンサービスムービー!
    ストーリーは「同窓会」
    ラスト突っ込みどころあったけどトレスポだあああああ!!!!!と、最高な気分にさせて貰えたからとにかく満足!
    やっと見れたぞ〜
    ホント塚口サンサン劇場さまさまです。館内の展示も案の定素敵やった。近くに引っ越したい。

    やっと見れたとか言いながら途中でお昼寝ブチかましてしまったので反省。やっぱり映画は万全の状態で観ないと…めっきりおばあちゃんや。

    前作に引き続き相変わらず演出やらなんやらお洒落で汚かった〜
    ちょこちょこ前作のオマージュっぽいシーンがあったのにニヤニヤ。スパッドの最後の応戦のアイテムがアレなのもよかった。

    ていうか中盤わりとがっつり寝ちゃったからまともな感想も言えないんよな。またDVD出たらちゃんと見よう。
    20170413
    おかえり!笑
    スパッドのかわいさ増してた^^
    塚口サンサン劇場にて鑑賞
    最高の一言

    あいつらは年取ってもなんも変わってなかった
    今作の公開に合わせて、初めて前作を観たのが先週。
    本当は20年の時が経っているんだよね。
    作中のみでなく、リアルタイムで。
    前作のキャスト、スタッフが集まるってすごい。


    前作ほどの「うわぁ、これ何!やばい。あかんもん観てしまった」感はないかな。
    レントン役のユアン・マクレガー本人が薬物中毒なんや!と思ったくらいの衝撃を受けたもん(笑)
    だけど、しっかりと前作を受けての今作。
    あ!ここのシーン。
    あ!この風景。
    あ!このエピソード!
    っていうのがたくさんあって楽しめた。

    嬉しかったのは、あのダイアンも出ていたこと。
    最後の台詞で「ああああ!」って(笑)

    まさかのラストがそこ!?ってなったけどよかった。
    そして、スパッドが大好きな私にとってこれはお気に入りの作品となり、パンフレットをほくほくしながら購入。
    いったいどんな内容になってるのか不安だったけど、、、
    ちゃんとトレインスポッティングだった!よかった!

    こいつら結局ロクデナシで成長してないし、自分も初めて前作観た思春期から、中身は結局変わってない。
    なんか最高の同窓会だったな

    ところどころに前作を思い出させるシーンがあって、特にベグビーから逃げるレントンがSUVのドライバーにフロント窓越しに“へらっ”て笑うシーンとか、もうふおおおてなってニヤニヤが止まらなかった(笑)

    音楽的にはOPから重低音ゴリゴリで一気にドープな世界観に引き込んでくれた。
    アプリで曲チェックしながら観てたけど、Young Fathersって何者?たくさん使われたなぁ。
    あとボンスリが一瞬流れたけど寸止め、ラストフォーライフがEDで使われてた。
    20年後に同じキャストで…って
    めちゃくちゃ良かった!
    世界観も何も変わってないあの時のあいつらが観れた!
    こんな大人にはなりたくないけど、どこかカッコよくて刺激のある人生に僕は憧れの気持ちも抱いてしまう。
    青春映画の代名詞「トレインスポッティング」から20年…複雑な再開を果たすことになる4人の運命はいかに。
    序盤は、再開からの衝突、馴れ合いといった割と単調な流れで進む。
    しかし、後半からの怒涛の展開、交錯する彼らの運命には手に汗握ること間違いなしだろう。
    これは1作目とも共通している展開のようにも感じた。
    共通点といえば、ノスタルジーを感じるシーンはやはり多かった。「ああ、あの時と同じ…!」と思うシーンにはつい表情がにやけてしまう。
    「人生」をテーマにした一種の哲学映画だと思えばなんとなく曖昧なモノに感じてしまうが、ヤワだけどタフなハートフルな人間関係を描いた作品としては間違いなしに傑作であろう。

    【追記】
    パンフレットには劇中用語の解説や、裏話も聞けてより思いが深まるのでおすすめです。
    trainspottingファンのためのt2。前作知ってるからそこ泣かんやろってゆうとこで涙出る。20年越しやからこそ。
    >|