ロスト・バケーションの作品情報・感想・評価

ロスト・バケーション2016年製作の映画)

The Shallows

上映日:2016年07月23日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。すべてが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となるための勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。足を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込…

医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。すべてが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となるための勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。足を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。極限の恐怖にさらされながらも、ナンシーは冷静に生き残るためのプランを練り始める。医学の知識を生かし、着用していたラッシュガードを使い止血。サメの動きのパターンを解読。生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは―?

「ロスト・バケーション」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

3.4
女医設定は大けがを縫合させるためか。岩場で夜を明かした。よく耐えた。でも夜の海はもっと真っ暗になるはず。カニをむしゃむしゃ食べるほど飢えてはなかったのか。
なごみ

なごみの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

金髪美女vsサメのアツいバトルは必見。美女の生命力凄い…!!足治すシーンは見てて痛い痛いって言っちゃう…。カモメが生き残ってくれて本当に良かった。
木犀

木犀の感想・評価

3.0
いいサメ映画でした。
酔っ払いは仕方ないとして それ以外の人間が全ていい人で、嫌な気持ちにならなかったのも良かった。
tappa

tappaの感想・評価

3.0
サメ映画にしてはなかなかオシャンだった
海行くのが怖くなる、、
良作サメ映画。とにかく海の画がうつくしいのでBDで観てほしい。海の煌めきが本当に素晴らしく、そこにサメの影が印象的によぎるのがグッとくる。水が波がキラキラ~ビキニのねーちゃんもキラキラ~クジラ肉がプカプカ~クラゲもプカプカ~サメがザバザバ~。出し惜しみなくガンガンサメがアタックしてくれるのがうれしい。ねーちゃんのナイスファイトに思わず「おねえちゃーん!がんばえー!」と、4才児なきもちで応援したくなるよ。(2016/11/28
Yukako

Yukakoの感想・評価

3.5
大好きなブレイクライヴリー!スリリングで手に汗握ってたらあっという間。最後がとても彼女の真の強さと凛とした姿が伝わってカッコいい。良かった。
昔CM見て、ずっと気になってたやつ。
サメ映画の中でも、ディープブルーとはまた違う要素で好きになった。
痛いシーンがあったり、プリプリなお尻や綺麗な海を眺めたり、ひとつの場所でしか展開しないのに楽しめました。
主人公の女の人も、好感が持てた。
ひとりぽっちだけど、話しかける相手は一応いたから、寂しくなかったかな。動物の死骸と海鳥の相棒と天敵の鮫。
mr

mrの感想・評価

3.8
ただサメが暴れ狂って最後にヒトが形勢逆転!!なんていうありきたりの設定ではなく
主人公が粘り強く戦い抜く様が描かれていて面白かった
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

3.7
ブレイク・ライブリーがただ、かわいい。だしとても勇敢。ぼくが逆の立場だったら、さっさと食われて死にたいって諦めてしまう笑
はけ

はけの感想・評価

5.0
自分は映画のびっくり演出で驚くことができない人間だと思っていましたが、この映画ではしっかりドッキリする事が出来ました。
内容云々よりも、これは自分にとっては驚くべき事であり、同時に非常に嬉しいことでありました。
こんな人間でも、しっかり没入させればちゃんとビビる事が出来る。

内容は最初のなんでもないサーフィンシーンからすでに面白く、映像へのすごいセンスを感じました。
主人公も非常に頭が良く、勇気と強さに溢れとても好感が持てました。
途中の酔っ払いのおっさんも悪過ぎて逆に好感が持てましたw

映像、内容、主人公のキャラクターと、非の打ち所がない事に加え、スティーブン・シーガルの存在がマジで神がかっています。
なんなのあのしとw

自分的には、この映画の平均点はあまりにも低すぎると感じました。
十分評価されている映画とは思いますが、びっくりの沸点が低い人たちは、他の映画の音だけの演出にも驚いてしまい、この映画のびっくり演出がいかに優れているかわからないんだと思います。

自分にとっては、初めてドッキリできた記念すべき映画になりました。
映画って本当に面白い。
>|