こちんだ

動物農場のこちんだのレビュー・感想・評価

動物農場(1954年製作の映画)
3.5
農場で人間の支配にうんざりしてた動物たちが人間を追放して、新しく豚をリーダーとする農場を作る。
リーダーの名前はナポレオン。このナポレオンは自由と平等を謳うけど、実際は仲間の豚を贔屓して、エサをほとんど豚に集めちゃう。
自由と平等に満ちているはずの動物農場で、みんなは幸せに暮らしていけるのか?っていう話

ソビエトの批判映画。
人間を追放した後の動物農場はユートピアにはならず、一部の動物による独裁のもとでファシズム国家となっていく様子が観ていて残念だった。
この映画が完成する頃にちょうどスターリンが死んだらしい

ディズニーのような可愛らしいキャラクターはほとんど出てこずに、大人のアニメになっていた。