ゆゆんてぇ

ロスト・バケーションのゆゆんてぇのレビュー・感想・評価

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)
4.0
ゴシップガールで大人気となったブレイク・ライブリー主演によるパニック映画。

ジョーズとの大きな違いは、まるでMVのような前半と、ひとりで戦うところ。

医学生のナンシーは、自身がお腹の中にいた頃、母親が訪れたというメキシコに海に向かう。

本当は友達と行く予定だったが、友達はホテルに残っている為、ひとりでサーフィンをする。

現地の少しチャラい感じの男ふたりと遭遇するが、特に何事もなく、彼らは先に帰る。

あと1回だけ波に乗ろうと残るナンシーだが、大きなクジラの死体を発見。

何とも巨大な人食いサメがいる事に気づくが、既に時は遅く、足を噛まれてしまう。

なんとかクジラの死体の上に避難するが周りには誰もいない…

冒頭でも触れた通り、前半の波乗りシーンや、車の中でスマホを使うシーンはまるでMVのようなカッコ良さがある。

そしてなんと言ってもとてもリアルなサメ。

水中と地上の音の使い分けや、海と血の色の分け方など、分かりやすくて魅力的な演出が冴えていた。

個人的にはラストあたりで、もっとママの話を絡めて欲しかったなと思う。

あとビーチの名前は結局なんだったんだろう…