ドラゴン・タトゥーの女の作品情報・感想・評価

ドラゴン・タトゥーの女2011年製作の映画)

THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

3.7

「ドラゴン・タトゥーの女」に投稿された感想・評価

おぐ

おぐの感想・評価

4.0
話が2時間半の尺に従ってどこか淡々と進んだような気がして、原作小説を読んでいたら得られたであろうページを1枚ずつめくるハラハラ感もまた格別なんだろうなと思ったり。
一方で視覚情報から少しずつ手掛かりを得ていくストーリーでもあるのでそこは映画ならではの楽しみがあり、どっちがいいんだろうね。
ともあれ面白かった。
ルーニー・マーラ扮するリスベットがかわいい。
ただ原作よりもデレるリスベットは人によって評価が分かれるかも
マリ

マリの感想・評価

3.4
ルーニーマーラだったのか…キャロルで演じてた姿と全然違ったので驚きを通り越して感動しました…。
美しくてかわいくて、ダニクレよりもかっこよくて最高のリスベットでした。
ちょこちょこヘアアレンジされてるのもかわいくて好き。
彼女を見るためにまた見たい。
ただし最後のシーンはクリスマスなのに切なすぎました。リスベットには幸せになってほしい。

「ネコー!!」
Mayu

Mayuの感想・評価

2.8
たしかに出演者とか映像はすごいけど、謎解きに関してはつまらない
ゆみか

ゆみかの感想・評価

4.2
静かで儚げなところはとことんそうであって、クールなところはとことんクールで。
どちらにせよ最上級の美しさが常にあって、美しさが描写をより際立たせてた。
バイクで車を追うシーンがすごくイケてた。
NEMO

NEMOの感想・評価

5.0
テーマに鉛玉のごとく込められた、大人の狡さ、愚鈍さともいうが。
巧妙に折り重ねられたプロットも、潜在意識に作用する映像表現も、完全犯罪的でありながらどこか愚かしいのだ。ラザニアの食べづらさによく似てる。
音楽のTrent Reznerも規律ある共犯者。
タバコの煙と共に、常に背後にぴたりと、2人の距離を匂わせる。
いかにもな表現やな。
Yudai

Yudaiの感想・評価

3.9
過激だけど、最後まで引き込まれる作品でした。
ミレニアムシリーズはこれが初めてでしたが、続編もリメイクして欲しいですね〜
来年に2が出るとか?

カトリックやユダヤ、ナチズムとか宗教的、政治的な思想もかなり絡んでくるので、その辺りのことも何となく知識があれば尚楽しめたのかなと思います。
公開時に観たのですが、内容がおぼろ気…😅

エログロ描写と、クールでサディスティックなヒロイン・リスベットが印象的でした。

何より、演じるルーニー・マーラの素顔とのギャップにも驚かされました。

めちゃめちゃエレガントな女性じゃないですか!!

さすが役者魂ですね。
Sergeo

Sergeoの感想・評価

3.5
ひでぇ終わり方だなぁまったく(´・ω・`)
しかし、とても楽しめた一本であった_(:3」∠)_

このレビューはネタバレを含みます


テーマがテーマなだけに痛々しかった
事件のところはみててずっとハラハラ

孤独から人の温もりを知ってまた孤独に逞しく生きる様
>|