ryothis

ドラゴン・タトゥーの女のryothisのレビュー・感想・評価

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)
5.0
2度目の鑑賞。好きすぎてBD買ってしまった。特典の方も楽しみ過ぎます。
この作品が好き過ぎて原作も後追いで全部読んどります。4作目の日本語訳も待ち遠しい。ただこの4作目は、スティーグラーソンの父親側から若干お金の匂いが漂うのが腑に落ちないけど…。
そんでその映画化はもちろんルーニーマーラでお願いします。

何が好きってもちろんルーニーマーラのリスベットだろう。新しい後見人に対する仕打ちも完璧です。どうもありがとうございました。ある箇所に突き刺した棒に蹴りを入れる箇所は見ているこちらもすごく痛い(^-^)刺青の入れ方も完璧。闇金ウシジマくんに登場するヤンキーが嫌がらせでブラジャー型に根性焼きするシーンがあるんだけど、それについで嫌だな。
もちろんサスペンスも一級品。まぁ原作をなぞってるだけっちゃだけなんだけど。

スウェーデンで作られた方も観たけど、こっちのリスベットが魅力的すぎて断然こっちの方が好きだし、そもそもこの原作の本とデヴィッドフィンチャーの暗い色調の絵作りの雰囲気がばっちりあってて最高に好きな映画なんだよね。だから原作のストーリーをなぞってるだけでも、この映画がすごく好き。むしろ登場人物をめちゃくちゃ絞って作ってるし、やっぱり上手いなと思った。
真犯人も魅力的。というかめちゃくちゃ怖い。あの、捕らえられている人間の心情を全て見透かしている感じの絶望が半端じゃない。

ラストも切ない。
やっと心許せる人がリスベットに見つかって、幸せな時間が待ってるのかと思ったらあれだからね。
ミカエルさん何とかなりませんかね(^^;;