amie

菊とギロチンのamieのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.4
雑多な色々な要素のある作品。木竜さんをはじめ、女相撲の方々は本当に体当たりのシーンばかり。東出くんは今までのイメージをひっくり返すような役だった。新さんは意外と出番少なかった。
瀬々監督がずっと撮りたかった作品らしいが、内容がそれこそアナーキーかも。