動物農場の作品情報・感想・評価

「動物農場」に投稿された感想・評価

JAmmyWAng

JAmmyWAngの感想・評価

3.5
本作はCIAが製作資金を援助したという事で、冷戦下における反共プロパガンダ的な役割を担わされたと言われているワケで。実際ラストシーンにおける改変は、原作における「反スターリン体制」という意図を「反共産主義」という枠組みに拡大して、それを民衆(=豚以外の動物)にきちんと打倒させるという明確な心理的主観性が表れているように思う。
しかしながら、もうこれは大傑作であるジョージ・オーウェルの原作を褒めるしかないけど、だからと言って「反共」というイデオロギーは本作を支配し切れていないとも思うのであります。

開高健を引用すれば、「寓話とは諸性格の最大公約数を抽出してきて異種の典型に発展させる作業」である。もちろん『動物農場』は紛れもない寓話であり、当時のスターリン体制下におけるソビエト批判という物語的性質は明らかなんだけれど、この『動物農場』という物語はそうした体制における諸性格の最大公約数によって構築されている事で、スターリニズムだろうがナチズムだろうが、結局は多くの「権力機構とその腐敗」という枠組みを包括する広がりを持つものだと思う。

本作のように、そこにイデオロギーによる方向付けを試みる事は可能であるけれども、ある意味それは「そういう解釈も可能ですよね」という、深遠な本流から派生した一つの演繹法的アプローチに過ぎないのではないか。だって原作のラストが改変されたところで、本作の提示する「反共」の根底には、相変わらず「権力機構とその腐敗」という構造がどうしようもなく横たわっているのだから。「反共イエーイwww」で済まされる話ではなく、イデオロギーを超えて、あらゆる権力機構がこうした結末に陥る可能性を孕んでいるワケで、結局本作の改変はそうした普遍性をこそ逆説的に浮き彫りにした感がある。という意味で、川端康雄の評論は本当にその通りだと思う。

ところで、本作は豚以外は人語を喋らないので、原作と比較して寓意性はさらに強調されているんだけど、そんな中で動物達がそれぞれの特徴を活かして(?)作物の収穫を行うシーンは、アニメーションの気持ち良さに溢れていると思った。

まあ結局のところ、余りにも素晴らしい寓話はイデオロギー的な一義性によっては支配し切れないという事が証明されてしまった作品なのではないかと、今のところはそう思います。
一方で、世界のどこかの島国では、それとは対極に位置する寓話()として、アイドルはアイドルでもネトウヨのアイドルである百田という頭のラリったクソ野郎が、程度の低いカエルの話を書き散らかしていたのであった。格の違いが良識を守り続けるよ☆モーレツ!!
Razumikhin

Razumikhinの感想・評価

3.5
本を読んでから観た方がこの世界に浸りやすいと思う。
本では動物たちの思考がわかるけどアニメーションでは言葉を話すのは豚だけなので他の動物の心情は表情と鳴き声で読み取るしかない。しかしそこがある意味良い。ベンジャミンの悲痛な鳴き声が胸に響く。
ソ連への批判を寓話的に表したこのストーリーはとても完成されていて素晴らしい。教材になるために生まれてきた作品。
力強くどこか物悲しさの漂う音楽も作風に合っていた。
終わり方は原作の方が好き。こっちは少し説明的すぎる。
ずっと見たかったけど、怖くて見れなかったやつ。ついに見た!
面白かった。アナログなのに、ぴかぴかと激しい映像がすごかった。炎の描写とかのところね。紛れもなくアニメーションなのに、血走った目だけがやけにリアルで怖かった。ほぼセリフなし、ナレーションも控えめなのに、飽きることなく画面に釘付けだった。ところどころ笑えるのに、内容はやっぱり恐ろしいというか。でも見れてよかった。
けんに

けんにの感想・評価

3.6
新世界よりのスクイーラはここから取ったのかな?
豚がちゃんと最後に2本足で立ってるのがな。
tuttle

tuttleの感想・評価

-
独裁政治が倒され新たに民主政治が確立されるも火種は消えることなく…という延々終わることのない負の連鎖を描くにはかなり甘くて中途半端な結末だと思うけど、原作改変があるみたいなのでなんとも言えない。
この内容じゃロバがブタになる可能性まで描かないと納得いかない。
tomomi

tomomiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

可愛らしい絵柄でとてもシニカルに恐ろしい独裁社会を描いている。動物たちが人間に反乱を起こし自由を勝ち取ったものの自由とは名ばかりで結局新しい指導者の独裁社会が始まる。たまに出てくる標語と現実とのギャップ。動物たちは豚に対して反乱を起こすが勝ってもまた新たな指導者が出てくるのだろう。強い指導者がいたほうが簡単に物事がすすむから。逆に誰もいないと無法地帯でめちゃくちゃになる。いい指導者もだんだん自分のことばかり考えるようになる典型。先のことはわからないが今に耐えられないから反乱を起こすという言葉が印象的。
nene

neneの感想・評価

5.0
🐖
🔥 🥓
🍽
ネット

ネットの感想・評価

3.7
えげつなさ過ぎるが、五輪のボランティアがどうのこうの言われてる今見たら割とリンクするところはあるのかなぁ、なんて思う。
ディズニーっぽいかわいい絵柄で、この話をアニメ化しようという企画が通ったのが凄い。
テーマ曲が重苦しいが好きだ。
これを始めてみたのは小4ぐらいだったけれど、今改めて見ても色々とかんがえさせられる。
>|