ドラゴン・タトゥーの女の作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴン・タトゥーの女2011年製作の映画)

The Girl with the Dragon Tattoo

上映日:2012年02月10日

製作国:

上映時間:158分

3.7

あらすじ

「ドラゴン・タトゥーの女」に投稿された感想・評価

BeBe

BeBeの感想・評価

3.8
May I kill him?にシビれた。
フィンチャースタイリッシュが止まらない。
sasho

sashoの感想・評価

4.0
好きなやつ。
描けるポイント多くてドラマの方が向いてるんじゃないかなーって思う物語。
二人のキャラがすごいいい。
奥さんいて不倫してまだ足りないのか。

2020-239
kaysak

kaysakの感想・評価

3.5
名誉毀損の裁判で敗訴した敏腕記者ミカエルと、生活保護で生きている天才ハッカー・リスベット。
失意のミカエルはスウェーデンのとある一族からある殺人事件の再調査を依頼され、リスベットとともに事件の全容を解明していく。

みんな好きって言うけど自分にはハマらなかったシリーズ。
敏腕記者のミカエルとリスベット。
前半でこの2人の物語を交互に見せながら、後半でミステリーの謎解きをやっていくという構成の映画。

全体としてはミステリー作品なんだけど、ドラマとして観るとリスベットの映画になる。
なので、単純にミステリーとして観ていると、前半のリスベットのパートに必要性を感じないし、なにより、男を簡単に手玉に取れる魅力とハッキングスキルを持っているリスベットが、あんな生活保護みたいな暮らしはしてなかろうと思ってしまう。
後半でミカエルと合流してバディを組むんだけど、ハッカーとしての能力が活かされているシーンがあまりなく、ミカエルの愛人と化してしまっているのももったいない。
変態ソーシャルワーカーをお仕置きするシーンは良かった。

加えて、やはりミステリーは犯人を予想しながら観たいんだけど、そうなると、リスベットのシーンが邪魔になってしまう。
まぁでも、みんながリスベットを好きになるのは理解できる。

良くも悪くもルーニー・マーラーのための映画。
sato

satoの感想・評価

-
「盗っ人、守銭奴、ゴロツキどもを調べてくれ。この世で最も忌まわしい最低の奴らの集まり…我が一族を。」
敏腕記者のミカエルと天才ハッカーのリズベット。大物実業家からの依頼が二人の道を交わらせる。とある少女の失踪事件、その真相を巡って、ヴァンゲル一族の闇に挑む。

ハードで難解なミステリー作品。一番の魅力はやはりキャラクターだろう。

バディものでありながら、メインの二人が出会うのは物語の中盤。それまでは別々にストーリーが描かれ、そこで二人の人物像が丁寧に掘り下げられていく。ここがすごく面白い。
つまり、それぞれのキャラクターをしっかりと理解してから、その二人のバディが観られるのだ。きちんと人物を好きになった後なので、二人が出会っただけでも高揚感がある。

特にドラゴンタトゥーの女リズベットは魅力的。この作品のテーマを体現したようなキャラクターだね。
yooooshiko

yooooshikoの感想・評価

3.8
真実にぐんぐん迫っていく感じが面白い!
王道ではない感じだけど、2人がタッグを組んで気が合ってる感じは好きだった。
最後説ないなあ、、
さ

さの感想・評価

3.8
途中目を覆いたくなるが、物語を理解するためにしっかり観ないと!って必死だった。
登場人物が多いので困惑したけど最後には納得だったな。

性差別への訴え、もっと広まるべき。

"一族の闇"って本当にあると思う。
オザ

オザの感想・評価

3.6
卒制作りながら見てたから物語しか追えてない。
ダニエルクレイグがかっこいいということだけはわかった。
nara

naraの感想・評価

-
2020.09.13/自宅/Netflix/英語/日本語字幕

2019.02.05/自宅(レンタル)/Blu-ray/英語/日本語字幕

2018.09.04/自宅(レンタル)/Blu-ray/英語/日本語字幕
精神異常と言われる主人公の女性がものすごく天才で色んな悪を暴いていく姿がかっこよすぎ。異常とはなんだろう、真実とはなんだろう、と考えることの多い映画。
あにま

あにまの感想・評価

4.0
普通に推理物として面白い。
冒頭の主人公のトラブル、コナンに出てきそうな事件と解決、交錯しはじめる不思議な女の境遇、能力、恋愛感。
全部見どころあるんじゃなかろうか。
>|