hitomi

アリー/ スター誕生のhitomiのレビュー・感想・評価

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)
3.8
試写会にて一足先に鑑賞。

わたしはガガの大ファンなので、贔屓目しかないですが本当に彼女が素晴らしかったです。
世界的大スターなのに「素人」の演技ができることに驚きだし、正直ここまで演技がすごいと思っていなかった。今までドラマや映画にいくつか出ているのを観たことがありますが、どれも「ガガ」を彷彿とさせるちょっと奇抜な役が多かった。
でもこれは違う。ガガを感じる瞬間が本当になく、完全に彼女はアリーそのものだった。なんて多才な人なんだろう。また愛が深まりました。

でも、残念なのは脚本。好きじゃない。
以下ネタバレありますのでご注意下さい。





あのラストはどうしても、お涙頂戴感が否めない。お互いに依存しまくる恋愛を描く理由も、あまり分からなかった。オリジナルの方を観ていないのでどこまで脚色したかは分かりませんが、恋愛や酒、ドラッグへの依存性を描く必要性を感じられない。
ましてはガガはメンタルヘルスについてものすごくたくさんの活動を行なっていることを知っているからこそ、なぜわざわざその解決策なく終わる映画になったのか不思議に感じてしまいました。
スターって大変だねって薄っぺらい映画になりかねない。もちろん歌のおかげでそれを避けることはできましたが、それってどうなんだろう。

歌のシーンもなんだか端折りが多くて完全に感情移入する前に終わってしまうことが多かった。先日観た「ボヘミアンラプソディー」は「音楽の力」を感じたけれど、この作品はそうではないみたい。アリーの成功をサクッと描いたのは面白かったけれど、物語の緩急の付け方が好きじゃなかった。もっと音楽のシーンを観たかったし、もっと彼らの苦悩を観たかった。
この作品を「ガガの作品」にしたくなかった気持ちからなのか、音楽のシーンは思いのほか少なかったなあ。

正直、ガガの魅力がなければこの評価にはなりませんでした。物足りない、というのが正直な感想。